クリスマスとお正月

ベルリンで迎えた3度目のクリスマス。

ようやくドイツのクリスマスの過ごし方が分かってきた気がしました。

そして気がついたことは、この国でのクリスマスは日本で言うお正月

なんだ、ということ。

ただその準備も過ごし方も、日本のそれよりもっとずっとのんびりと

ゆっくりとしたもののように感じます。

 

ドイツのクリスマスは早ければ10月末頃からその雰囲気が漂います。

街のあちこちで少しずつクリスマスに向けての準備の風がどこからともなく

やってくるのです。スーパーにはスパイスが目立つ所に並び、ドライフルーツ

が見え隠れし、チョコレート、小麦粉などのお菓子作りの材料がちょっとづつ

人目につくところに配置されていく様子がなんともわくわくします。

そして11月になればもうクリスマスは本番といっても過言ではありません。

その頃からみんなクッキーやシュトレンを準備しはじめます。

日持ちのする様々な種類のクッキー、クリスマス独特のスパイスをあわせたものや

形のものや、いろいろあるのです。3年かけてやっとそれをどのペースで、

どのくらいの量を仕込んでいくのか、ということが分かってきた気がしています。

それでもまだまだ全然準備不足、経験不足のわたしなので

思っていたより大量に、そして早い時期からせっせとやらないと間に合わない

ということに気がついたのも最近の話。「え〜大変。。」と始めは思っていた

のですが、その準備こそがクリスマスのお楽しみでもあるのだなぁと

思い始めたのも最近の話=)

 

というのも、11月には既に日がどんどん短くなって、寒さも厳しくなってきます。

心の中にあかりを灯したい気持ちとクリスマスがやってくる時期が重なって

クリスマス準備をすることでせっせと心に灯火を送るのです。

クッキーを焼きながら、シュトレンを準備しながら、はたまたプレゼントや

おくりものやカードにあくせくしながらも、クリスマスの日が近づく

喜びや興奮は短くなっていく日照時間と反比例的に大きくなっていきます。

街は活気づき、生活はすこし忙しくなるようですが、それがなければ

この寒くて暗い11月から12月にどうやって過ごしたらいいのでしょう?

といったら大げさかもしれませんが、クリスマスがあることで

この時期の生活はうんとうんと楽しいものになるのです。

そしてまた、こうして忙しくやることがあるというのは

ありがたい事なんだなぁ、とふと人生について考えてしまったりも

するのです。

 

人生って忙しすぎてもいけないんだろうけどやることがあって、

誰かの為に走り回れる時期っていうのも、それはそれで

命が輝くというか、生きてる実感があるというか。

クリスマスってそういうことも含めて光りの体験というのかしら。

自分の暮らしの中に自分で灯火を送る。自分の灯火と周りのひとの

灯火を感じる時。

人が生きる、暮らす、関わるということ。喜びを送る、感謝を伝える

ということ。

クリスマスの準備をしながら様々な思いが巡ります。

 

そうこうしているうちにクリスマス当日がやってくると、なんとも街は

静かなもので。もちろんにぎわっている場所もあるでしょうし、パーティーを

している人もいるでしょうが、一般的にクリスマスは静けさとともにやってきます。

24日は我が家も近所の教会に行きました。

キリスト教ではない我が家ですが、神聖さというのに宗派は関係ないようです。

素晴らしく美しい聖堂に入り、聖歌を歌い、お話を聞きながら祈りを捧げて

「アーメン」なんてなれない言葉をいいながらも、気持ちはきりっとひきしまり

厳かになり、不思議なものでまるでお正月の参拝のあとのような気持ちになるのです。

神聖さに国境はない。

何か大きなものに抱かれる、恐れ敬う気持ちというのは万国共通で

人間は誰も皆そうやって現実とともに、見えない世界とも一緒に

生きているのだなぁ。と思った教会での時間。

信じる神が違っても、話す言葉が違っても、文化や見た目が違っても

いいじゃないか。どうしてそこに壁を作ってしまうんだろうなぁ。

と、世界が未だ一つになれていない現実に思いを馳せてみる。

そんなことも教会でのお話を通しても考えさせられた聖夜。

 

ともあれ、クリスマスはお店は基本どこも休みで、レストランも休み。

だからみんな家で家族と過ごしますし、おうちで食事をします。

今年は夫の両親が家族の伝統料理のピロシキのようなパイと栗のスープを作って

くださいました。24日は伝統的には菜食で肉類は食べないそうです。

わりと質素な食事をし、翌日25日にごちそうを食べます。

このごちそうも今年は夫の両親が作ってくださって、

丸一匹のガチョウグリル、紫キャベツのワイン煮、ジャガイモの団子という

ドイツの伝統料理をいただきました。こういう伝統と風土に根ざした料理

というのが私はとても好きです。

そこには菜食とか肉食とかそういうジャンルを超えたなにか人間らしい

暖かみと智慧を感じます。理論や倫理を越えたところにある料理

というのが伝統料理なのではないかと思うのです。言葉にするとややこしい

ですが、とにかく伝統料理はいいなぁ!

