引っ越し

クリスマスも過ぎ、2014年も終わろうとしてる今日。

まさかこんなに早くこの日が来るとは思わなかったけど

ブラジルに来てからずっと住んでた家から引っ越した。

見た事もないブラジルという国で初めて暮らし始めた家。

家族みんなに囲まれて五番目の子を出産した家。

私達の新しい人生が始まったのもあの家からだった。

ブラジルに来てからここまでの道のりが一気によみがえる。

 

思えばこの家との出会いは奇蹟以外の何物でもなかった。

もしくはこれは運命の出会いだったのかもしれない。

この家が素晴らしかったとかそういう事でなくて

ここにこうして暮らせたのはこの家を含めて数ある

妙なる縁と導き以外言いようがないからだ。

引っ越しの作業を進める中でわたしは何度もそのことが

頭によぎった。

「あぁ不思議だなぁ、あぁ奇蹟だったなぁ」

そしてまたこの引っ越しも妙なるご縁と運命としか

思えない絶妙さの中で起こったのだった。

人生ってのは不思議だ。

 

さて、いざ引っ越しとなるとブラジルは日本とは違う。

引っ越しは業者に頼もうと思ったのだけど近所の人に聞いたら

安い所で頼んで物が無くなってしかも物を壊された、といわれて

怖じ気づき自力でやる事にした。

今更自分たちで未知のブラジルの引っ越しやを頼むより頑張って自分たちで

やった方が色んな意味安全でリーズナブルだと言う気もした。

それにどうせ引越し先は住んでいた所から車で10分ほどの

場所だった。

不思議なことには、たったスーツケース12個で日本からやってきたのに

気がつけばどこからどうやってきたのか物は増え、

何度もスーパーマーケットで頑丈なバナナの箱をもらいに

行かなくてはならなかった。

これまた人生の不思議。

 

日に日に暮らしの香りがそがれていく家の中で暮らした12月。

そうはいっても普通の引っ越しよりは物はうんとすくなく

子供たちは早々と部屋を空っぽにしてしまい

ベッドもあっという間に片付けられてしまったので

ぽつんと部屋の真ん中に置かれたマットレスでキャンプのように

眠る日々が続いたが,普段別々に寝ていたのに一緒に寝るのが

楽しかったのか、それとも新しい家へ旅立つ予感が興奮させるのか

既に夏休みに入っていた我が家の子供部屋からは

毎晩遅くまできゃっきゃと楽しげな声がひびいていた。

 

しかし引っ越しの荷造りは思いがけず時間がかかった。

というのも掘り起こせばブラジルに来たばかりのころの

日記やら学習ノートやら、はたまた日本から持ってきた思い出の品が

ごろごろと出てくるのだから

気がつけばパッキング前よりも酷い状態の部屋で

思い出に浸り時空を超えている人が何人もいた。

そんな訳で、気持ちは分からなくもないが

「もしも〜し、そこ!思い出に浸らない!」と何度

叫んだかしれない。

ともあれ全ての荷物はいつの間にか片付いてしまって

それはそれでなんだか嬉しいような悲しいような複雑な気分だった。

思い出を箱に詰めて持っていく時に

少しこぼれ落ちてしまう何かがあるような気がするからかもしれない。

引っ越しセンチメンタルとでも言うべきか。

 

いざ始まった引っ越しはまるで戦の様だった。

大きめの自家用車で赤土のでこぼこ道をこれでもか

というほど荷物を詰めて運ぶ。

運んでも運んでも終わらない。

途中大雨の日もあった。クリスマスイブだって関係なしだ。

冷蔵庫に洗濯機を搬出し終わると家はすっかり生気を失い

長い時間見ない事にしておいた壁の裏側には何かの

因縁の歴史のようにびっしり汚れがこびりついていて

それは明らかに私達だけのものでなく

この家を貸してくれたオーナーからの年代物であるにも

関わらず、なんだかこれを綺麗にしてしまうのが

私達の使命であるように感じられた。

殆ど不可能に思われるほどこびりついた汚れが

少しずつ頑固さを和らげていくのを見るのは気持ちよかった。

これが私にとっての今年の、そしてきっとある意味では

人生の大掃除だったのかもしれない。

そうこうするうちに家は本当にすっからかんになった。

クリスマスがやってきた後だった。

 

クリスマスの余韻に浸る間もなく子供たちを動員して

最後の大掃除にはいる。

あちこちにある蜘蛛の巣をとり、窓の桟のほこりも床の

ぞうきんがけもぬかりなく。

はじめは「もうこれくらいでいいじゃ〜ん」って

言ってた子供たちも最後は真剣になって

「自分が住みたいと思う家にしてください!」との

私の指令通り、はたまた恩返しと思ってか

ぴかぴかにしてくれた。

有終の美をかざるという良い言葉が日本にはあるけれど

やっぱり気持ちのいいものだ。

大雨の過ぎた後のブラジルはうだるほど暑く

この日もプール日和。

そうこのコンドミニウにあった共有プールとも今日で

お別れ,ということで最後は

夏休みでみんな旅行に出かけてがらんとしている

コンドミニウで貸し切り状態のプールに

「おつかれさまでした〜!」と言って飛び込んだ。

ちなみに私はと主人は水着を持ってなかったけど

パンツとブラで飛び込んだ。もうやけくその楽しさだった。

また夏がやってきたのを今年になって初めて感じた。

 

がらんと片付き静まり返った家とは対照的に

新しい家はカオスの状態が続いている。

けれど年末差し迫る今でもようやく台所でなんとか

食事を作れるようになったのはありがたい。

そして何故か子供部屋は早々に片付き子供たちは

既に新しい家の庭で探検を始めている。

 

新しい家、違う国、いつもと違う場所であっても

はたまた長い旅行から帰ってきた後の気持ちもとても

似ていると思うのだけど

私は台所が動き出すと我が家になった、帰ってきた、と

感じる。

前夜の疲労を引きずっている朝にめちゃくちゃに

散らかってる家の中を横目に台所でお番茶を

わかす。

家一杯に番茶の香りが充満するとここはブラジルなのか

日本なのかなんてもうどうでも良いような気がする。

「ここは我が家だ。」

 

こうしてまた我が家が動き始めた。

前の家からちょっとしか離れていない引っ越しなはずだけど

なんだかすごい大きな変化だったきがする。

というよりも、ひょっとすると

なんだか大きな変化の前なのだろうか。

いや、今はそんな事は宇宙しかしらないけれど

こうして人生はまた何処かに流れて変化して

進んでいくのだろう。

 

引っ越しを持って終了した2014年と言う

もう一つの激動。

全てのことにありがとうさようなら。

そして来る2015年に

新たな出会いに

こんにちは、よろしく!(お手柔らかに=)

 

皆さんもどうぞ良いお年をお迎えください!

 

 

 

 

 

 

コメントできません。