初夏のマクロ

先日、自宅でマクロビオティッククッキングクラスをやりました。

初めましての方もいらしてでしたがすぐにわきあいあいと

楽しい一日に。

なんといってもアットホームは雰囲気がたのしい料理のクラス。

この日の献立は

かぼちゃのコロッケ 味噌とチェリーのソース

揚げ茄子とパプリカの精進出汁浸し

あらめとテンペの甘酢サラダ風

キャベツとフェンネルとリンゴのプレスサラダ

グリルアスパラと枝豆も玄米ご飯 自家製ピーマン味噌と

季節のみそ汁

ココナッツプリン ルバーブとイチゴのソース

でした。

どれもそんなに難しくないメニューですが初夏を思わせる

素材を使ってのお献立。マクロビオティックは季節にそった素材を使うので

食べていてなんだかほっとします。

 

ドイツでマクロ、というと地産地消でいけば日本の味噌や梅干しや

のりや、というのは理にかなっていないかもしれませんね。だけど

今住んでいる場所といままで自分が食べてきた伝統食というのを融合して

いくことが自分の経験上健康的かなと思います。

特に海外在住がながくなるとその土地のものばかりだとどこか

日本人として遺伝子にくみこまれているのか、味噌や醤油や

食べ慣れていた物への愛着は捨てがたく。そしてそれが自分のアイデンティティを

保っていく為にも必要な気がしてきます。

外に出るほど私のように純日本人で(というのは両親が日本人で自分が日本育ち

という意味で)あると「私は日本人なんだ!」と自覚することが多くなります。

そういう時に日々の食事の中に自分の母国の伝統が密やかに存在する

心強さほこらしさ。「いただきます」と口に出すときのなんともいえない

安堵感。自分が自分であることの証明。

なんていうと大げさですけど、自分の国の伝統を今更ながら誇らしく

そしてそれこそがある部分では自分のアイデンティティにも関わっているのだなぁと

言う風に思うのです。

ですからわたしはその土地でそこで手に入る食材で

味噌を自分で仕込んだり、梅干しらしき物をつくってみたり、漬け物を

つくったりできるだけ伝統を自分の手で作り出して、それを日々の食卓に

日々の家族の暮らしの中に根付かせたいと思っています。

 

マクロビオティックの食事というのは特別なようで続けていくほどに

自然な食事だなぁと思っています。

玄米をたべるとか、野菜しか食べないとか、何を食べるかという視点を

経て自分が何を必要としているか、していないか、あるいは

自分は何を食べてきたのか、何を食べていきたいのか、これから

どうしたいのか?という風に自分のルーツを辿りながらその先には

自分のビジョンにつながっていくように食べていく。それを自然界の

変化の中で自分の人生の変化と組み合わせながら自分でアレンジしていく

食べ方なのではないか。という風に今は思っています。

自分が日本人であることはアイデンティティの一部でしかないけど、

それでも確かにそれは存在する。

これしかない、という状況はなくて自分の中には色んな自分がいることも

発見する。

 

最近は専ら陰陽という二つの世界を経て

一つの大きな分けられない世界を感じながら

料理をしたり子育てをしています。

マクロ食か普通食という選択ではなくて

その間の道を悠々と歩きたいなぁとおもったりしているのです。

 

とはいえ、マクロビオティック料理教室やっています(笑)

こんな私が教えているのだから雑談雑学、うんちくが

満載なのです=)

 

 

 

 

 

コメントする