妊娠と出産と体調管理

先日のブログのコメントにもあったのでちょっと

私の妊娠中の体調管理について書いてみようと思います。

 

特に特別なことはしてないと思いますが

今回は結構体調を崩したこともあって

いろいろといい体験をしましたので。

 

私はアシュタンガヨガを前から練習しているので妊娠が解ったときも

練習をしててあれ?体がちょっと変だな?って思って気がつきました。

そのときからなるべく自分の体の声を聞いて気持ちよくないことは

やらないってしてた。とにかく自然に。

アサナ(ヨガのポーズ)もFeelingでこれはやだなと思うのは

省いて続けました。

また先生から妊婦がやらない方が良いポーズもおしえてもらったりして

アドバイスもうけました。

でも4ヶ月ころまでは殆ど練習をしなかったです。つわりもあったし、

とにかく眠かったので仕事や家事以外は家にいてひたすら暖かくして寝る。

食べたかったら食べる。そんな感じでしたね。

ただヨガを日課にしてたのでやらなくなると体が動きたくなるんです。

なので安定期にはいったら、仕事や家事の合間や自分の余力を考慮して

練習を再開しました。

ゆっくりしっかり呼吸して体の伸びてる場所,流れの悪い場所を

意識しながらの練習。いつものようにパワフルな限界を試すような

練習からもっと自分の内側をいたわるような、感じるような練習に

変わっていきました。

赤ちゃんに内側で声をかけながら、練習始めるよ、大丈夫かな?って

つながりながらの練習はいつもと違って独りじゃなくて、とても素敵な

時間です。

出来なくなったポーズもあるし、体力も衰えたところもあると思いますが

新しい練習がそこにはありました。

時々、あぁここまで上達したのにまた一からやり直しなのかなぁって思うこと

もあったけどそうじゃないなって。

人生とともに練習があるからゆっくりじっくりいろんな時期の練習を

楽しめばいいじゃんって。だから今ではまた出産後にパワフルな練習を

始めるのが楽しみ。

ヨガは体だけでなく人生のプラクティスの要素がたくさんあって

だからやっぱり私は好き。

 

体の面でいうと、特に足の裏の経絡を伸ばすのは大事なので

しっかりと基本の太陽礼拝を大事に練習しました。

妊婦になると背中が丸くなりがちで肩がこりやすく、胸が閉じて

しまいがち。体の後ろ側に気を通しにくくなりますね。

体の重心が変わるから当然だけどそれでもまっすぐ立って足の先から

頭のてっぺんまで気を流すように呼吸をし、胸を開き背中を意識して呼吸を

通して行くことで一気に血の巡り、気の巡りがよくなり気分は爽快になります。

背骨の経絡にそって大事な臓器のツボがたくさんありますからね。

なのでこれは妊娠38週になろうかという今でも続けています。

また股関節をストレッチするのも続けています。リンパの流れをよくして

くれるし生むときの助けにもなるから。

前屈は段々辛くなるので、8ヶ月頃には無理せず気持ちいいところでやめて

おなかを圧迫しないようにしました。

その反対にバックベンド(後屈)はとてもきもちいい!

これは大発見です。

練習を続けていたせいもあると思うので個人差はあると思いますが

日本最後の練習は8ヶ月の頃、このときもこんな感じで気持ちよくやってました。

さすがに今は独りでドロップバックはしませんがこの頃まで大丈夫だった。

今でも背中が丸まりがちなのでゆっくり深く呼吸をしながら

バックベンドをしています。

詰まってた頭の流れもすっきりしてきもちいい午前を過ごせますよ。

 

なんかおなかがラクダみたいでしょ=)

 

こんな感じで体も適度に動かしつつ、あとは食事も気をつけつつ。

といってもこちらもマクロビオティックがずっと基本食だったので

妊娠中は自分の感覚にあわせて食べていました。

肉が食べたければ食べたし、魚が必要なら食べた。

なぜかコンビニの物が欲しいときは食べてみたし

今までの自分のあり得ない!をとにかくとっぱらって

変化する要求に応えつつ、どうしてそう成るかさぐりつつ。

食べたり、整えたりを繰り返しながら安定期を過ぎたらだいたい

自分のペースが掴めて。つまりは赤ちゃんと私とのペースがつかめて

スタイルができあがってきましたね。

基本の玄米菜食に時々要求に応えた物をたべる、みたいな。

ただ初期から今までをとおしても、今回は甘い物をあまり食べません

でした。

特にチョコレートやミルクの類い。いわゆる、極陰性といわれるもの。

それも個人差があると思いますが。甘みも小豆や米飴がせいぜいというかんじ。

まぁマクロではいずれも勧められる食べ物じゃないけど、たまには

食べたくなる物ですよね。

でもそれが全然なかったなぁって。

これも何か赤ちゃんからの不必要のサインだったのかなと

今では思っていますが。

 

マクロビオティックというと何を食べてよいか?何を食べないべきか?

