アジアショップでお買い物

昨日は近所に住む同じく6人子持ちお母さんと久々にばったり。

井戸端会議をしているうちに一緒にアジアショップでお買い物

をすることに。

彼女の家はラクトースフリーな食事をしていて、大のアジア料理

日本料理愛好家=)以前からこれは何に使うのか?これはどうやって

食べるのか?一緒に買い物に行こうよ!と言われ続けていたので、昨日は

ようやくその夢が叶いました。

 

さて、我が家がこちらのアジアショップで買う物と言えば

ライスヌードル、生春巻き用の皮などベトナム系の物。

ナンプラー、コチュジャンなどシンプルな調味料を時々。

そして日本のものだと、のりや納豆、でしょうか。私はあまり

冷凍食品は買いません。(といいつつ、昨日友達にめっちゃ勧められて

豆腐と野菜の具入冷凍餃子を買った私です=)

ですが、最近のマストアイテムはこれです。

じゃ〜ん。

韓国産のインスタントラーメン。じゃじゃ〜ん。買い過ぎ?(笑)

そんでもってこのラーメンとの付き合いは実はブラジル時代にさかのぼり。

ブラジルのアジアショップで発見したのがはじまりで、かれこれ

もう4年ほどのおつきあいでございます。

インスタントも冷凍食品もまぁ同じようなもんだけどさ。

インスタントラーメンにはお世話になってる我が家です。

というのもこちらno MSGしかも、Veganラーメンの種類もあるの。

ちなみにキムチフレーバーは長女のお気に入り。

激辛ですよ。ほんと。

韓国の人はすごいね。マイルドって書いてあるけど、全然辛い!

でもって、我が家の4歳児はこのマイルドって書いてあるやつが

お気に入り。辛いのにねぇ。

これらのインスタントラーメンは食べ盛りのお兄ちゃん、お姉ちゃんの

おやつになるのです。自分で作れるし、化学調味料はないし、

ベストではないけどベターということで。

結構辛いからみんな時々嫌になるんだけどね。でもやっぱり

こういうものはうまく使っていかないと、あの食欲旺盛な

育ち盛りの子供には追いつかないのが台所事情。

でもそんなインスタントラーメンもぐっと質が上がっちゃうこつが

あるのです。

 

我が家では日本にいるときからラーメンについている粉状の

スープのもとを半分かそれ以下だけ使用し、あとは自家製の

味噌やオーガニックの醤油、はたまた、自家製ラーメンを作る

ときの韓国味噌などで自然でフレッシュな調味料で補ってスープ

にしています。これに野菜も入ればまたまたぐっと栄養バランスも

よくなるんだけど、それもめんどくさい時には、この「質の良い」

調味料だけでも全然オッケー。発酵食品の力、生きてる食べ物で

少しでもインスタント食品に息吹を与えてみてください。

全然ちがうから!

子供たちはそこまでやってくれないこともあるけど、わたしが

作ってあげる時にはそうやっています。

是非お試しくださいませ。

 

さて、インスタントラーメンでも、日本で買ってたオーサワや

桜井食品のベジラーメンなどは実家の母がたまに送ってくれる時

にしか手に入らないので、気がつけば我が家では病人や、

風邪気味でどうしてもラーメンが食べたい人だけが食べられるもの。

という位置づけになっています(笑)

日本にいた頃はインスタントラーメンが風邪のお特別メニューに

なるなんて思いもしなかったけど、いざ外国にいると

添加物のない質のいいラーメンなんて貴重すぎてもう薬レベル=)

所変わればなんとやらですね。

ともあれ、インスタントラーメンをがっぽり買い込んだ昨日。

 

それでも昨日のアジアショップでの一番の目玉商品はこちらでしょう。

じゃじゃ〜ん

これまた韓国産のようですが、コンビニおむすびのように

包めちゃうラップ!

おむすびといえば竹籠、竹の皮包みが主流の我が家に置いて

こんな近代的な物が!と衝撃が走ったのでありました。

ドイツではみんなフルーシュトゥックといって朝食おやつに

何か学校に持っていくのが普通です。

だいたいみんなサンドイッチやフルーツ、チーズ、サラミなど

スナックのようなものを持ってきます。おむすびを持っていけば

いいのに、って思ってるけど目立つから嫌、って言ってる子もいたり

して。

でもこれで包んで持っていけばちょっとかっこ良かったりして?

どっちにしても、のりがぱりぱりの方が好きな夫は大喜び。

「良い物があったじゃん!」なんてね。

この写真のおっさんがなんともいい味だしてるんだけど15枚入で

3ユーロちょっとだから、まぁ試しに買ってみました。

実は私の友達もこれを大絶賛。「これ絶対買うと良いわよ!」

とドイツ人に勧められたのですからきっと満足の逸品なのでしょう。

そんな訳で今からおむすびを包むのが楽しみなのであります。

 

 

 

 

 

 

 

コメントする