新しい場所

ようやく年末の引っ越しのカオスが一段落し

家の中の段ボールが随分姿を消した。

新しい場所で暮らしが始まったんだ。

やっとそんな気分になってきた。

 

新しく住み始めた場所は知り合いの家だったので

前からなんども訪れた事があったから

引っ越したっていうかんじでもないはずなのだけど

やっぱり新しい場所っていう緊張感は気持ちいい。

 

前の家のワイルドさと違って今度の家は何となく

こじんまりしてるので使い勝手がいい。

庭もブランコやハンモック、果樹があったりして

結構遊べる。

お楽しみはアボカド。もう沢山実をつけていて

後数ヶ月で食べごろ。

この家のアボカドは世界一美味しいって思ってるので

もう嫌ってほど食べてみようと思っている。

そして今ではブラジル到着時のあの興奮も忘れるほどに

なったマンゴーももちろんざらんざらんなっている。

楽しみにしなくなるほど食べれそうだ。

きっと熟れたら全部たべられないからグリーンマンゴーの

チャツネを作ろう!(こうしてまた自分で仕事を増やす;)

後ろにはちゃっかりハンモックにのってる碧君がいたりして。

そしてブラジルに来てからず〜っとやりたいと思いながら

今まで出来ずじまいだったミニガーデン。

日本と違って種まきゃ育つってことの無いブラジル。

なぜって?すんごい蟻がいるからです。

すんごい頭が大きくて赤いありがいて

それが全部葉っぱを切って運んでいってしまうのです。

その他いろんな種類の蟻がいてとにかくちょっと目を離すと

すぐに食べられてなくなってる。

しかもお日様がつよすぎて日向に何か植えるとすぐ枯れる。

水を一日2〜3回まかないと死んでしまう。

そりゃそうさね。もともとここは熱帯アマゾンだったんだから。

本当は木が茂って日陰のなかで植物が混在してるはず。

可愛いレタスや野菜なんか育つ環境じゃないもんね。

それこそ毒虫、毒やとげのある植物だけが生きのび繁殖する

めっちゃ弱肉強食の大自然だもの。

いまなんてまだまだ生易しい環境になったのだろうけど

それでも十分すんごいとこです。ブラジルって国は,自然は。

日本から来たときは日本の田舎のつもりで

「種まいて〜畑やりたいなぁ〜」なんて夢を描いていたけど

いやぁ甘かった。全然ちがう。日本と。

ともあれそんな自然界のギャップもあって尻込みしていた

自家菜園。やっぱりここでも菜園は無理だけどハーブガーデンくらい

ならできそう!と早速作ってみました。

なるべく日陰で、なるべく蟻がいない場所。

目が行き届く場所。選びましたよ。

がんばれハーブ達!

そんなこんなで今は朝晩の水やりが日課。

そして蟻チェックが日課=)蟻さん手強いのよ。ほんと。

はたしてハーブ達はうまく育つのだろうか。。

楽しみだ。

 

こうして我が家の新しい家での暮らしが2015年とともに

はじまりました。

さて今年はどんな年になるのかな。

一杯遊んで一杯学んで,元気一杯楽しい一年と

なりますように!

 

1 コメント

  1. よしの

    お引っ越し、お疲れさまでした!ゆにおくんが大きくなってる~うちの下の娘もおしゃべりするようになってきました。ブラジルのお正月や畑事情、興味深いです。そしてみんなに支えられて生きているということ、私も最近ひしひしと感じているもので、激しく共感しました。今年もよろしくお願いします!!