 

そういえばクリスマスの贈り物がサンタクロースからやってこないのも

ここ数年の我が家のスタイルとなっています。ドイツではサンタクロースは

伝統的にはクリスマスにやってくるものではないそうです。

12月の初旬にセントニコラウスの日というのがあって、そのときに

みかんやクルミをもらったりするのがサンタクロースの日なのです。

なので我が家ではクリスマスのプレゼントは家族の中でおくりあいます。

子供も大人もそれぞれ家族皆に宛てて贈り物をおくっています。

手作りする子。買い物する子。いろいろですがそれもまたこの時期の

楽しみ。

今年は4歳の息子に水彩の道具を送りました。上の子達はずっと幼い頃に

この水彩の時間を楽しんできたので、「私も!」「ぼくも!」と結局

クリスマスの翌朝はみんなでじっくり水彩の時間となりました。

これがまた気分は書き初め=)静かな中でじっくりと気持ちのいい時間です。

面白かったのは、12歳の息子が渦巻きの模様を描いたこと。

シュタイナー幼稚園に通っていた上の子供たちはクリスマスの時期には

特別な儀式をやっていました。うずまきの道をろうそくを

もって歩くのですが、この時期の象徴的なモチーフが渦巻きなのです。

すっかりそんなことも忘れていた今日このごろ、す〜っとためらいもなく

自然とにじみ絵の色の中で渦を描いていく彼の姿に、子供の中に培われた

あの頃の体験の大きさを感じました。

幼児期に蒔かれた種が育っていることを感じられた嬉しい体験でした。

 

そうこうしてあっという間に正月の三が日が過ぎていくように

クリスマスの3日間が過ぎていきます。

家族とすごし、静けさを味わいながら、近くにある愛を感じ、

遠くにある愛に思いを馳せる。

仲間と集い、再会し、ゆっくりとした時間をもつ。

お節をつつくかわりに、たっぷり用意してあるクッキーやケーキをつまみ

ながらゆったりとした時間を過ごす。

そういえば、お節料理というのは日頃忙しく台所を駆け回る主婦の為に

正月3日くらいはゆっくりできるように保存のきくものを詰めて作られた

ものだったのよね?

 

クリスマスがすぎ年末に向かっていくこの時間。

既にお正月を迎え終わったようなすっきりとした気持ちになっているなかで

今年もお節は作らないことにしました。

なんだか暮らしの時間軸がカレンダー通りではなくなってきたみたいです。

暖かな光りと静けさの時間のあとで、残りの時間はゆっくりと

なにもせずに過ごしたいと思っています。

こんなふうに人生に隙間をつくりながら過ごすことの大切さを

ドイツにきてから知ったような気がします。

 

今年も一年ありがとうございました。

来年も皆様にとってよき年となりますようにお祈り申し上げます。

どうぞよいお年をお迎えくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3 コメント

  1. 芳乃

    きれいな渦巻き!温かくて少し神々しさもあるような、ステキな絵ですね。
    毎日バタバタ、イライラして、子供に当たってしまっている今日この頃でしたが、年末おじいちゃんのうちに子供たちが遊びに行ってしまい、ふとブログをみると、とっても共感できる内容で。。。私たちも繋がっている、そんな気がして嬉しかったです!忙しくても頼りにされていて、誰かのための使命があって、それをやっていけることが幸せなんだと思います。実はやらせてもらっている、なのかな?有難く感謝しながら、毎日過ごしたいです。気がつけさせてくれて、ありがとうございます!日登美さんもよいお年をお迎えください!

  2. 日登美

    芳乃さん、コメントありがとうございます!
    わたくしごとですが、芳乃さんというお名前を聞くと私の古くからのお友達を思い出すのですが、もしかしご本人?
    いや、違ったらそれでもいいのです!すみません!
    子育てではバタバタ、イライラはつきものですよね。みんなそうだとおもいますよ〜でもこうして気持ちを一緒にシェア出来るだけでもほっとしますよね。どうぞこれからも大切なご家族とお子さんとかけがえのない毎日を楽しく紡いで下さいませ!どうぞ今年も佳い一年でありますように。

  3. 芳乃

    正解、お久しぶりです!
    自分たちの子供が、あの頃の私たちの年だなーなんて感慨深いです。
    ブログ楽しみに見てます、いつも応援してます!!

コメントする