母の日でした。

今年もやってきた母の日。

感動的だったブラジルで初の母の日だった昨年。

今年は前日から「明日は母の日だよ!」と宣言されていたので

ちょっとわくわくしていたのですがこれがまた

姉弟それぞれの個性が見えるお祝いとなりました。

 

まずはやっぱり律儀な双子のあおくん。

前日から「ねぇママ、明日何時に起きたい?目覚ましかけて

一緒に起きるからさぁ」と朝一のプレゼントを狙います。

時間を伝えたのに結局私が目覚ましよりうんと早く起きてしまって

台所でがさごそしていると、はたっ!と目を覚まして

早速台所にやってくるあおくん。

「ママ〜時間より早いじゃ〜ん」といいながらも、既に背中に

プレゼントを隠してある様子。

「はい。母の日おめでとう!」といって嬉しそうにプレゼントをくれました。

最近学校で真剣に取り組んでいたクロスステッチのしおりと素敵な絵。

いやぁやっぱりうれしいですね。こういうのって涙腺ゆるみますね〜

そしてそれを横目で見ていて「私も!」と現れたのは次女。

「はい!」っていって威勢良く渡されたのは自作の詩。

頭文字をあわせると「ひ、と、み」になるように仕組まれておりました。

いやぁ〜これまた感激。

嬉しくってついつい主人に自慢。そのときふと気がついたのは

後の二人はどうした?と。

でも後の二人、つまり長女と双子のみどりは何食わぬ顔でいつもの

朝を迎えておるようで。

「はぁ、そうですか。まぁそれはそれで。」ってなかんじで

去年と随分違う母の日だけど、まぁいいやって思っていると。

その日の午後になにやら台所で次女と長女がどたばたしています。

何事かと思うと,二人でケーキ作りに取り組んでいるではないですか。

前から作りたいから材料買っといてって言われてたあのケーキのようです。

本物の!レアチーズケーキです。豆腐とかじゃないんです=)

はい。長女はアンチもどき料理なのです。もどきが大嫌いなのです。

ともかく、いつしかどたばた料理も静かになって夕飯のあとには

いよいよあの本物レアチーズケーキを頂きました。

「ママ、これブログにのせてね!上手に作ったんだから!」と

言われたものの、いざカットしてみると「下が固くて切れない。。あ、こわれた。。」なんて

ハプニングが続きまして、まるでローマ遺跡崩壊のような見た目のケーキに

なったのですけどそれはそれで楽しく、おいしく。

そして私にくれた一切れは一番きれいに切れた物を

くれるという心遣いもうれしく。

あんなに張り切ったのにぐちゃぐちゃになったケーキに半笑い、半泣き。

でも結局みんなで大笑い。あぁ善きかな、楽しい我が家。

ともあれ皆すっかり満腹でそろそろ眠りにつこうって頃になって

寝室にやってきた坊やが一人。

そうです。みどくんです。

我が家では色んな家事を子供たちと分担しておりまして、家事のサイクルが

二ヶ月単位でかわるシステムになっているのですが

5月からは双子のみどりがお洗濯取り込む、畳む、その人の部屋まで持っていく、

の係になっていました。

一応係は決まっているのですけどね、やっぱりそう毎日うまくいく

もんではありませんよ。「洗濯係が遊びにいっていません!」という

事態も頻繁で、「洗濯物係がソファに取り込んだ洗濯物をためていて

はくパンツが見当たりません!」という苦情もしばしば。

そして当の洗濯物係は「だっておれ一人で毎日なんてやだよ〜」って

それを皆で当番で回してるんでしょ!って基本的にこの

お手伝いシステムが理解できてません発言もあったりして

これまた毎度一悶着なのですが。

それがね、母の日の夜にもう寝ようかと思ってたら寝室を

「コンコン」とノックするわけですよ。そんで「どうぞ」って

いったらなんとまぁ、洗濯物を畳んだ山をもってみどりが部屋に

入ってくるではありませんか!

洗濯物係になって一週間ちょっと。実はこの日が初めて

畳んだ洗濯物を部屋までもっていく。という終いまでを

やり遂げた日となったのでした。

それにはついつい「おぉ。。。!洗濯持ってきたの?すごい!」と

マジで褒めてしまいました。

すると案の定嬉しそうに鼻を膨らましながら何も言わずに

部屋を立ち去るみどくん。

母の日最後の贈り物はこんな形でやってきたのでした。

という訳で、母にとっては子供の成長がなによりの贈り物なんだなぁと

しみじみ嬉しい今年の母の日なのでありました。

 

 

 

1 コメント

  1. yamada

    ええですねぇ、、、
    母冥利に尽きる母の日ですね〜
    子どもたちの、それぞれの成長が楽しく感動ですね〜
    わたしも早くお母さんになってみたいです!笑
    その前に、お母さんにうんと感謝します!!