誕生日会

先日娘の好物のバナナマフィンを一杯焼いて

末娘の誕生日会で保育園に行ってきました〜

こちらのマフィン。我が家のちびたちの一番人気。

砂糖を使わず、バナナと少しのメープルシロップの甘みに

小麦粉はスペルト小麦で作ります。

卵なし、でもフレッシュなオーガニックバターを加えて

なんとも素敵な薫りを放つ自慢のマフィン。

今日は特別に、ラズベリーをアガベシロップで作ったジャム

と一緒にトッピング。

保育園向けなので、あくまでもシュガーフリーにはこだわります=)

ご覧の通り、どのお子さんにも大人気=)

もう食べていい?!まだダメ!の様子が可愛かった〜

 

誕生日の朝に保育園に行くと。。

「おめでとう!2歳だね〜!」と先生達が次々と

娘にハグ=)

実際、誕生日って何かもわかってない娘は、「?」と

不思議顔。でも今日はなんだか私特別らしい、というのは

分かった様子。

おめでとうの嵐のあとに先生は私のところにやってきて

「日登美おめでとう!お母さんも2歳おめでとう!」って

一緒にお祝いしてくれました。

子供の誕生日って実は、お母さんにとってもお母さんになって

何年目、の誕生日なんだよね。

 

最近思うのだけど、先日のお弁当の記事にもかぶるけど、

子供の誕生日、子供のために、子供の勉強〜学校〜って

いろいろ子供の為にやってるとおもってたことって、以外と

自分のためでもあったりして。

子供におめでとう、っていいながら。子供がありがとうって

いいながら、わたしも自分におめでとう。そして元気に育って

くれて、育てさせてくれて、周りの皆様にも、ありがとう。

そんな気持ちになるのがお誕生日だなって。

子育てって親からの一方通行じゃないんだよね。

 

まだ2歳で誕生日を喜ぶとか、プレゼントが嬉しいとかいう

年でもない娘。

しかも当日はパパは出張で起きたらいない。

子供5人とわたしだけ。その日は保育園のマフィンだけで

家では特別なことは何もしないなぁって思ってたんだけど

夜になって上の子がみんないて、お夕飯のあとになって

ロウソクを灯そうよ!ってことになり。ロウソクをつけたら

皆が輪になって末っ子を囲み、誕生日の歌のカノンをはじめ

ました。

まずはドイツ語で、カノン、そして日本語バージョンで。

そのあとに英語でハッピーバースデートゥーユーの歌を。

次にそのポルトガル語バージョン。最後はやっぱりドイツの

誕生日の歌でしめる。

かれこれ5分くらい歌ったの?我が家の誕生日ソングは

いろ〜んな国の言葉と歌で祝います。

さすがの娘もこれには大喜び。思いがけないプレゼントとなりました。

形のないプレゼントっていうのもいいよね。

その後、今は日本に住んでるお姉ちゃんからも誕生日カードの

サプライズもあったりして。

子供たちの想像力と行動力で思いがけず心に残る

2歳の誕生日となったのでした。

 

 

2 コメント

  1. yoshi

    おめでとうございます!
    我が家の息子はもうすぐ中学生なので、自分の時間が持てるようになりましたが、小さい子がいるっていいなあ…なんて最近思います。
    手作りおやつ、やっぱりいいですね♪♪

  2. kaori

    娘さん、かわいすぎる~ :-) !

コメントする