ブラジルもちつき

ブラジルで二度目のお正月。

今年は三が日結構楽しみました。

日系人オーガニックファーマーの方達のコミュニティに

招かれておもちつきに。

行ってみるとなんと杵と臼もある!

既に二臼ついたあとですでにおいしそうなお餅達が!

今年は私はお餅を買う事が出来なかったのでお雑煮が

白玉だった我が家、お正月からつきたてのお餅が食べられる

なんて〜うるうる。感謝感激でした。

私はポトラックでタイの生春巻きを作っていきました。

ひじきとパイナップルアボカドのベジタリアンバージョンと

チキンとマンゴーフレーバー。

好評だったようでよかった。。。

大根おろしに、カラシナ和え、きな粉に黒ごま

海苔醤油。

素晴らしきラインナップをブラジルで堪能できるなんて

ほんと夢のよう!

が、しかし。末っ子のゆにおはまだお餅を食べた事が無く

まだ飲み込めるか微妙なのでお預けに。

かわいそうに、と思っていると気がつかないうちに

お皿に手をのばしてちゃっかり具だけたべておりました。

しかも大根おろしをむしゃむしゃと。

さすがたくましき末っ子。

このあとちゃっかりカラシナも具だけ食べておりました。

その日は日本語でた〜くさんおしゃべりをし、

NHKの連続ドラマ(朝ドラはブラジルでは夜ドラになります=)

をみせていただき、すっかり気分は日本。

「紅白歌合戦も録画しているから見る?」の

お誘いに長女は大興奮。

4時間のものを数時間でガッツリみせてもらって

これまた世間話に花が咲くブラジルの正月。

日本では紅白もテレビも全然見てなかった私は

紅白で流れる流行の音楽に時代の流れを感じつつ

テレビから伝わる日本の今を感じつつ

なんだか不思議な気持ちがしました。

それにしたって、「あぁここはまるで日本。」

 

ブラジルにきて二度目の正月。

思えば遠くへきたものだ。

日本人というだけで外国にいるとみんな助け合ってる。

すぐに仲良くなれる。

いや、日本人ってだけでなくてもここでこうして

みんなに助けられ、暮らしている事にやっぱり感謝。

そして日本の裏側でこうやって毎年日本の文化を

紡いでくれてるこのコミュニティの方達に敬意をこめて。

 

生きてるってことは誰かにいつも助けられ支えられ、

そしていつかどこかで自分も誰かを助け、支えているんだよね。

生きてるってありがたい!

そんなふうに思った素敵なお正月でありました。とさ。

 

 

 

 

 

4 コメント

  1. Yoshiko

    ひとみさん~、よしこです。佳世ちゃんが教えてくれてブログ拝読しました。同感!そう、あそこはまさに日本、心のオアシス、宇宙一のご近所さんですw。

    腰が立たなくなった(笑)親世代が子どもたちに杵を渡し、そして今の臼が使えなくなっても、きっとあの子たちが何とか考えて繋いでいくんでしょうね。Jornal da Cidadeの記事もそういう視点で締めくくっています。on lineで読めるので、見てね。

    ゆにおは今日も元気ですか?大根おろし食べてる?(祖母より♡)オランブラにも遊びに来てね。

  2. 日登美

    よしこさ〜ん!宇宙一のご近所さんに一票!=)
    ほんと、今年のお正月はすごく楽しくてご一緒させていただいてありがとうございました!
    ちなみに、よしこさんは我が家の子供たちの伝説のおばあちゃま=)になっておりますよ=)どんな伝説かって?それは。。。ふふふ。。。

    私達の次の世代につながっていくっていうはなし、すごくいいですね。
    わたしもあそこにいた大きいお兄ちゃんたちお姉ちゃんたちの姿をみて
    バトンタッチだなぁって思いました。うちの子供はまだもう少しかかるけどね。
    でもそうやって一緒に親子で紡いでいく時代、時間って素敵ですね。
    Jornal de Cidadeも読んでみます!もちろんポル語よね?;)がんばります!

    ゆにおはおかげさまで元気ですよ。あせもまみれですが;)大根おろし食べさせないと=)今度オランブラ遊びにいきます!やった〜

  3. Yoshiko

    げげ、、、なんだろう、、この婆メがなにか粗相を致しましたでしょうか、、、(゜o゜;) もう暑くて暑くて死にそうです。佳世ちゃんたちも誘って村のclubeのプールに行きましょう。それまで生き延びておられるだろうか、婆は、、、笑

  4. 日登美

    私も暑くて死にそうです。
    プール是非!