今年もよろしくおねがいします。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます!

今年は天気のよい年のはじまりでしたね。

暖かい日もあったし、寒い日もあったけど。

なんだか、さい先の良い始まりだなぁと思っていました。

今年のお正月は家族と、親戚と、日頃なかなかあえない

大切な人とどっぷり時間を過ごしていました。

 

初詣は、恵方の神社へまずお参り!という新作法を実行し、

子供たちと氏神様へもお参りへ。

お年玉で出店の輪投げやボール投げに楽しむ子供たち。

もちろん、制限金額は有りますけど、その範囲ではたのしく

気前よく!たっぷり遊んでいる双子君達でした。

その傍らで、結構財布の紐の固い女子チーム。

面白かったなぁ、この対比。

 

今年は七並べが我が家の大ブームで、正月はカードゲームと

カルタで盛り上がりました。

そんな遊びで忙しくしていると、おせちって便利ですね。やっぱり。

御重に入ってるから洗い物も少ないし、色々入ってるから

お腹いっぱいになるし。お母さんはつかの間ののんびりタイム。

 

でもなぜか今年の正月は駆け足で過ぎていく!

それもそのはず、今年はいろいろと新しく始めようと思ってる事も

ありますし(まだ秘密ぅ=)

この春には初の新刊レシピ本がでるのだぁ。

そして、実はこのウェブサイトもちょっとリニューアル、っていうか

改善しようとしてまして。そんなデザインやらなんやらのことで

忙しくしていました。

で、年始のご挨拶が今日に。。ほんと、すみません。

 

なんだかまったりお家モードだったけど、お正月の締めに

飯能にある岡部材木店(私の家作りでお世話になった材木店です)

の、お餅つきにお呼ばれし、お蕎麦までうたせていただきました。

これまた、久しぶりにですが、大切な仲間達、お世話になった方々と

年始にお会いできた事はとてもとても嬉しい事でした。

お蕎麦はちゃんと蕎麦名人に手ほどきを受けながらおいしいのが出来ちゃった。

今年はどんどん家でも蕎麦を打つぞ〜って

蕎麦うつのが楽しくなちゃったりして。

 

お家モードを脱して

久しぶりに子供たちと都会を離れ山と自然の有る場所へ。

川は厚い氷を張って真冬の装い。餅つきは釜で火を炊き。

すっかり都会っこになったなぁと思っていた一番上の

お姉ちゃんも、気がつけばずっと火の番。まるで釜ジイ=)

やっぱり火はいいねぇ。あったかい。火はいいねぇ。心が落ち着く。

火の番をしてる長女が、田舎暮らししてるときのストーブ番長だった事を

思い出しました。

楽しい楽しい、時間を過ごしました。

そして、今日。

七草粥で、お正月もおしまいの雰囲気ですね。

こうして節目節目で、何かを一つ終わらせて

次の時間が始まる。

今日から、また新しい時間が始まるような気持ちがしています。

新しい旅が始まるような気持ちがするんです。

どこにたどり着けるか知りませんが、だから旅と言えるのでしょう。

心にともっている自分のあかりを信じて絶やさずに

出発です。

 

始まりと終わり。終わりと始まり。

まるでウロボロスのヘビのようですね。

どんな一年になるのでしょうか。

奇しくも、今年は巳年です。

長女は年女。あの子が生まれたあの年から一周り時間が過ぎました。

この12年の間にたくさんの事を経験し、多くの出会いと別れを

経験し、今は新しく、より自分らしい人生を歩んでいる事に

感謝しつつ。そして、これからもより良く学べるようにと願いつつ。

きっと、今年も多くの方が様々な思いを抱いての新年をお迎えと思います。

今年が皆さんにとってより良い年となります事を祈っています。

 

今、この時、私の胸にある歌を年始のご挨拶にしようと思います。

これは子供たちが通っていた学校で歌われていたものです。

 

お日様が顔を出し暗闇を照らす

金色に輝く朝の光よ

私の心に小さな灯がともる

誰にも消せない灯火となれ

 

 

 

 

 

 

 

コメントできません。