台所から紡ぐもの

実はずっと悩んできた。

子供たちに何を作って食べさせたらいいのか。

色々な経緯があってベジタリアンになりマクロビオティックに出会い、

ヴィーガンを試し、様々なときを経て私はマクロビオティック

インストラクターになっていた。

どんなときもまずは自分で試してみてから「これは!」と思う物を

取り入れてきた。私の中でこれが最善と思う事を尽くして

やってきたつもりだ。けれど一般的なやり方と違う食事の

スタイルを維持するのは難しかったし、自分でも経験した事の

ないことだったから(私はごく普通に食べて育ったから)それを

本当には子供がどう感じるのか、そしてそれが正しいのかというのは

理論とは別にしていつも私には本当にはわからない事だったし、

時に何も考えず皆と同じように食べたり暮らしたりしてる人たち

の方がうんと幸せそうに見えたものだった。

だけど私はどうしてもそれができなかった。真面目だったのか、

それともただのエゴだったのか。ただ真実と思える事をやりたかった。

子供にも,自分にも。

 

四人の子供たちはそれぞれ7歳まで殆どベジタリアンで育てた。

厳格なやり方ではなかったがマクロビオティックをベースに

穀物と野菜を使ってお弁当を作りおやつを作り御飯を作ってきた。

今考えるといろいろと反省点もある、もっとこんな風に料理すれば

よかったとか,食材や調理器具の選び方をもっと繊細にできれば

よかったとか。けれどとにかく少なくとも体を育てる上では

それはよかった。そして確かに我が子達は丈夫な体を持ち

無駄に風邪もひかない人たちに育っている。

だけどいつも心の中ではこれでいいのか、これでいいのか、

と思い続けて育てていた。もっと自由にしてやりたい、という

気持ちと守ってやりたいという気持ちが私の中で葛藤していたのだ。

子供たちも大きくなるに連れて食事だけでなく思うようには

いかなくなってきた。当然子供を思うようにしようなんて

はじめから思っていないけど、一体私は何をしてやりたいのか?

子供たちを元気に育てたいという事は一体どういう事なのか?

自由とは何か?色々な事がいつも心の中にあった。

食事を通してずっとそのことを考えていた。

 

マクロビオティックや穀物菜食のよさは理論でも自分の実感と

しても子供たちを見てもいいものだとよくわかっている。

だけど子供たちはそれだけでは育たない。沢山の人に囲まれ

それぞれの社会がある。4人の子供たちはそれぞれの個性を持ち、

それぞれのカルマを持ち生きている。体だけでなく人は心と魂も

育てていかねばならない。三位一体で人生を送っていく。

そして特に心と魂については最後は自分で育て上げねばならない、

自分の人生を生きる為に。そこは親の出来る事は本当には少ないと

私は思っている。

 

シッダールタというヘルマンヘッセの本を読んだ時に書いてあった

文章を思い出す。たしかこんな内容だったと思う。

『シッダールタには一人子供がいて大人になってから出会う、子供に

出来るだけよい事をしてやろうとするのだけど子供はとんでもない

風来坊で親の言う事を聞かず思いやりもなく、いつまでたっても

二人の心は通じ合わない。親であるシッダールタは子供を愛している

ので誠心誠意尽くして愛を注ぐも子供は受け入れない。

子供の未来を守ってやりたい、この子はこのままではいけない、そう思い

血のにじむ努力を続けるシッダールタに一人の老人が言う。

「彼が生きたいように生きさせる事を親だからといって奪えない。

それがたとえ彼の身を滅ぼすことだとわかっていても。」』

子供たちがどういう風に生きたいのか、彼らの未来にはどんな失敗と

成功が隠されているのか。親である私はどうしても失敗を避けさせたく、

よい方へ導きたい、しかしもしもその失敗さえも子供の魂が望んでいた

としたら?

