海を渡って

とうとう私の手元にやってきました〜

遠く地球を半周して

海を越え〜山を越え〜

税関を通り過ぎ〜=)

やってきました、私の本!

『ブラジルの我が家 Família no Brasil!』

生まれたての赤ちゃんに対面するように

「ようこそ!」なんつってご挨拶したりして。

本を一つ作るのって毎回思うけど産むのと同じなんだなぁって。

みなさんにすこし遅れをとってですが

私の手元にやってきてくれた本。

ただの本だけど、本も出会いの一つだね。

全てのことにありがとう〜!

ブラジルよりお手に取っていただいた方が

楽しんでいただけていることを願っています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

さて、今週もアップされました。幻冬舎plusの

「日登美のブラジル食便り」

今回は冷やし中華です!

 

 

4 コメント

  1. 木村

    日登美さん、私もご本を手に入れました。今日、二子玉川のデパート内の大型書店では日登美さんの本が棚の最上段の目立つ所に置かれていましたよ♪これから楽しみに読ませて頂きます。

  2. 日登美

    木村さん、嬉しいご報告ありがとうございます!
    楽しんでください〜=)

  3. ゆめこ

    今FMヨコハマを聴いていました。
    モデルで料理研究家のひとみさんて、よくリンカランなどで目にしていたあの日登美さんかな?と思いながら聞いていましたが、お子さんがたくさんいらっしゃると聴いてわあ!きっとそうだ!いつの間にブラジルに!?と驚きました。

    ブラジルの方がよく使うという言葉、すごく便利な言葉ですね。
    ここ数年おすもうが好きでよく見ていますが、とっても明るくてマイペースなブラジル出身の魁聖関の雰囲気、そんな感じだ…!ととても納得してしまいました。
    子たちと生活して行く上でどしんと構えたお母さんになるのに、一つの力になりそうな言葉だなと思いました。

    本も読んでみたいです!
    二子玉川の本屋さん、自転車で近いので、私も行って見ます♪

    一つ前の記事、大根とお魚、パパイヤとお肉、なるほどなあと読みました。

  4. 日登美

    おぉ、ゆめこさん、ラジオ聞いて下さったのですね〜ありがとうございます。
    いつの間にかブラジルにきちゃいました=)

    お相撲さんの話面白く拝見しました。わたしもちょっと見てみようとおもいます。

    本もよかったら手に取ってみてくださいね。連載もみてくださってありがとう!