ご無沙汰してました。ブラジル〜ドイツへ引っ越しました。

あけましておめでとうございます。。。っていう時期でもないのですが

随分ブログおやすみしておりました。

皆さんどんな新年をお迎えになったでしょうか?

ご存知の方も多いかとおもいますが、我が家は昨年秋に二年半過ごした

ブラジルを後にし新天地ドイツへ引っ越しをしました。

といっても私と主人、末っ子と長女だけまず引っ越しまして

下の双子と次女は12月までブラジルの友達の家で学年末まで

過ごしていたので最近ようやく家族が揃っての新たな暮らしが始まった

ところです。

新しい場所での暮らしはいつもいつも役場の手続きやら

なんやらでめちゃくちゃに忙しくなります。

それはブラジルもドイツも一緒。特に我が家はへんちくりんな

国籍ミックスファミリーなもので、皆眉をひそめながら

書類を食い入るように見つめながら時に苦笑い、時に嫌みを

言われながらの登録、登録の日々=)もうさすがに慣れましたけど。

子供も沢山いるから書類を書くのも一苦労。ははは。

そんな風にしてあっというまに今日に至っております。はい。

 

ともあれ南半球、真夏のブラジルから北半球真冬のドイツへ。

これまた大きな変化を家族で乗り越えていこうと思います。

空気が違う、水が違う、文化が違う、人が違う、考え方が違う

雰囲気が違う、食べ物も違う,色々違うのです。

でもそんな違いの中でまた、その違いを楽しみ、同じものを

見つけ、外の世界を体験しながら再び新たな自分を発見していくのだと

思います。

 

それにしてもドイツはオーガニックが簡単に手に入るので

すごいですね。

何もかもオーガニックですよ。それも結構安いです。

それに外食も安くてボリューム満点、ベジタリアン料理の

オプションも簡単に見つけられます。

そういう点ではとても楽だなぁと思っていたのですが、

やっぱり日本人。毎日重たいものは食べれないし、

結局御飯とみそ汁が恋しくなっちゃうのね。

もちろん日本食も外で食べられるのですが、自分の味に

こだわりがあるもので;)

やっぱり自分で作るしか無いなぁということに。

そんなわけで引っ越し早々年末年始、味噌つくりやら調味料作りから

新しい暮らしが始まっています。

どこにいても私にとっては台所から自分の暮らしを紡ぐのが

一番心地よいようです。

そんな訳でブラジル在住中にで培った調味料のレシピをフル活用し

ドイツでの暮らしを初めています。

その上,もうすぐ6人目の赤ちゃんも生まれてくるので当面の食事を

簡単に出来るよう冷凍庫のストックおかず作りに励む日々。

またここドイツから我が家の食卓の様子や暮らしの様子など皆さんに

シェア出来たらと思います。よろしくおねがいいたします。

 

そんなドイツから初めてのブログ。今回はドイツで見つけた

ごぼうもどきをお見せしましょう。

ドイツって結構野菜が少ないんですよね、オーガニックスーパーだと

ビーツとかセロリの根っことか?見た目的にはハリーポッターにでてくる

魔法生物学のへんちくりんなお化け植物みたいな結構ごつい根菜が

主流です。日本人にとってこの寒さの中でやっぱり恋しいのはごぼうや

人参、甘い大根、れんこん、さといも、などなど。とくにやっぱりときどき

食べたいきんぴらごぼう。どうしようか?と思ってたら見つけました

ごぼうもどき。その名も「Schwarzwurzel(シュバルツヴルツェル)」です。

ほら、ごぼうそっくりでしょ!これは農家の白アスパラと言われている

らしくて、茹でると春先にドイツでよく食べられる白アスパラガスに

味がにてるそうで白アスパラが高くて食べれない農家の人が

かわりにこれを食べるんですって。

まぁそうとは知らずに見かけで購入。

切ってみると真っ白な乳液のようなアクがでてきましたよ!

取りあえず皮を剥いてみると随分アクがでてきます。

本当はきんぴらにしようと思ったけど、アスパラの話を聞いてしまい

急遽私も茹でて豆乳クリムソースで食べてみることに。

加熱するとごぼうのような強い食感はなく、確かにアスパラ的な

やや歯ごたえはあるけど柔らかい肉質に。

これには確かにクリームソース合いますね。パセリとこしょうをたっぷり

効かせてなかなかおいしく頂きました。

不思議なのですがやはり土地に会った調理法や料理ってあるんですよね。

きんぴらが食べたいと思っていたはずが、こんな洋風ごぼうもどきが

なんかとてもおいしくて。もちろんばりばりの日本食も時々体が

欲しがるのですけど、ドイツではこってりとどっしりとしたクリーミーな

お食事も体が必要としているようです。

郷にいっては郷に従え、というのはほんとうですね。

また、ドイツでは朝ご飯はパンかミューズリー、昼は暖かいスープや

こってりどっしりしたランチをたっぷりと。夜は残り物かパンにサラミ

やチーズですませるということが多いそうです。

日本人って三食しっかりご飯を炊いておかずも作ってって

マメじゃないですか、でもねドイツの台所は合理性重視のようです。

みんなあんまり料理をしない。

でもある意味で理にかなってるというか。不合理すぎる日本の台所事情。

確かに私も台所で時間を費やすことが多く、それは私の楽しみでもあるの

ですが。人によっては大変だと思うこともあるのかなぁって、初めて

そういう視点で台所を眺めることができました。

とはいえ、やはり手作り、伝統食を大事にしながらうまく合理性をとりいれた

食卓をドイツで開拓出来たらいいなと思っております。

これからますますチャレンジの日々です。

 

6 コメント

  1. 由美

    日登美さん。ブログのアップをずっと待っておりました。お元気にドイツの生活を始められたことを知り安心いたしました。ようやく家族全員が揃って生活ができるのですね。そして6番目のお子様のご出産が無事できますように心よりお祈りしております。新境地ドイツでの生活のアップをとても楽しみにしています。ドイツは日本の気質に少し似ているような気がして、私の住んでいる国からドイツに行くと帰省したような錯覚がします。

  2. Anonymous

    こんにちは!
    ブログの更新首を長くしてお待ちしていました。
    無事お引越しされて安心しました。
    日登美さんの台所からのお知らせを楽しみに、また励まされています。

  3. yoshi

    待ってました~!
    「どこにいても、台所から暮らしを紡ぐ」の言葉、とても共感しました。我が家も2年ぶりに、親子で味噌を仕込みましたよ。
    東京は暖冬でしたが、最近になってぐっと寒くなりました。本当に寒いと、食べたいものが変わりますね~。

  4. かなこ

    こんにちは!お元気かな?と更新を心待ちにしていました。
    無事引っ越されたんですね。お疲れ様でした。
    南半球ブラジルから北半球のドイツへの引越しは想像以上に大変だったと思います。わたしたちも常夏シンガポールからドイツへ引っ越してきて、3年がたちました。ドイツは特にお役所関係きっちりしてて面倒ですよね^^;でも住めば都。いい所も沢山あるので、楽しんでいきたいですね!
    6人目の赤ちゃん、無事に生まれますように!

  5. ちかこ

    待っていました!お疲れ様様です。
    ブログの更新楽しみにしています。

  6. ゆうこ

    おお!更新されてる!
    ドイツ生活、ぼちぼち綴ってくださいね。赤ちゃんの誕生も待ち遠しいですね。