たかが食事、されど食事。

子供が食べたがるもの、どうして?と思うものに潜むもの。

それが興味からなのか、体の必要からなのか、それとも彼らの魂からなのか。

親としてどこまでしてやれるのか。

愛とは一体どういうことか。

 

田舎から東京に来て公立の学校に通うようになってベジタリアンから

普通食を食べるようになった子供たちをみて複雑な気分だった。

そしてあれだけ一生懸命作ってきたのに結局おばあちゃんの作る

普通の御飯が食べたいと子供たちは言い出した。

私は子供たちが美味しく楽しく健康的に食べられるようにと思って

頑張ってきたはずだった。だけど気がつけば子供たちはもう

それを欲してなかった。いつの間にか季節は変わっていた。

もちろん子供たちは昔から食べている私の作ったおかずや

おやつが今でも好きだ。だけどもうその時期は通り過ぎていた

ようだった。子供たちは私より先に大きくなり成長し変化していた。

私だけが取り残されていたのかもしれない。もしくは私だけが

「そのはず」という思い出と理論にしがみつきたかったのかもしれない。

私はもう一度自分の心に尋ねていた。一体子供たちにどうなってほしいのか。

何の為に私は御飯を作り続けてきたのか。何を見て作っていたのか。

私の目指す暖かい御飯は一体どこにあるのか。

子供の欲しい暖かい御飯はどこにあるのか。

 

そう思いながらブラジルにやってきた。その前から料理は少しずつ

菜食だけでなく肉や魚も取り入れるようになっていた。

それでもなんでもありというわけにはいかなかったけど

出来るだけ子供が食べたい、おいしいと思う物をつくるようにして

いたしマクロビオティックも続けていた。毎日試行錯誤の日々が続いていた。

そう。マクロビオティックという言葉にとらわれずに、

これがいいに決まっているという理論に捕まらないようにしながら

心の声体の声をきいて土地の物を頂く。我が家だけのベストバランスを

探す日々。菜食と肉食をするという事の狭間で。日常と非日常の狭間で。

それでもトンネルは抜けない。

日本ではマクロビオティックを教えていたし、日本を発つ前に

菜食のレシピ本も出した。子供を菜食で育てていた、だけど今は

すっかり菜食だけの料理では無くなっている我が家をみて、

自分をみて一体どんな料理をしたいのかとわからなくなっていた。

ずっと自分に問いかける。「私の目指す料理はなんだ?」

だけど毎日はやってきて、朝昼晩とおやつと料理をする、御飯を作る。

いつしかベジタリアン専用のフライパンだった私のフライパンで

肉を焼くのようになっていた。

長女は時々私のよく作った野菜料理をつくるようになっていた。

 

そしてある時に私の心にはっと光が射した。

私は家族の為に料理をしたいんだとはっきりわかった。

私が目指すのは「お母さんの味なんだ」

菜食でも良い、肉食でもいい、日本食でも外国料理でも

私は母が私に作ってくれていたように

ただ御飯を作りたくて料理をしているんだ。

誰かの為に、料理をしたい。

あなたの為にあの子の為に。

 

自然な食事、繊細な調理法、オーガニック食材、菜食とか肉食とか

もちろん大事な事。きっとこれからも探し続ける。

子供の必要とか,変化とか色々寄り添っていきたい。

でもそれの元にあるものは。

私が確かに母から受け継いだもの。

包丁もろくに研がなかったし、野菜の切り方だって別にうまくはない。

だけど、それでも思い出すのは母の味。

「たんとおあがり」と言ってくれる、あのお母さんの懐。

 

母から娘へ受け継がれるものはワザだけではない。

智慧だけでもない。

それよりももっと大きなもの。

そういうものに包まれて今私も私の道を行く。

私なりのお母さんの道をこれからも台所から紡いでいきたい。

 

13 コメント

  1. よしの

    美味しそうなお弁当!!今日の内容もとっても共感しました。私も「大人が子供のため」と思ってやることがかえって子供の成長を妨げているのではないかと悩んだり、でも何もやらないのはただの怠慢では?と思ったり。子供の言葉は時に鋭く、迷っている私の心に突き刺さり、反省したり、そしてまた忘れて同じことをしてしまったり…今日は早起きしたので、私も美味しい朝ごはん作りまーす!!そして6人目おめでとう!!本当に日登美ちゃんには驚かされます、出産がんばって!!

