おやつ

ブラジル人はチョコレートが大好き。

とにかくおやつはチョコレート。

子供たちの通っているシュタイナー学校も例外でなく

毎週学校で開かれるのオーガニックマーケットに行けば

親御さんの手作りチョコレートケーキ販売に長蛇の列。

まだ2歳くらいのよちよち坊やが片手にでっかい

チョコレートケーキをもってかじりながら学校の中を歩いている

光景などはじめは驚いたものですが今ではもうすっかり

慣れてしまいました。

日本人の私たちがNo life No rice(米なしの人生なんてあり得ない)

ならば,ブラジル人はNo chocolate no lifeといったところでしょうか。

とはいえ、そんな光景をみて

「うちの子なら、2歳で絶対片手にチョコケーキはあり得ないよね!

ユニオには片手におむすびもって歩かせよう=)」と子供たちと

話しておりますが。

 

けれどそうはいっても周りがこれだけチョコレートを食べれば

子供たちも欲しくなります。

そしてここでは不思議なものでチョコレートがすごく食べたくもなるのです。

コーヒーも名産地なので飲めないくせにコーヒーも

飲んでみよっかなんて気にさせるのがブラジルです。

そして普段お酒を飲まない私でも、

「カイピリーニャ飲みたいなぁ〜」なんて淡い憧れを抱かせ

授乳中である事を思い出し、「がび〜ん」と思わせるのがブラジルの

雰囲気のマジックです。

そう。

この国では快楽、喜び、楽しみということを満喫するために

みんな生きているという感じがするのです。

頑張る、我慢する、努力する、禁欲的という日本人的な発想は

この国には似合いません。

そして、コーヒーのかぐわしさ、チョコレートの魅惑のテイスト

すばらしいトロピカルフルーツのカクテルなどはそれを体現してる

この世界からのギフトのようです。

だからこの味を知る事は人生の喜びという風に思えます。

けれどその甘い喜びは刹那で強力。それ故に反転して毒にもなる。

どんな物にも裏と表がある。

美しい花に毒があるように、甘い魅力には罠があるように

このすばらしい地球の贈り物にもそういう世界の逆説が

含まれているのも事実。

こうやっていろんな美味しいを体験するのも人生をうんと

広げてくれるなぁと思う今日この頃なのです。

 

そんなわけで魅惑のチョコレート大国ブラジル。

私たちも時々楽しんでおります。

こどもたちにとってはちょっとしたチョコ解禁。

これは我が家のレボリューションといってよいでしょう。

そう、ここでは食卓の上でも様々な革命が日々起こっておるのです。

けれど残念なのはこれだけチョコが好きな国なのに

美味しいチョコレートが売っていないこと。

せっかくのチョコ解禁にこれはかなり残念。

原材料をみると訳の分からない添加物が一杯で本当に参ります。

たしか原材料のカカオもここでとれるはずなのになぜ?と

思ったら、どうやらこの暑い気候と未発達の技術のせいで

添加物をいれないと遠くまで運べないとかそんなわけがあるそうで。

なんなら自分で作ろうかとも思うのですが、ローフードのチョコを

作ろうとするにはまた他の材料が足らず。

なかなか思うようなチョコライフは送れないのが現状。

う〜ん惜しい!

 

ともあれチョコに魅せられている我が子達ではありますが

秋深まるブラジルでは乙女はやっぱり

芋、栗、ナンキン、トウモロコシなど

甘い野菜が欲しくなるのですよね〜

子供の頃からよく食べてる味ってのは

体にしみ込んでいるせいか、チョコ大国でもそこはかわりません。

こっちでは日本のようにトウモロコシは甘くなく

初めて食べたときは「これは動物の餌じゃないのか?」と

思ったのですが何度も食べるうちに古来種のとうきびのような

素朴なうまみさえ感じられるようになり、日本の極甘のトウモロコシの味など

忘れ今ではブラジル産トウモロコシをがしがし食べる子供たち。

 

そして生まれて初めて食べるピニャンウというブラジルのナッツ。

松の実の種の大きいものでもちっとしていて、ナッツというより

銀杏みたいな食感。ほんのり甘い穀物のような感じがまた

たまらなく美味しくて恋しかった栗をしのいでただ今我が家の人気

ナンバー1に。

こういう土地のおいしい物との出会いも嬉しいものです。

お肉に添えたり、ケーキにいれたり、はたまた栗ごはんのように

混ぜて炊いたりと色んなレシピがあるようですが子供たちは圧力鍋で

茹でただけのピニャンウが好き。

茹でたてのあつあつを皮をむきむき散らかしながら

食べる昼下がりのブラジルってのも乙なものです。

 

強烈な魅惑の味を振りまくチョコレートに

噛むほどに味わい深い素朴な魅力を醸し出すピニャンウ。

いろんな美味しいを味わいながら子供たちは世界を広げる。

おやつからみたブラジルも様々な魅力でいっぱいのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2 コメント

  1. ともよ

    素敵です。

    生後六ヶ月の息子がおり、来月2回食にする予定です。

    ブラジルでの離乳食はどうされてますか?

  2. 日登美

    こんにちは。
    お子さんの離乳食ですね。
    いよいよ二回食となればいろいろ作って食べさせたいですね。

    ブラジルではバイオダイナミックのお米が買えるので我が家ではおかゆを基本にして
    時々生のフルーツをあげたり、リンゴの蒸し煮やカボチャ、人参のマッシュ、歯固めに茹でブロッコリーやトウモロコシの茹でたのをそのまま持たせたりしていました。
    最近では歯が生えているのでサイコロ切りにした野菜の入ったおかゆや煮野菜、
    特にカブが甘くてお気に入りの様子。
    おかゆにリンゴの蒸し煮を混ぜてもよく食べます。おむすびも何となく食べてます。
    みそ汁の上澄みと具もぐちゃぐちゃしておかゆに混ぜたり、最近はわりと適当ですがその辺でとれたアボカドやパパイヤという南国特有のものを時々あげる以外は基本的に日本とかわらないかもしれません。

    あかちゃんを観察して思うのは、生の物も時々よいけど、やっぱりおかゆを中心とした穀物と火の通った物をあげた方が消化が良く、うんちがとてもいい状態です。おむつ替えをよく注意してみながら様子を見て進めてみてくださいね。きっとそれぞれ違うと思うので。色々食べてくれるといいですね^^