3月12日発売です!

日本滞在の日記はしばし後回しにして

今日はいよいよ出版されるエッセイ本について書きたいと

思います!

 

思えば今からさかのぼること数年前の冬。

青山にある、とあるカフェで幻冬舎の編集者である菊池さんと

お会いしたのがこの本の始まりだったのです。

当時シングルマザーであった私はまだ田舎に住んでいて

山からほいさ、と降りてきて入った素敵なオープンカフェの

暖かな雰囲気がとても新鮮に感じられたのを印象深く

思い出します。そして今思うとこの出会いへのささやかな

緊張感とあのカフェの雰囲気がなんだかしっくり

一対になっていたなぁと思い出されてなりません。

まさかあの時はその後、私達がブラジルと日本を隔てて

一つの本を作り上げる事になるなんて露程も知らなかったの

ですけども人のご縁ってのは不思議なものでそれでも

いつしか時が経ち、様々な変化を経てこの本でご一緒

させていただく事になったのです。この時の隔たりこそが

いつも私には人との本当の出会いとご縁を感じさせてくれます。

「あぁ、あの時の出会いはこんな形で実を結んだのだ。」と。

 

 

いざ本が出来上がりを迎える今となっては、こうして

日本の裏側にいながら日本にいるみなさんとのご縁を

繋いでくれるこの本を作るきっかけを頂いた彼女との

出会い、そしてこうして沢山の人の手で出来上がった本を

この世に送り出せるという事はありがたいの一言につきるのです。

そんな出会いとご縁の不思議に始まるエッセイ集

「ブラジルの我が家 família no brasil」は

沢山の出会いとご縁によって生まれました。

 

まぁそんなことをいうと固く感じるのですが

内容は異国ブラジルでのハプニングだらけの1年半を

笑いあり涙ありで綴った入魂の一冊となっております。

そしてこちら本邦初公開!

自慢のカバーイラスト!じゃじゃ〜ん!

 

 

 

どうですの?これ!

素敵でしょう?元気が出るでしょう?

ブラジルの陽気な風を感じるでしょう?(笑)

こちら下田昌克さんのイラストで

ますますラテンな雰囲気のエッセイ集となっておりますよ。

 

この本を読んで困った事も嫌な事も吹き飛ばして

ラテンのノリで毎日を楽しく笑い飛ばして暮らして

行っていただけたらとても嬉しく思います。

ちなみに本の情報は下記にて!

この本を通しての皆さんとの出会いとご縁を

楽しみにしております!

 

「ブラジルの我が家 Família no Brasil!」

日登美 著 幻冬舎刊
2015年3月12日発売 予価1400円+税
本書は臨月のおなかを抱えてブラジルへ渡ってからの一年の
出来事を日登美さんがエッセイと日記で綴ったものです。
異国での出産、マクロビと日本食とブラジルの料理を融合させた
日々の食卓の工夫、思春期の長女の葛藤と家族の絆、ブラジルと
いう国のおおらかさといいかげんさ。
チャーミングで暖かいブラジルの友人たち、サッカーワールド
カップでの熱狂ぶり…。
何もかもが初めての体験である日々を、時に明るく、
時に深く悩みながらも、おおらかに
たくましく過ごしていく家族の様子には、
楽しくの胸を打たれます。
〜リリース文章より抜粋〜

 

 

5 コメント

  1. kitagata

    絶対かいますよー!

    ひとみさんの日本滞在記もまってまーす☺︎

  2. クリスタル

    表紙のイラストも素敵ですね!
    パッと明るい気持ちになります。

    本を読んでブラジルの風を感じたいですね〜
    楽しみにしています!

  3. 木村

    この間予約注文しました。日登美さん流の物事の捉え方、乗り越え方、とっても興味があります。楽しみにしています。

  4. たかもり くみこ

    日登美さん、いつも素敵な暮らしのシェアをありがとうございます。
    さっそく予約注文してきました!
    ますますおおらかに、素敵に、たくましく、美しくなられている日登美さんの「今」を楽しみにしています!
    みんなにもたくさんおすすめします~(^^)/

  5. 日登美

    皆様早速うれしいコメントをありがとうございます!
    もう出来上がっているのであとは出版を待つばかり。
    本作りも出産に似ているなぁ。
    皆さんが喜んでいただける物であることを願います!