  2. あい

    いつも楽しく拝見しています。
    今日の文章はとても感動し、共感したので、初めてコメントさせていただきます。
    私はマクロビオティックの食事を子どもたちに食べさせているわけではありませんが、子どもが食べたいものと私が食べさせたいもののギャップに悩みつつ、でも「これ体にいいんだよ~」と食卓に並べる毎日です。
    「お母さんの味」、私もいつも料理しながら考えます。
    いつか子どもたちが大きくなったときに、「お母さんの作ったあのおかずが好きだったな」と思い出してくれるようなおかずを作りたいのです。
    今日のブログを読んで、また気持ちが新たになりました。ありがとうございます。
    出産がんばってくださいね。地球の裏側で応援しています。

  3. こっこ

    今日は読んで涙が止まりませんでした・・・
    いつも、、いつも、、私も感じていた事だからです

    そんな思いを忘れようと、玄米菜食など身体に良いものを実践されてる方の
    本やコメントを見て納得していた(しようとしていた)様に思います

    でも・・・毎日出来ているる訳もなく、同じ様なパターン・メニューになり・・・週一回、少量の肉料理しか食べていないのに「俺の好きな食べ物は焼肉とかハンバーグ」なんて言っているのを聞くと、イラっとしている自分が嫌で・・・

    完璧、私は間違った方向に行っていました・・・

    でも、今日これを読んで気持ちが楽になりました

    もう一度、食事のこと、魂のこと、気持ちのこと
    感じてみようと思います

    ありがとうございました!

  4. しなじん

    仕事中に読み始めて、止めることができませんでした。
    泣きそうです。

    私もいつもいつも同じことを感じてました。
    マクロビをがんばっても、体にいいと思う料理を作っても、
    何処かへ行った時に食べたウィンナーが美味しいと言われ、今日もウィンナーが食べたいと言うそんな我が子を見て、私のやってることってエゴなのかなと思ってました。

    最近は、マクロビや菜食だけじゃなく食べ物全体で見て料理をするようになりました。何かにとらわれないということで自分も楽になりました。

    他の方のコメントを見て、同じで安心しました(笑)

  5. acoeco

    始めまして、コメントします。台所に立つお母さんって日々いろんな事をんがえていますね。私もマクロビオティックを取り入れた生活をのぞんでいますが…果たして子どもたちや家族はそれを望んでいるのか?といつも自問自答しています。私だけの自己満足ではないか、とか、でも、確かに子どもたちの身体は正直で、健康になりました。肉食げ続いた時は、やはり調子が悪いのも分かっています。しかし、子どもが大きくなるに連れて、そうも行かないのが現状です。そのたんびに起動修正しながら、泣きながらあ〜。また、やってしまったと、後悔したりします。でも、今日、仕事の休憩中にひとみさんの文章わ、読みながら、涙がでました。なんの為か、誰のためなのか?を思う毎日でした。しかし、私は子どもたちのお母さんなんだと、産み育てて生きて行く為に食事を作ること。大切さを感じています。

  6. 日登美

    みなさん、心にしみるコメントをありがとうございました。
    私の方も皆さんのお言葉に大変感動いたしました。
    そして同時に、お母さんとして台所に立つということがこんなにも難しいことだともおもいました。
    だけどやっぱり楽しく、おいしくをモットーに、一緒にがんばりましょう!
    皆さんのこういう思いをもっと皆でシェア出来る場所があればいいなぁとも
    おもったりまししたよ=)だってお母さん仲間だもんね。
    ありがとうございました!

  7. momoko

    きっと、子ども達が家庭をもち守るものができたときに、お母さんがやっていた事を思い出し、同じ様に紡いでいくのではないでしょうか。
    これからは反抗期。正しい事ばかりが正解ではないのかもしれないですね。でも、母の愛情は毎日の食卓から伝わっているはずです。

  8. 素子

    日登美さん、こんにちは。

    わたしの好きな大野百合子さんと舞さんが、
    とてもタイムリーな話題を上げてました。
    リンクを貼っておきます。
    http://ameblo.jp/maidenali/entry-12059135498.html

    不適切でしたら、削除してください><;

    今、寝てる2歳児抱っこしつつ、片手でタイプしてます。

    日登美さんの、星の瞬きのようにやさしく美しい言葉たちに、いつも心癒されています。

    お体大事にされて、おなかの赤ちゃんとの時間をゆっくり味わい、楽しんでお過ごしください。

    いつもありがとうございます。

  9. kitagata

    日登美さん!どんな日登美さんでも、家族は見てます!あのころのママも今のママも、一生懸命生きることについて考えて自分と向き合って、子供を観察していること見ているし、マクロビを極めている日登美さんも好きで憧れだけれど、そうじゃない日登美さんも魅力的で変わりないです。何を極めてるかでなく、そこに対する姿勢が素敵ですよー!♡

