やっと…

先週をもってブラジルの学校は夏休みに入った。

正確に言えば、今年度が修了したのだ!

また一年が過ぎた。(この言葉は私にハリーポッターのダンブルドア校長

を彷彿させる)

子供たちも一回り大きくなった。

そんな訳で先週は学期最後の大きなフェスタ「フェスタ ド ナタウ」

(クリスマス祭り)が行われ

子供たちのそれぞれのクラスでノートや作品が展示された。

長女のクラスは今学期手彫りの皿を作り、ここだけの話、

この器は主人へのクリスマスプレゼントになることになっている。

絵を描くこととノートを綺麗に仕上げる事に

命を懸けている次女は(もうちょっと他のことに

命をわけてあげてもいいと思うのだけど。。)

作品が沢山展示されていた。

好きこそ物の上手なれ、というところか。

 

ブラジルの先生の黒板画もにぎやかで素敵だ。

まさにブラジルのクリスマス!

 

そしてやっぱりクリスマスには靴下ね。

こちらもカラフルな靴下の数々はまるでオーナメントに

なってしまいそうなかわいらしさ。

色彩感覚がどれも南米らしくて美しい。

次女はターコイズブルーとショッキングピンクの靴下を

作った。これはクリスマスプレゼントにしないのかなぁ。。

そして双子君達も可愛いお人形を仕上げていた。

「なんだ!やればできるじゃないか!」

低学年らしい素朴な指人形がこれまた愛らしい。

こうして今年も子供たちの力作を眺めつつ、

一年の成長の足跡を確かめつつ幕を閉じた。

あぁ母は感無量なり。

 

そして週末には毎年教師によって行われるクリスマスの

生誕劇を鑑賞。

夕暮れ時に屋外ホールで(っていうかほったて小屋的な?)

行われるこの生誕劇。

ドイツで生まれ、世界中どこの国のシュタイナー学校でも

全く同じ劇が教師によって行われているというこの劇。

あの懐かしい歌の響きと、日本語で覚えている台詞が

ポルトガル語で演じられ、「マリア役はどの先生だ?

ヨセフ役は今年はあの先生か!」という子供たちの期待と

興奮に包まれ繰り広げられるこの劇もブラジルで観るのは

二回目になる。

去年は日本の静けさとともに贈られる劇と違って

大盛り上がりをみせるクリスマス劇に驚き、

真っ暗闇での日本のクリスマスと真夏の宵の明るさを

残すブラジルのクリスマスの雰囲気の違いをあの生誕劇の

中で感じ私達は異文化の中にいるんだと思ったものだった。

今年は同じ生誕劇をみながら日本でみていた生誕劇を

懐かしく反芻しながら世界中の生誕劇を思った。

毎年毎年、世界中で教師達が心をこめて行われるこの生誕劇を。

こうして世界中で色んな言葉でいろんな人が、けれど

思いを同じくして演じてくださるこの生誕劇を。

この世界もまだまだ悪くない。

いろんなことが起こってる時代だけど、まだまだ未来は明るい。

そう思った。

そんな心の灯火を感じるひとときだった。

 

こうしてようやく長い一年が幕を閉じた。

私達家族にとって今学期はおそらくとてつもなく

大変な山場になるだろうと踏んでいた。

博士号をとる主人のスケジュールは目一杯だったし

子供たちのスケジュールも目一杯だった。

赤ちゃんにも手がかかり暮らしはとてつもなく忙しかった。

毎日眠かったし毎日疲れてた。

なんだかんだで週末も学校があったりで休みが殆ど

無かったと思う。

だけど最後の山場を越えどうやら頂上が見えてきた様だ。

残す所今年も後少し。

あとはドイツ語の補習を食らった3名の子供たちが

数回学校に呼び出されるだけだ。それくらいお茶の子さいさいだ。

 

そんな訳で今日はたっぷり寝坊した。

寝たいだけ寝た。

そんな私の気持ちを分かってくれてか、赤ちゃんも一緒に

寝坊してくれた。

そして一日中食べれるほどのスープをた〜っぷり作って

どかっとテーブルにおき、セルフサービス準備完了。

「後の事は任せた!」といって洗濯物も子供に託す。

昼には赤ちゃんと3時間も昼寝をした。

お母さんだって時々そういう日が必要だ。

そんでもって十分休んだら何週間も前から取りかかろうと思っては

「あ、でもやっぱ今週は無理。。」と伸ばし伸ばしにいていた

中濃ソース作りを始めた。

スパイスの香りが立つ鍋を目の前に

俄然エンジンがかかって来る。

さぁ、明日はラー油を作ろう。

 

こうして我が家の山場はやっと終わり

私の怠け病もやっと抜けそうだ。

けれど実はまだクリスマスの飾りもしていない。

それに夏休みがやってくるんだ。

やっぱりまだまだ山場は続くのかもしれない。。

 

コメントできません。