ある日の散歩

最近碧と散歩してて、果物の話しに成りました。

それというのも、丁度通りかかった公園に柿の木 があって、

その木に登って柿をとってるって話しをしてくれて。

「あ〜柿っておいしいよね。食べたいなぁ。」と碧君。

「うん、そうだね。今度ね。あ、そうだ、ドイツに行ったらね スーパーに柿売ってて、

名前も「かき」って言うんだよ、ドイツでも。」と私。

「後ね、梨も「なし」だったよ。」と私。

「へえ、じゃ、リンゴは?」と碧君。

「リンゴはアプフェル(Apfel)だよ。」とわたし。

「青色はブラウだよね。」と碧君。

「そうだよ、よく覚えてたね。すごいじゃん!」とわたし。

「それで、なんだっけGreenは…あ、そうだ!グウィン(なんか英語っぽく

巻き舌風に言ってる)」だよね〜(ちょっと得意そうに)」碧君。

「!!(笑)!!」爆笑する私。

「あおくん、緑はグウィンじゃないでしょ。それじゃ英語風じゃん=)Grun( グリューン)だよ」

「そっか。じゃ、パーポーは?なんだっけ?」

この辺から英語もドイツ語もごちゃごちゃになって来る碧君。

「あ、パーポーは、purpleね。紫いろでしょ。」とわたし。

「じゃ、ピーポーは?ピーポー」と碧君。

碧君、もうそれPeopleって、色じゃないじゃん、って私が思っていると…

「ママ知ってる?ピーポーはパーポーの進化系。」と自信まんまんの碧くん…

「!!」ママ撃沈=)

頼むよ碧君。紫いろの進化系ってどんな色か、母さんに教えておくれ…

果物の話しから、色の話しになって、ドイツ語の単語で話してて

いつの間にか英語になってて、最後には進化系…

頭の中は、こうしてぐるぐる回っていくのですねぇ。

とても楽しいお散歩のひとときでした。

コメントできません。