豆腐と日本

大好きな穀物コーヒーにまったりとした豆乳を

注いでお茶の用意をする。

 

日本にいれば至って普通の午後のひとときだが

ブラジルではこんなひとときを至福と言わざるを得ない。

なんてったって,まず穀物コーヒーはここでは売ってるのを

見かけないから大変貴重な代物。

手に入れるにはドイツルートで飛行機に乗せて持ってきてもらう

ことになるという密輸気分すら感じられるこの穀物コーヒー。

そう簡単に飲む訳にはいかない。

けれど一度開けた缶を大事にしすぎてあまり長い間放っておいて

いざという時に湿気ていた。なんて事になったら悲劇なので

その辺のさじ加減も加味しなくてはならない。

 

 その上我が家の近所では豆乳すら売ってない。

豆乳と言えば訳の分からん添加物と甘味料や砂糖や

フレーバーや色々入った物しか売っていないのだ。

これは牛乳代わりに料理やお菓子作りに豆乳を

使いたい私としてはかなり頭がいたい。

以前はなんとか無糖の豆乳が買えたから何かの間違いだろうと

思い、何件ものスーパーを回り

「いや、きっと来週になれば入荷するだろう。」と

淡い期待を抱きつつもう半年が過ぎた。

ブラジル人は無糖豆乳は飲まないのか?

無糖豆乳が無くて料理は困らないのか?

地震のときや停電の時に懐中電灯がないと困るように

毎日無くてもいいけれど、いざという時

無いと困るもの、豆乳。

半年は長い。長過ぎる。

私はとうとうしびれを切らして自分で豆乳を作る決心をした。

そしてその記念すべき第一作目の豆乳がこの

穀物コーヒーラテに注がれたのだった。

 

まだ生暖かくとろっとクリーミーな仕上がりの豆乳。

2リットルほど出来た豆乳を満足げに眺めつつ

「煮て食おうか、焼いて食おうか」と鬼婆が

小僧さんをなめ回すように思案に暮れるもまた一興。

早速以前からやってみたかった豆腐を作り、残りの豆乳で

久々にマクロビ仕様のレモンクリームのタルトを作った。

初めて作った豆腐は食感こそいまいちだったものの,味は

あの懐かしの日本のまめまめしい豆腐の味。

ブラジルで売ってる豆腐は「豆腐」の顔をしていても悲しいかな、

やっぱり何処か豆腐ではない。

その点、豆から出来上がって姿を現したこの自家製豆腐は

郷愁の思いが込み上がるほど日本の味だった。

 

それにしても、豆乳にしろ豆腐にしろ,いざ自分で作ってみると

なんて手間がかかるだろう。こんなすばらしいものを

1つ200円くらいで売ってくれてるなんて日本の豆腐屋さんに

感謝状を送りたいほどだ。

日本を遠くはなれると日常のそこここで、

日本文化のすばらしさ、ありがたさに行き当たる。

そしていままで見えなかった姿を見た時に

遠く離れたこの地からどうかこの文化が消えないようにと

祈りたくなる。

こうして外国の不便のなかにあることで、

豆腐を作るチャンスを得て、

豆腐のおいしさを味わい、日本食のすばらしさを改めて

感じることができたことはありがたいことだと思う。

当たり前のありがたさと愛しさは

ある時には気がつきにくいものなのだ。

きっと日本人は一生に一回くらい豆腐を作り、味噌を作り、

納豆を作って,梅干しを干してみたら良いと思う。

自分の国の食べ物を自分で作ってみる。

たったそれだけのことで海外にいなくても

きっとなにか大きな発見を自分の内側にも外側にも

出来るんじゃないかと思うのだ。

こうして今日も日本の裏側で私の台所は日本の風を感じながら

紡がれている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10 コメント

  1. ゆうこ

    日登美さん、すばらしい!
    私は田舎暮らし(移住組)なのですが、そのへんに住んでるおじいさん、おばあさんは、当然のごとく梅干しも味噌も自分で作られてます。もちろん家に梅の木があって、畑で大豆を作って。コンニャクイモからコンニャクつくったり。お正月の門松やお飾りも手作りで、材料は山からとってくるし、とにかく、そのへんのもので何でも作るのです。日登美さんの手に入らないものは作るしかない!と実践されている姿、とても逞しくて素敵です。

  2. Anonymous

    私はオーストラリアに住んでます。もちろん美味しい豆腐がなく、自分で作り始め、にがりもなかったので、代わりに海水で作りました。これがミネラルたっぷりで甘くて美味しいです。とても美味しいくできたので、ちょっとの間お裾分け気分でファーマーズマーケットで豆腐売ってました。麹も味噌も納豆もキムチもなんでも手作りです。手間はかかるけど、スーパーで買って食べてたものよりも、とっても温かく美味しいのですね。

    きっと日本にいたら、きっと作ることはなかった気がします。海外で住み始めて日本がもっと大好きになりました。

  3. aki

    前の記事、夏休みが終わる。。を読みました。日登美さんは何か楽器惹かれますか?
    それから、牛の群れを見てビックリ!!
    そういえばブラジルは動物がおおいのでしょうか?
    日本のように動物園とか水族館のような場所があるのでしょうか?
    なくとも野生の動物が沢山いのですか?

  4. ともよ

    素敵です!
    わたしは牛乳より豆乳派だから、豆乳が無いと大変!

    最近はどんな食事やデザートを作ってますか?

    暑いと玄米が進まないことがあるのですが、どんな食べ物でチャージしてますか?
    ブログアップ楽しみにしてます✨

  5. よしの

    当たり前に店頭に並んでいて、いつでも買えるので、考えたこともないことでした。一度は自分で作ってみたいと思います!ありがとう、日登美ちゃん!!

  6. 日登美

    ゆうこさん、
    ほんと日本のおじいちゃん、おばあちゃんすごいよね!わたし弟子入りしたいくらいだよ!

  7. 日登美

    Anonymousさん
    すばらしい!!私の豆腐はまだ売るレベルじゃないからなぁ〜。
    しかも海水で?やりますなぁ。わたしももっといろいろつくってみよ!

  8. hitomi

    akiさん。
    私は楽器は残念ながらピアノを少し弾ける程度です。
    主人はピアノやバイオリンなどいろいろできてうらやましいのですが=)

    また私のすんでいるところは普通に動物が一杯みれます。牛や馬は車と一緒に道を歩いてますし、カピバラ、アルマジロ、珍しい鳥やインコ等動物園レベルの動物が日常見かけられるのはとても楽しいです。
    動物園,水族館は、、あるかまだ知りませんが、多分何処かにはあるとおもいます=)

  9. hitomi

    ともよさん。
    最近はこちらは冬なので焼き菓子が多いです。スコーンやパン等ですかね。こっちのスイーツはクリームや佐藤がたっぷりなのでマクロ仕様の自分レシピスコーンがしみじみおいしく感じられる今日この頃です=)
    でも日中は真夏並みに暑いのでスムージーを作る事も多いですね。

    玄米が進まないときは。。実はわたしブラジルにきてほとんど玄米を食べていません;)でも地元で穫れる野菜や果物を食べて、ブラジルならではのお肉も時々食べて、それでとっても元気にしています。土地で穫れたての食べ物を頂くというのはエネルギーチャージにとても効果的だと思いました。なのでできたて,作り立て,とりたて、の野菜や果物を食べてみてはいかがでしょうか?

  10. hitomi

    よしのちゃん。

    うん!作るのめんどくさいかもしれないけど、売ってるのよりうんとおいしいよ!手作りはこれだからやめられない〜=)是非是非=)