お母さんとクーヨン

私が人生で壁にぶつかったり,悩んだりしていると

母はよく

「いいのよ、とにかく今は先の事を考えないで目の前に

あることだけ一生懸命やったらいいの。」と言ってくれました。

母は普段私達に何か教えようとしたり、格言めいたことを

言ったりするタイプではありません。昼のワイドショーをみて

連続ドラマを見て、スーパーに買い物に行ってお夕飯を作って

子供や夫の帰りを待っているような普通のお母さんです。

だけど今思うと,人生にぶつかり不安になり悩んだ時に

いつも母は「大丈夫、なるようになるから。」と言っていたのを

思い出します。

母から「どうしよう。困った。」とネガティブな発言を聞いた試しはなく

何かのせいにして「あのせいでこうなった!」なんていうことも

そういえば聞いたことがないのでした。

それでもやっぱり家族で暮らしていれば色々大変な時期というのは

あって、今ではそれも家族みんなの笑い話ですがその当時は

母も終わらないトンネルのように苦しい思いをしたのだと思います。

それでも人生は形を変え、波を乗り越え、いつか

何処かにたどり着き、また出発していく。

 

それで私も今では口癖が「なるようになる。」=)

そういってブラジルまでやってきました。

しんどい時に、それでもなるようになるんだ。どうにもならない

ことなんてないんだって心から思えるのは

実は母のお陰なのでしょう。

私の母はスーパー普通のおばちゃんで、シュタイナー教育も

マクロビオティックもましてやヨガなんてやりません=)

それでも人生の大事なことはしっかり教えてくれていたんですね。

 

色んな良い考えや教育や哲学があります。

お母さんになると我が子を思う故、そして自分の人生の為にも

よりよくありたいと思い熱心にその哲学に、教育に

耳を傾けることもあるでしょう。

それもすごく大切なことだと思います。

知らないことは罪だとかそんな言葉もありますし、

それでもなお自分らしく,自分の声を聞き、子供の声を聞き

おもしろ楽しくお母さんライフを送っていきたいなぁと

改めて思いました。

普通のおばちゃんでもいい。

シュタイナーもマクロもやってなくてもいい。

幸せに生きていくっていうのが人生の大目的です。

幸せには形も制限もなく、ある意味では幸せには

色んな形があり色んな大きさがあっていいのだと思います。

最近はそんな風にお母さんライフを送っていきたいと

思っている私です。

 

さてそんな私達家族、5月号のクーヨンの表紙をさせていただきました。

よかったらお手に取ってみてください。

子育て第二ラウンドに突入したわたしもいまだに

クーヨンは大事な育児参考書です!=)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今週もアップされました幻冬舎plus「日登美のブラジル食便り」

今回はマンゴーチャツネのお話です。

こちらもどうぞご覧ください!

 

 

 

 

 

5 コメント

  1. alzenka

    日登美さんに拍手!!
    「大丈夫、なるようになるから、、」って広大なブラジルではしっくりする考え方かもしれませんね!!!
    自分らしく海外で生活が出来るようになれば、全てがなるようになりますよ!!(私も今年でフランス生活10年目、あっというまでした・・・)

  2. 日登美

    ありがとうございます!
    フランス10年なんて恐れ入りました〜
    私はまだまだひっこですけど、地球のどこにいても楽しく暮らしていけるよう
    なるようになる、の精神でがんばります〜

  3. alzenka

    日登美さん、頑張ると疲れてしまうので「ほどほど」に。
    肩に力を入れず、海外生活お互い楽しみましょう(笑)

  4. たかもり くみこ

    いやいや、本当にその通りのことを思っていて、
    お母様、本当に素晴らしい~
    できそうで意外とできないこと、が普通に受け継がれて、
    (きっとお母様のご両親とか)
    だから、素敵な日登美さんがいるのよね、と思いました(^.^)

  5. 日登美

    くみこさん、以外と大事なことって足下に転がってるんだなぁって
    私もいまさら気がついたりして。
    遠くを見るのも大事だけど、やっぱり近くもみつつね。
    私も子供たちに引き継いでいけるといいのだけど。。!