種を繋ぐ

GWいかがお過ごしでしょうか?

先週GWの前半はオーガニックベースで「種市」がありました。

日本の古来種の種を紡ぎながらお野菜を育ててくださっている

方々を中心にオーガニックベース主催で行われたイベント。

ファーマーズマーケットあり、トークショーあり。

久しぶりにいったベースカフェでは

古来種の野菜や豆を使った料理が食べれておいしかったなぁ〜。

(ナイスな形の人参に注目!=)

そのなかの一部でわたしも古来種のお野菜をつかって

親子ピザのクラスをしました。

 

当日朝から、教室で古来種小麦でとった小麦粉を天然酵母で

捏ね、発酵させ、届いた元気なお野菜達に感動!

みてください、この元気なこかぶ。

鮮やかな紫色と葉の緑の若々しい事!

見るなりさっとゆでてこの子をメインに今日のピザを組み立てます。

茹でたてをアシスタントのみなさんとパクリ=)味見も大事だも〜んって

甘くてほろ苦くてとてもおいしかった〜

出来たピザはこちら。

この日のメニューは

手前が「古来種九条ネギで作ったネギ味噌ソースのピザ」

古来種のジャガイモをたっぷりのせて、ネギも、コーンもトッピング。

子供たちの喜こぶ味に仕上げました。

奥にあるのが「グリーンソースのピザ」

こちらも古来種ののらぼう菜をメインに緑の野菜のソースを使って

古来種たまねぎとあの美しいこかぶをトッピング。

グリーンソースっていうと子供が苦手かなぁって思うけど

これは今や雑食!の我が家の長女も「ちょ〜うまっ!」(言葉わるいですねぇ。。=)

のお墨付き。

当日も来てくださった子供たち2歳くらいから10歳くらいまで

み〜んなたべてくれました。

 

この日は親子クラスともあって親より子供ちゃんメイン。

子供たちがおもいおもいにピザ生地を伸ばし、ソースをのせて

具を盛って。お母さんが手伝いながらとても上手にやってくれました。

お天気にも恵まれて、暖かい一日。

教室にはちょっとした庭もあり、子供たちはオーガニックベース園庭=)

にてお花摘んだりしながら遊び、気がつけば大きい子は

小さい子のめんどうを見てあげて、小さな和が出来て。

こどもっていいですね。

お日様があれば外に出る。水があれば水と戯れ

草木があればそれと戯れ一つになれる。

大きい子は小さい子を助ける。小さい子は大きい子をみあげる。

縦割りのシュタイナー幼稚園でもそんなそのままの子供のよさが

活かされていたことを思い出していました。

ともあれ、作って、遊んで、食べて。楽しい一日となったかな。

私もほのぼの幸せになりました。

 

そういえばわたしも田舎に住んでいたときは出来るだけ古来種の

種で野菜を作って取れる種はとっていたっけ。

自然農法をやってみたくて、その辺にとにかく種まいて。

かわいい二十日大根をとったり。

 

とれたての大根に手作り味噌付けて食べたなぁ。

ジャガイモだってわんさかとれた。

いろんな形の野菜があって、いろんな味の野菜があった。

でこぼこしてて美しかった。それぞれがみんな元気で綺麗だった。

雑草も生えて、野菜も出来てた。虫も来て仲良く暮らしてた。

困ることもあったけど、動物もいたし、みんなが生きて

それでも私達が食べれる分はあったし、動物も虫も食べちゃう分も

あったんだろうと思うと。まぁそれでいいじゃんって思ってた。

おいしい物はみんなにとっておいしいってことが面白いと思ってた。

ブルーベリーはみんな好きだよね。甘い野菜はみんな好きだよね。

なんだ。

私達も虫も鳥も一緒じゃんって。ね。

ちいさかったけど、食べ残したジャガイモをうえれば

また芽をだして花が咲いてたくさんジャガイモになってくれた。

土さえあれば種をまいて芽が出て野菜になってくれた。

野菜をほっておけばいつしか枯れて種がとれた。

それをまた蒔いて、育てて食べて、残して、種を繋ぐ。

毎年そうやって我が家に紡がれたいくつかの野菜もあった。

難しい事じゃない。あたりまえのこと。

命が巡るのを毎年眺めて暮らしてたんだなぁって思い出す。

 

私達もそうやって生きている。

おばあちゃんがいて、おじいちゃんがいて。

お母さんお父さんがいて、私達が生まれて。

誰かとであって、縁があって命が生まれて。

子供が育っていく。子供もいつしか誰かとであって

何処かでお母さんやお父さんになるだろう。

生みたいとか、生みたくないとか、生めるとか、生めないとか

そういう事を飛び越えて、命は在るべきように繋がれて行く。

いろんな色が混ざるように。いろんな世界と出会って

色んなひととであって。

南のひとも、北の人も、東でも、西でも。

アジアでも、ヨーロッパでも、アメリカでも、アフリカでも。

命は同じ。

動物だって、植物だって、人間だって、生きてるのは同じ。

命はそうやって紡がれて、つながって、広がって行く。

 

 

 

「種市」で子供たちとクラスが出来てよかったなぁと思った。

何度かあったことある子も、初めての子も。

まだ赤ちゃんの子も、大きい子も。

ここでみんなでであって、みんなの成長を見せてもらえて。

それぞれの場所でそれぞれの命が愛されて、守られて、今日もすくすく

育ってるんだって思った。

わたしもそうやって、子供たちを愛して、守って育てて行くんだろう。

それは私の意思とも関係なく、もっと大きななにかに動かされて

私もその一部になってその役目を果たすんだろう。

生きてるってそういう事なんだろう。

 

 

 

 

コメントできません。