みーくん

今年9歳になる我が家のみーくん。

先日、足の小指をぶつけたみーくん

「あ、あのすっごい痛いんだけど、指をぶつけたの。」と

言ってきた。

「へぇ、何指?ちょっと見せてみ。」というと

「え〜、このこやゆび。」

!?

こやゆび?

「こやゆびが、かくっとなってるところにが〜んとぶつかって、じんじんして。。」

!?

かくっとなってる?が〜ん?じんじん。。

おい!擬音語ばっかりじゃないかい!

「え〜と、こやゆびじゃなくて、小指でしょ。親指じゃないでしょ。」

と冷静に質問すると

「あは。そうだった。」と笑顔で答えるみーくん。

そろそろ日本語も危うくなってきたのか、かぁさんは心配だ。

 

さっきも,昼食後に話をしていたら。

長女「私リンゴジュース飲むと気持ち悪くなるんだよね〜」

みーくん「あ。俺も!」

私「あ、そうだね。二人とも陽性体質だからね。(マクロビオティック的な会話であります;)」

みーくん「え?妖精?!」

というや否や、キラキラの笑顔で両手をぱたぱたさせている。

気分はすっかりフェアリーテイルさ!

もうその笑顔に長女と爆笑。

妖精のわけないだろ!どっちかというと君は小悪魔じゃい!

とつっこみつつ。

 

その後もみーくんの暴走は続き。

食後のアイスキャンディーを片手にリンゴも片手に持ってるみーくん。

「ねぇ、ママちょっとこのアイスキャンディー冷凍庫にしまってきて。」と

みーくん。

めんどくさかった私は

「え〜、今足がかゆいからやだ。」(どないな言い訳じゃい。。)というと。

「じゃ、あとで足掻いてあげるから冷凍庫に持っていって〜」

だと。

いやいや。

足は自分で掻けますから(笑)

親子共々わけのわからない言い訳をしつつ

 

そんなみーくんもすっかり今ではすっかりお兄さんになりまして。

とある早朝、泣いてる赤ちゃんを抱っこひもで抱っこして

寝かせてくれました。

「ママの抱っこひも俺もつかってみたい。」ってことだったので

抱っこひもを使って大満足。

「じゃ、ちょっとお願い。」と子守りを任せてると

嬉しそうにテーブルの周りを歩きながら子守唄歌ってる。

「お、なかなかいい感じじゃないの。」と思ってみてると

しばらくしてもずっとテーブルの周りを歩いてる。

お陰でどうやら赤ちゃんは寝てしまったのだけど

赤ちゃんを寝かせるや否や

「あ〜テーブル回りすぎて目が回って気持ち悪い。。」

とみーくん。

周り過ぎにご注意願いま〜す。。。

 

数々のおもしろネタを振りまいてくれる子供たち。

毎日はこんな風に過ぎてゆきます。

 

2 コメント

  1. アヤコ

    はじめまして、こんにちは
    日登美さんは、日本のアニメなどを観る機会はありますか?
    先週、サザエさんの波平さんの声を45年つとめられた永井一郎さんがお亡くなりになり、大変なニュースになりました。

    昨日は、東京では今シーズン五回目の雪が降り、今日もとっても寒いです。
    私と同世代で五人のお子さんを育てていらっしゃる日登美さんを尊敬しています。
    これからも更新、楽しみにしています!

  2. Yamada

    おもろすぎます、みーくん!!あはははは笑
    ナイスキャラですね。
    きっとこれから、頼もしいおもしろお兄ちゃんになっていきますねー!!