ブラジルごはん

今は専らブラジルでの暮らしをどう築くかという日々を

すごしています。

どのスーパーにいけばいい?

何を食べよう?何作ろう?

やっぱり食はそのなかでもとても重要になってきますね。

だって毎日のことだもの。

日本食ばかり食べる訳にはいかないし、こちらの料理も楽しみながら

自分たちにあったスタイルを作っていくにはまだ暫く時間は

かかるでしょうね。研究研究!

 

それに私は出産前だし、産後もできたら暫くは日本食をベースにしたほうが

体が整いやすいかなぁと思って。

子供たちもやっぱり御飯が在ると元気だし。

こっちにきてから子供たちがますます良く食べるしねぇ。

エンゲル係数が心配ですが!ともあれ

そんなわけで日々模索しておりまする。

 

でかいスーパーにはオーガニックがあまりない。あっても高いし!

で、ケチャップとかも質がいいのもないし、じゃ作ろうね〜って

かんじで。

ポルトガル語もまだ良くわからないので原材料が解らないことも多く

以外と添加物が入ってる物もおおくて、こんなときはやっぱり手作りしちゃうのが

一番だよね。

今までの知識を総動員してますます食仕事が増えそうな予感です=)

たのしみたのしみ。

 

つまりはブラジルで田舎暮らしが始まったということのようです。

東京に住んで2年。田舎暮らしから遠のいていたけど

まさか日本の裏側ブラジルで田舎暮らしが始まるとはね〜

人生わからんもんです。

でもわたしも主人もこういう暮らしが好きだし、子供たちも田舎で幼少期を

過ごしたので根っこは自然児=)

焚き火に土いじり、畑に動物、虫たちとの暮らしは大好きなので

問題なし!

これからどんなことができるかわくわくです。

 

そんな中主人の愛読書「country living」という本がとても役に立っています。

田舎暮らしのバイブルというか。辞書のようなもの。

彼も変わったドイツ人なものでなんでも作るのが好き。竹籠あみも

私よりうまいし、蕎麦も打つ、パンもピザもケーキも作る。

頼もしい限りです。

だいたいこんな本を持って嬉しそうに読んでるからね=)

私もここから色んなレシピを試してみたいと思っています。

 

今はその本をもとに庭でとれたパパイヤの種を乾かして

シーズニングを作ろうとしているところ。

あとは、アボカドの種を水栽培して芽が出て根が出て,庭に移植

しようって。

そんなことをして楽しんでいます。

そんなMyキッチンのお気に入りの風景はこちら。

外にははちどりが来る大きな木があって、甘いパパイヤの木もあって。

柵の向こうの牧場には昼過ぎると牛達がお散歩したり、子馬が

お母さんのお乳を飲みながら散歩してたり。

牧場と言っても日本の様な家畜でなくほんとに自由にその辺をうろちょろしてる。

めっちゃ近くに牛が来て,鳥がいて、みなさんこんにちは〜って

いいながら料理しています=)

結構日本からザルやら調理器具や土鍋を持って来たのでそれがここに

おさまると、やっぱりここは我が城。という感じがしてほっとします。

 

早速毎日おなかをすかせてる子供たちに三食つくって

おやつも作って,の日々。

なんだか昔に戻ったみたい。

東京にいるときよりもうんと料理をしてます。

先日は米粉を見つけたのでこちらのサトウキビシロップ(味は玄米米飴のような感じ)

で甘みをつけてサツマイモを加えて黒ごまをかけて蒸しケーキをつくってみました。

それにスーパーで見つけたカボチャで私のレシピ本の中にある

カボチャプリンを作ったんだけど柔くてクリームみたいに

なちゃったからそれをディップしておやつにしてみたら以外とヒット!

おいち〜の顔=)

日本にいたときは,何でもあって,なんでもすぐ買えて

おやつも手作りした物を嫌がる様になってた子供たち。

今では手作りのケーキやドーナツやクッキーなど

今日のおやつは何を作ってくれる?って楽しみにしてくれて

作りがいがあります。嬉しいなぁ。

こっちはジャンクなお菓子が多いから買うより作る方がいいから

ますます今までのレシピをアレンジして作る楽しみがあるなぁって。

この間はサツマイモチップをおやつに。

ついでにこちらの料理用のバナナもフライにしておやつに。

甘くてちょっと酸っぱい面白い味。

ちょっとチリソースを付けて食べるととてもおいしかった!