ということにどうしても注目しがちですが,今回の妊娠をとおして

一番大事だと思ったのは調理法です。

マクロビオティックの料理はかき混ぜることも少なく穏やかな調理法を

しますが、なぜそうするかというと振動を大切にするから。

振動が体に影響するということを実感するのは以外と難しいと

思うので健康な時にはこの調理法も理論で納得していても本当に

わかった、というところまではいかなかった。

でも今回妊娠して体調を崩した時にいかに調理法や調理器具の波動

振動が体に影響するかを体感し、食材うんぬんも大事だけど見えない部分

繊細なエネルギーの部分を大事に調理することがとても大切だとわかりました。

きっとこれは赤ちゃんの離乳食でも一緒だと思うし、病気のときの

食事にも活かせるアイデアだと思います。

お役立ちアイテムとしては、土鍋など土で出来た調理器具、蒸篭、すり鉢と

すりこぎなど振動が穏やかなアイテムはとても重宝しました。

逆にミキサーやステンレスのフライパンとかは一時期使えなかったなぁ。

穏やかな甘みのある、栗やカボチャの類い。雑穀のあわやきびも

よくたべました。逆に玄米は強すぎて食べれないことも多かったですね。

人それぞれ違うと思うのであくまで私の場合ですけど,参考になれば。

きっと私と真逆で玄米食べて甘いもの欲しい人もいるでしょうね。

妊娠期の食べ方は理論上はあったとしてもどれが正解なんて本当はないと思うから,

理論も頭の片隅にいれといて、よく自分で感じて食べることを特に

大事にするのが一番と思います。

 

 

そんな風に、今回は特に自然にまかせて。

理論より実践。

机上の事実より目の前の命に添ってという感じで

暮らしも食事もつくってきました。

でもそれができたのも、今までヨガを続けて自分の体をまえより

良く知ることができていたこと、食事もマクロビオティックを基本として

いて何が自分に必要で,そうでないかを理論だけでなくわかってきたこと

が大きいと思っています。

そういう準備が出来ていた方が妊娠しているときは

楽かもしれないですね。

といっても私だって今回の妊娠で初めてそういう状態なので

そうでなくてもそれなりに出来る限りより良い選択をし、

頭でなく心と体に耳を傾けることを大事に過ごしたらいいと

思っています。

逆に色んな知識が邪魔をして本当に必要なことを出来ない、ということも

ありますから。

本当の自分のNeedsを知る為に解る為にヨガやマクロビオティックを

日々取り入れられたらいいですよね。

 

今回特に興味深かったのは,以前からやってるホメオパシーを

取り入得れているところ。

今までは体や心の不調をメンテナンスするって言う感じで

専門的ではないですがセルフケア的に使っていました。

それでも相当効果のあるものなので我が家では病院かわりに

ホメオパシーキットは子育てにも重要アイテムでしたが、

最近は子供たちも体調を崩すことも少なく、私もあまり使っていなかった

のです。

でも由井寅子さんのホメオパシー的「妊娠と出産」という本を偶然手に入れて

読んでみるとおもいしろい!!

今回は海外での出産ということもあり、セルフケアをしっかり

準備したくてホメオパシージャパンの出産キット(36バースキット)を

購入していたので、その使い方としてレメディの説明を知りたくて本を

読んでみようかとおもったのですが使い方のみでなく、出産とはどういうことか。

どれだけ人生に影響をあたえることなのか。

そしてどれだけ私達もその影響を受けて人生を送っているのか。ということを

知ることができて、これからの出産だけでなく今の子育て、自分の人生を

これから送るにあたってもとても支えになることを知ることができたのは

偶然ですがとてもラッキーだったと思っています。

 

妊娠や出産をするには体だけでなく、心や魂、インナーチャイルドなど

自分の内側もしっかりとケアし元気にしておく必要があるんだって。

それは完璧になんでも出来てる必要があるということではなくて

自分を常日頃から良く観察し,より良く知ることを続けることだと思うんです。

体、心、魂、三位一体で。

妊娠出産はそれを促すいいチャンスなだけであって、そのチャンスをえることが

出来なくても自分の命を磨くことはできる。

そうやって自分に与えられた人生や運命をどのようにポジティブに生きるか。

そのために自分を知る。肯定的に人生をみつめる。それが健康に生きる

秘訣で、命を生み出す妊娠,出産に置いてもとても重要になってくるって

そんな風に私は思いました。

この影響でおなかの赤ちゃんと私のケアだけでなく、既に生まれている

四人の子供たちの生い立ち、妊娠期や出産のときをもう一度体験し直し

今改めて何が必要なのか、そして私がしてあげられなかったことも沢山

あるからどうやってそれを補ったりしていけるかということにも

目を向けることができたのもとても良かったと思っています。

 

