日本滞在記その2 懐かしい場所

家族との時間はあっという間に過ぎてゆき、

その後は駆け足で懐かしい場所へ。

まずは子供たちの母校シュタイナー学校のある町へ。

折しも大雪警報の日だったのですがなんとかたどり着きました。

美しい雪に映える母校の写真はないのですが

数年ぶりに会えたお母さん仲間達が暖かく迎えて

くださいました。

学校を去ってからもうずいぶんと経つのに不思議と

この絆はいつまでも一緒。

大きくなって見違える姿となった子供たちに驚きつつも

嬉しい再会を果たしたのでした。

お土産に友人の始めたパン屋さんのパンまでいただいて。

おなかも心も満たされた一日に。

そしてとうとうやってきました。

オーガニックベース「間間」でのクッキングクラス。

私にとっては心のふるさと。

こんな素敵な場所になってました。

新しくなったのに「帰ってきたぁ!」という気持ちがする上に

いつもご一緒するアシスタントさんのお陰で一年半のブランクを

感じさせてないほどスムーズな進行。

そして初めましての生徒さんとともに

懐かしの生徒さん達にも大勢お会い出来ました。

それぞれの時間を歩んでた離れた時間も

ここに来てみんなの顔をみたら

すっとんじゃうみたいな気がしたな。

ちなみにみんなで作ったブラジルの定番料理。

でも日本で盛りつけるとなんだか日本風に見えるのは

箸のせい?=)

ともあれ、

来て下さった皆様どうもありがとう!

またクッキングクラス二本目ではシュタイナー学校の

先輩ママでもあり、米粉マイスターの陣田靖子さんこと

ヤスミン先生もいらしてくださり、久々の再会。

今度来日するときはコラボしよう!と盛り上がりました〜

そしてそんな流れもあってか、このクラス、ブラジル料理はさておいて=)

シュタイナー教育で育った方が生徒さんでいらっしゃったりもして

子供側の経験談を伺ったり、菜食子育てとシュタイナー教育

などについての意見交換などで盛大に盛り上がりました。

こうしてクラスに来て下さる方同志とのつながりや

料理だけでなくここで交わされる情報交換なども毎回

このクラスの楽しみにお一つでもあるのです。

子育て第二サイクル真っ最中のわたしもとても参考になりましたよ。

 

それからは雑誌の取材に撮影に,ラジオの収録にと

短い時間に都内を駆け巡り忙しくしておりました。

ラジオの放送日や雑誌の発売日はまた後日ブログにて

ご報告するとして、

なんとラッキーにも前々からお会いしたかった

種まき人で布作家の早川ユミさんもちょうど東京に

いらしたのでお会いすることができました。

こちらも次は何かご一緒しましょう!と意気投合。

そんなこんなで既に次の帰国が楽しみです!

気がつけば3週間ほどの滞在はあっという間に過ぎて

最後の一日に。

その日は長女の通っていた自主運営幼稚園のお母さん

仲間と久しぶりに、あの頃いつも通っていた公園で

集うことになりました。

晴れているとはいえまだ寒い2月の何も無い公園に

たどり着いたときにもすぐにわかりました。

あの寒空のしたでもうすっかり受験生の年齢になった

大きな子供たちが敷物をしいた大きな樹の下で

集まっている。「あれは絶対仲間だわ! 」

ちびっこかった子供の姿は見る影も無く

みんなすっかりお姉さんお兄さんになっていても

あの頃とおなじようにおなじ場所で集う私達。

嘘みたいに変わらない景色のなかで、子供たちだけは

すくすくと育ちすっかり大人の面影までみせているなんて。

あの頃想像もできなかったなぁ。

私の自然な育児、自然な食事、自然な暮らしがはじまった

この場所で、あの仲間達と、全ての始まりの場所で

再会出来たことはなによりも嬉しかった。

 

 

きっと今、ちいさいお子さんを抱えて育児に奮闘している

方も沢山いらっしゃるでしょう。お母さんとして

思うように行かないことも沢山あるでしょう。

でもね。

わたしは今、幼児期の大変さが愛おしいほどありがたく

思い出されてなりません。

あれだけ真剣に子供に向き合い、自分に向き合い、ときどき

めげて、時々頑張りすぎて、バランスを探して

バランスを失って、気がつくと平穏な日々を送っていたり。

そしてまたある時嵐のような時期が訪れたり

そんな毎日を精一杯子供たちと過ごしたあの時間が

今では私の人生の誇りとなり、子供たちとの強い絆となっているから。

だからこそ今奮闘しているお母さんがたにもたっぷり

幼児期の子供との時間を,葛藤を楽しんで味わって

もらえたらいいなぁと思うのです。

そしてそんな時間がまた私にもユニオと共に戻ってきたのだなぁと

思っています。

そしてあの時を一緒に過ごした戦友のようなお母さん達

だからこそ、どれだけ時が経ってもこうして

あのころと同じように、お互いの子供たちを囲んでお互いを

囲んで輪になっていられるのだと言うことに

私は心から感謝しています。

 

時間を重ねて,色んな道のりをへても

懐かしい場所が今もここにある。

私の中の沢山のふるさとに出会えた日本滞在でありました。

 

 

 

コメントできません。