  10. emmikurri

    はじめまして。思いのこもった文章、ありがとうございました。私もずっと同じことを悩んできているので、とてもよく伝わりました。シュタイナーの「アカシヤ年代記より」を数人の読書会で読んでいますが、それによると、人間の「自我」「アストラル体」「エーテル体」「肉体」のうち、「肉体」が一番先にできたようで、もっとも完成されているものなのだそうです。マクロビオティックって、肉体に直接働きかけることで、心にも変化をもたらせるものなんですよね? でも、心が体を変えることもあるし・・・。
    私は、子どものアトピーがきっかけで、6年以上マクロですが、どこか不満足でコクモツサイショクをドカ食いし続け、マクロスイーツも大量に食べ続け、ちっともキレイになれないし、あまり健康じゃありません。子どもも甘いものが大好きで、いろいろ不調が出ます。油も粉も甜菜糖はもちろん、リンゴジュースさえ極力控えていた頃は、ひとに神経質と思われることにもいちいち傷ついていました。私の感覚で食べたくないのか、理論が頭にこびりついて食べたくないのか、それもわかりませんでした。子どもが食べたいなら食べさせてあげるのも愛情なのか、体調や気持ちのバランスを悪くするとわかっていて食べさせるのは、やはり愛と呼べないのか・・・結局、食べさせても食べさせなくても、どちらにしても罪悪感があって。まだ、動物性のものを食べさせる勇気はないのですが、油も含め調理法を少しゆるくしたり、標準食のバランスも気にし過ぎないようにしたり、子どもの食べたいものにできるだけ添って、自分なりのユルマクロにして、今日はこんなカンジ、と、淡々と、できるだけ罪悪感は持たないようになれました。それは、今までの日登美さんのブログや奥津先生はじめ色々な方のアドバイスのおかげです。そして、私に、自分の思いをちゃんとぶつけてくれる娘のおかげです。子どもに手伝ってもらいながら、食べ物のこと、悩み続けて、いまはこれでいくしかない、いこう、みたいなゆらゆらした日々です。これからも、日登美さんのブログは、私の考えを進めていくときの助けになると思います。ありがとうございます。長くてすみませんでした。

  11. rika

    こんばんは
    ひとみさんでもこんなに悩んで、それでも台所にたつことは止められず…そして待ってる旦那さんとこどもたちとの食卓があり…
    私も出産してから乳腺炎になったところからマクロビに出会いました。
    シンプルに、素材を味わうことに共感できましたし、畑でとれる旬の野菜にもたくさん出会うことができました…
    でも、やはり食べたあとの『オイシカッタよ!また作ってね♡ご馳走さま』がないと…
    いま、3歳の男の子と10ヶ月の女の子の母として…そして妻として…
    やはりヘコタレても台所に立つことはやめられません。
    そしてやはり、1番好きな場所であり…思いを伝えたい気持ちがあり…
    ひとみさんのように、たくさん考え、そして発信してくれる先輩ままがどんなに支えになるか…
    いま、上の子を幼稚園にいれるか悩み中です…まわりは3年保育で入れるお友達が多く。でもまだあと一年くらいはゆるりと母子、兄妹で過ごしたい自分の思いと葛藤しています…
    ひとみさんならどのような選択をするかなぁーと…

  12. saki

    日登美さんの美味しそうなご飯の写真や文章が大好きです!
    マクロビであろうが、お肉がはいってようが、優しくて美味しそうで食べたくなります!
    きっとご家族への愛情がにじみ出ているのですね。
    私も日登美さんちの子供になりたいです!!
    応援しています~(^。^)

  13. ユキカ

    ひとみさん、初めまして。私はESのVILA VELHAに住む東京からの移民です!
    こちらに来て東京とブラジルの行ったり来たりを繰り返し、この2年腰を落ち着けて住みだしました。子供は8歳&3歳の2名、旦那様は日本人とブラジル人のハーフですが、東京暮らしが人生のほとんどなため、お互いにブラジルに慣れず、そして心が折れることが多く、更に食べ物では挫折感満載です(涙)
    食事の件などブラジルで使用したら良いものや色々アドバイスを頂きたいのですが、メルアドなど教えていただくことはできるのでしょうか?外食してもマズイものばかりで自分で作っていくしかないと最近覚悟を決めた次第です。ちなみに東京ではほとんど外食&仕事で家庭を顧みず、これから料理の勉強などしなくてはならない罪深い人間です!私のメルアドはyukika@skky-innovations.comです。もし可能であれば良いので、是非ご連絡ください♡