課外授業

子供の通ってる学校では時々週末に課外授業がある。

キャンプ付きで陶芸をしたり、農場に出かけたり。

だいたいみんな家族皆で参加する。

ランチはポトラック。みんな好きな物をたっぷりもってくる。

大勢で出かける遠足の中で遊ぶように学ぶ子供たちはとっても楽しそう。

先週は5年生の次女のクラスで紙を作る課外授業があった。

我が家から来るまで20分ほどの場所、クラスメイトの実家で

バイオダイナミックの畑とシュタイナー教員コースをやってるコミュニティ

にて。

まずはみんなで散歩。

遠くにみえるのは湧き水のプール、広い敷地には畑、動物、

果樹、池などが。

こちらも湧き水の水飲み場を利用してビオトープのようなものを

作ってあった。パーマカルチャーの要素もあるみたい。

お水は冷たくて美味しい!

こんな素敵なおうちも。

軒先の青いバナナがかわいい。

そしてあたりを歩き回ったあとは、水辺で植物のデッサン

を始める子供たち。

ブラジルの蓮の花。

この蓮の花の池の端に生息している背の高い植物を刈り取って

紙を作ります。大人達は刈り取る作業をしつつ

子供はデッサンをしつつ。お天気がよくて最高!

初めて見たこの植物。インテリアにもいいよね〜と話してると

素敵だからといって根っこからほって

家に持ち帰る家族もいました。

家で植えてみるって=)さすがやることがワイルドだ。

 

さて、いよいよ今日はここで紙作り。

 

 

先生の話しをよく聞いてみんなで手分けして作業をすすめます。

さっき刈り取った植物の茎を皮をむいてお酢につけて

手で割いていきます。

 

 

お次はいよいよ二人一組で紙を織り上げます。

この二人、大の仲良し=)

几帳面で誰より美しく作るのは二人とも大得意!

私の出る幕もなくただ見守るだけ。

先生にも「Muito Bem!」とほめられてました。

 

 

 

あとはこの織り上げた物をプレスするようで

出来上がりはまた後日。

どんなのができるのかな〜

ともあれすっかりおなかがすいた子供たちは

ポトラックを堪能し早速向かったのは

あの湧き水プール!

自然の石や岩で囲んで湧き水をためたプールは

最高に気持ち良さそう。

岩からの飛び込みはみんなどきどき。

最初は怖くてためらってた子もいたけど,最終的にみんな飛び込む!

ドキドキしてた次女もやりました=)

 

昼下がり、皆の手作り御飯で満腹で

子供たちは散歩したり、プールで遊んだり

大人達は芝生の上で、食堂で、

食後のケーキをつまみながらのんびりおしゃべり。

あぁなんてリラックスした休日なのでしょう。

 

子供の課外授業でも家族みんなでやってきて

のんびり時間を過ごすのがブラジルスタイル。

先生だってパートナーも子供も連れてきます。

食事をしたら、必ずデザートも用意してあって

ゆっくり食べながら一杯おしゃべりして。

だれも酔っぱらったり、イライラしたりもしないで

みんなリラックスの仕方を良く知ってるなぁと感じます。

楽しむ事が上手、のんびりとする事が上手。

日頃の忙しさを微塵も感じさせない大人達。

それがブラジルスタイル。

 

こうして休日にエネルギーチャージしてまた一週間がはじまるのです。

 

2 コメント

  1. aki

    こんにちは。大自然のブラジル・・・私もいつか行ってみたいです。
    日登美さん、ブログの内容とは違いますが、私は30歳少し前ですが、
    Yogaの先生になりたいと思っています。日登美さんの影響もあります。
    アシュタンガがお勧めですか?それとも他にお勧めな人生を通してのYoga
     Styleはありますか?

  2. 日登美

    akiさん。お返事おそくなりました。
    ヨガの先生についてですが、私はアシュタンガヨガしか練習していないので他のスタイルの事はちょっとわかりませんのでもし練習を始めてみて気に入った物があればそれを続けられると良いと思います。私にとってはアシュタンガがとても心地よいのです。
    そして、私の考えではとくにヨガは普通の習い事と違って心からだ精神の統一や、マインドをコントロールすると言った瞑想が本質にあると思っています。もしかするとそれ以上のものかもしれません。なので先生になろうと思って練習を始めるというよりは,自分がこの練習を進める事が好きでやりたくて始められる方が良いと思っています。そうでないとあとで自分が苦しくなるのでは、と思うのです。
    そして自分の練習を進める,続けることは自分の人生をより深める事につながり、いつしか時が満ちてその必要があればヨガを人に伝えるという先生としての役目が自然と外から与えられる物ではないかと思っているのです。ちょっと変な言い方かもしれませんが私は教えるという事は周りから自然と求められるときまで自分の練習を続ける事だと思っているのです。もちろん教えるようになっても練習は続きますが(ヨガも料理も一緒かもしれません)
    もし肉体的な練習を教えたいのならフィットネス的な先生になるというのも良いかもしれませんね。ともかく、自分のやりたい事をやられると良いと思います。きっとじぶんがこれはずっとやりたい!ということとの出会いがあるだろうと思います。
    良い出会いがあると良いですね。
    そしてそれがご自身の人生を進める助けとなることを願っています。