 

そしてまたまたレシピ本よりキャンディーポテトこと大学芋!

ここで主に使っている甘味料のサトウキビシロップで作りました。

こちらも大好評!黒ごまもこっちでみつけたんだぁ。

そして、とても楽しみにしていたココナッツ。

飲むためのものと、中のココナッツミートをとるものと

いろいろ種類があるんだね。

ミートを削る為の器具もあって、それを使ってけずってみた。

結構固いけど1個でずいぶんとれるんだよ。

これはドーナツにいれようかなぁ、クッキーにしようかなぁ

それともキャラメル作りにつかおうか?って

今から悩んでる。

 

そんなこんなで毎日御飯におやつにこちらの食材を

試しながらやってます。

 

そのうえ、そろそろ赤ちゃんも生まれるし、その頃の家族の食事に

備えてトマトソースやパンやお豆やらいろいろを沢山作って

冷凍しておきたいから毎日殆どキッチンで過ごしています。

 

さて、まずはトマトソースを作るかなぁ。

こちらもレシピ本より、ごぼうたっぷり人参もすり卸して

野菜をたっぷりのバージョンでつくろう。

なるべく簡単にたくさん野菜がとれるようにね。

 

ブラジルは日本の野菜がたくさんあるのはとてもありがたい。

昨日の晩は、里芋と大根と人参と卵と昆布をいれて

日本から持って来たカツオだしでおでんを食べた。

ブラジルで土鍋でおでんを食べるなんてね=)

 

とにかく今はこんな感じでいろいろ試してる。

玄米菜食だけじゃなく土地にあったものをそのように。

プラス日本食とマクロビオティックのアレンジを加えて今は

移行期というかんじかな。

これからどんな風に食生活や暮らしを組み立てていけるのかなぁ。

 

 

 

 

 

 

11 コメント

  1. ともよ

    妊娠八ヶ月です。
    いつも楽しく見ています。
    丁寧に生きている生活、大好きです!

    今はヨガをされてるんですか?
    どのように体重管理していますか?

  2. あきこ

    日登美ちゃんの活き活きと嬉しい気持ちがたくさん伝わってきます!!^^
    全ての学びや行動ががつながってきて今があるのですね。
    ブラジルでの楽しい生活のブログをこれからも楽しみにしています。♡

  3. ASAKO

    台所からの風景写真、とっても素敵です。
    日登美さんがマリア像のように優しく台所にたってお料理されてるんでしょうね。こんなに遠く離れているのに、とっても身近に感じられる日登美さんのブログをいつも楽しみにしてます。

  4. tsubasa

    すっごい楽しそう!食のアンテナピンピンはって、こどもたちと一緒に育ってる日登美さん。私もやっとこ安定期です。
    初期の食からちゃんと移行して頑張ってます!

  5. あや

    どれもこれも本当に美味しそう! そして素敵なキッチン。
    何処へ移動しても日登美さんらしい丁寧な生活。
    私も今いる奈良の田舎で自分ら私生活を!と改めて思います。
    バナナ^^どんな味か興味津々です。

     
      

  6. あや

    誤字 お恥ずかしいですっ
    すいません~

  7. Yamada

    日登美さんのそのとても前向きな姿勢、さっすがです。
    潔くてかっこよくて、とにかく素敵です!!

  8. まきあ

    日登美さんの何でも楽しもう!とする、リラックスしてそれでいて頼もしい姿が本当に素敵です。たくさん勉強になりますー。どうぞブラジルでの新たな日々を楽しんで下さいね!

  9. みかん

    日登美さんらしく 日々の生活を楽しんでますね
    見ていてほのぼのしたよ

  10. かよ

    初めまして。昔からひとみさんが気になってました。最近、ブログをみてビックリしました。ブラジル?妊娠?え?何なに?て感じでした。でも、丁寧な暮らし、我が子にむけるまなざし、なんだかパワーをもらいました。私も頑張ろうという気持ちになりました。ありがとうございます。

  11. しょうたの母

    こんにちは 日登美さんのブラジルライフ 素敵ですね 三年前の日登美さんの本にあったような ほのぼの 手作りご飯 おやつ 参考にさせてもらいます
    これからもブラジルライフ 載せて下さいね