一つの命を繋いでいくことで、他の沢山の命とのつながりをもう一度見直して

より良く生きれるように心と体を整える。

暮らしも食も変化しながら常に成長する。いつも同じでなくてもいいし

いつも同じ訳がない。季節のように移り変わりながら私達を次のステップへ

導いていくんだなぁって。

5人目の妊娠はそんな風に私たちの暮らしに影響を与えてくれたと思います。

 

そんなこんなで過ごした38週間。

今回の妊娠はいろいろと人生の大きな変化もあったし

とても忙しかったし。

あっという間に経ってしまったけど忘れがたい時間です。

それもきっともうそろそろ終盤ですね。

明日はブラジルで助産婦さんにあう予定です。

そしていよいよカウントダウンです。

 

ブログがあまりにも更新されなかったら生んでるな!と思ってくださいね=)

産後はしばらく暗い部屋にこもって赤ちゃんとの時間をすごしたいと

思っています。

また時が来たら皆さんにご報告しますからどうぞよろしくお願いします。

とはいえ、まだ生まれてませんので!

またこちらでの暮らしをアップしたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7 コメント

  1. yoshiko

    日登美さん こんにちは。
    妊婦生活、あと少しですね‼
    私は、日本での最後の茶話会に出席しまして、
    素敵なパワーをいただいた、三人の子供の母です。

    私事ですが、その後しばらくして、まさかの四人目妊娠が分かり、
    あの時、日登美さんのお腹を触らせてもらい、、良いパワーをいただいたんだなぁ…と勝手に思ってます。
    自分の体力や更に歳の差育児など、色々不安もあったのですが、妊娠中の日登美さんの様子を読む事ができ、すごく励みになり、共感し、また更にパワーをもらいました。
    赤ちゃん出産のブログ楽しみに待ってます。
    そして、無事に出産出来ますように日本から祈ってます…(^-^)/

  2. tsubasa

    茶話会で由井さんのほんが話題に出た時から、題名気になってました。ありがとうございます♪血液型と食事の本?も知りたいですが…
    それと産前の食もですが、産後親の助けがない中、こどもと自分の食事をどうする予定なのかも知りたいなぁと常々思います。
    私は産後どこにも頼れそうになくて…

  3. ともよ

    わたしも妊娠前はアシュタンガをしていたので、あれ??と気付くものがありました。
    三年ほどはベジでしたが妊娠して動物性のものを取るようになりました。

    わたし、玄米を食べられたのは妊娠中期だけだったのですが、玄米は強すぎるという要素があったからなんですね!

    わたしも11月には元気な1人目を生みたいです!
    (^_^)

  4. こどもの国のだいすけ

    日登美さん

    熊本に移住して2年になります。
    息子2人も妻も元気です!

    大分前ですが、旅行で熊本に来られてたとき、熊本城でお侍のお兄さんたちを見た!
    とブログで書いてあり、僕らもその日あたりで初めて熊本城に行って同じお兄さんたちを見てたので、「同じ日かも!!」と妻と大興奮でした。

    日登美さんの安産を心から家族で祈っています。
    Nós te amamos !!

  5. やさしいたね

     いつもたくさんの感動をありがとうございます。。
    前向きに生きるお手本帳みたいに、日登美さんのブログをとても
    たのしみにしてます♪

    夢があって、深くて、繊細で、たくましく、温かく、美しい・・・。

    いつの日か日登美さんにお会いできるのを願ってます。
    日登美さんが、ここちよく穏やかに出産できるよう
    お祈りしてます。

         ~沖縄県3児の母より~

  6. やよい

    日登美さん、こんばんは〜
    バタバタしててなかなかコメント出来ませんでしたが、無事にブラジルでの新しい生活を心穏やかに過ごされているようで安心しました。

    私は最近良く思うことがあります。きっと、2〜3年子供を産む時期がずれていたら、まだ日登美さんと出会ってなかったかもなぁ…と。
    だから、子供達には凄く感謝してる。共に子育ての時期を共有出来て、色々学ばせてもらえたことは、私の人生で大きな財産です。

    先日、レシピ本のビビンバ作ったら、子供達がママ〜すごーく美味しいね〜って誉めてくれました!!ママのご飯が一番美味しいって☆アイスも今年の夏は何度も作りましたよ〜日登美さん、本当にありがとう♪

    どうか素敵なお産となりますように、お祈りしています☆
    またブログ楽しみにしてますね。

  7. 日登美

    みなさん、コメントありがとう!
    たくさんの素敵なお母さんたち,お父さんも!
    みんなの幸せを私も祈ってます!
    一緒に子育てに人生に楽しみましょうね〜

    私も産後親の助けのない中で家族でやっていくので
    その様子も出来るだけアップしますね。
    まぁ無理しないのが一番。のんびりいこう。

    最近は沢山料理してるから、その様子もアップしたいとおもってます!