フルーツ天国

何を隠そう私はフルーツが大好きだ。

子供の頃はフルーツだけ食べていきていけたら

どんなに幸せかと何度も思ったものだ。

そんなわたしにここブラジルは念願の

フルーツ天国を実現してくれた。

年中絶え間なく果実が実る様は見るだけで心躍り

ごろごろと収穫できる南国のフルーツのふとっぱらには

よだれがでる。

どの木も食べきれないほど果実をぶら下げ繁殖する様子は

ブラジルという国の生命力の強さを思い起こさせる。

あぁ素晴らしきかなフルーツ天国。

今日はそんなフルーツをシェアしたいと思う。

まずはバナナ、どこでもなってる。道路にも庭にも道ばたにも

バナナの木。バナナはこの国で筍のようなぞんざいで、根でどんどん

ふえるらしい。私はバナナの葉が大好きだ。そして紫色の重たげな花が

実に成る頃も大好きだ。あの花があんなたくさんの房になるなんて

本当に不思議だ。なんといっても不思議だ。神様はすごい。

そして忘れてならないのがマンゴー。

今はこんな風にどこでもざらざらと青い実を付けている。

今年は去年より実の着くのが早い。どうやらブラジルも異常気象で

今年は例年になく暑く乾いているせいかもしれない。

マンゴーも道ばたに、庭に、街路樹に、どこでもある。

マンゴーが街路樹ってとても素敵だとおもう。

そしてこれまたどこでも生えて来るパパイヤ。

パパイヤって不思議な木で、実は木ではないらしい。

草というか、そういう種類らしい。

なんだか知らないがこれもどんどん実をつける。そして

コンポストから勝手にどんどん生えて来る。一年もあれば

いつの間にか木になって実を付けてくれる恐るべき早さで成長する。

そんな訳でうちのフルーツかごはこんな有様になる。

ブラジル独特のフルーツも忘れてはならない。

ジャボチカバというすごくへんちくりんなフルーツ。

ある時一斉に木の幹に真っ白な綿毛のような花がさいて

それがこんな感じでフルーツになる。殆ど病気にみえるほど

グロテスクな様子はさすがブラジル。こんなフルーツの成り方って

あり?と目を疑いたくなる。

これが葡萄のような濃い紫に変わったら食べごろ。

しかしこれがまた美味しくてやめられない。

しかもこの木が年中咲いて年中実を付けて、を繰り返している。

かなり働き者なのだ。

友達の家にいくとだいたいどの家にもフルーツの木がある。

ブラジルに家を持っていたらフルーツの木を植えないなんてあり得ない。

友人の家にはこんな風にグレープフルーツがたわわになっていた。

しかもこのサイズ。大人の頭ほどもある。ほっといてもこんなのできるらしい。

うらやましい。

ちなみにピンクグレープフルーツだった。文旦ほどの大きさの

グレープフルーツ。中もそのまま大きかった。

まるで大男のいる国にやってきたみたいに何もかもでかい。

きっと原種に近かったのだろう。何故か苦みもつよくって

それがいかにも野生的でわくわくした。

まだまだあるブラジルのフルーツ。

アセロラはこれから旬を迎えるし、アボカドは山ほど食べて

次のシーズンを待っている。

そして実は年末から私達はマンゴーとアボカドとアセロラと

ジャボチカバとピタンガというフルーツの木がある家に住む事になった。

ますます天国に近くなるブラジルライフ。

今から収穫が楽しみでならない。

 

2 コメント

  1. aki

    こんにちは。私もフルーツ大好きです。
    今、今後の子育ての事も考えていたりしますが、
    日登美さんはマクロビオティックもローフードも経験されて
    やはり子育てとなりますと、マクロビオティックベースになっていますか?
    また、母の養生に食養もとおもっていますが、ここでも
    マクロビオティックとローフードどちらをベースにと悩んでいます。
    母として、また一人の女性として何かアドバイス頂けたら嬉しいです。

    よろしくお願いします。

  2. 日登美

    お返事遅くなりました;)
    子育てとマクロ、ローフードの件ですが
    日本の関東に住んでいたときはどちらも試した結果、子供にはマクロビオティック中心の方がいいかな,と思いました。もちろん生の物を食べさせない訳でもフルーツを極力避ける,というやり方でもありません。私の思うマクロは何を食べるか、よりもどんな調理法か,という方を大事にしています。火が通ったものや、優しく調理された野菜、果物の方が子供たちの消化や体の成長にあうように思っています。私にとってローフードでちょっと気になる点は調理器具が電気で強く撹拌する物が多い点なのです。そういう調理法のものを中心,もしくは日常化するのは幼い子供には難しいように思いました。鼻水がとまらない、肌が切れる(耳たぶの下が切れたり、頬があかぎれたり、手があかぎれたり)そういう症状も私の経験ではスムージーを常食しているときの子供たちによく見られたのです。ただ今ブラジルのような熱帯にきてフルーツもサラダもたくさん食べます。でもやっぱり気をつけているのは調理器具、撹拌という点です。大人はスムージーもよく飲みますが子供たちにはしぼったジュースを飲ませる事が多いです。日本にいても、生の物や生のフルーツも必要だと思います。ただ調理法に気をつけてうまく食べられたらいいのではないかと思います。加熱ばかりがマクロでも、玄米ばかりがマクロでもないと思うのです。ローフードも必要に応じて食べるのがほんとうのマクロビオティック、調和のとれた食事だと思うので美味しく楽しくいろいろおこさんに食べさせてあげたら良いと思います。もちろん、スムージーも時には良いとおもいますよ。マクロかローかとあまり決めないで色々食べさせてみて、子供の様子を見てあげるのも大事だと思います。以外とローが合うっていうお子さんもいるのかも、ですしね。お母様の食養、お手当のような場合は私は丁寧な調理法でのマクロをお勧めします。お母様の症状や傾向にもよるのでここで絶対マクロ!ローはダメ!とかいえませんが。生の食べ物も必要な体調でしたら生食もうまく調理して差し上げる必要があると思うので。
    長くなりましたがようは必要に応じてどちらも使っていけばいいということです。かね=)