8年生劇と新たな旅立ちのご報告

長女がシュタイナー学校に通うようになって8年がすぎました。

とはいえ、日本でのシュタイナー生活が4年。

引っ越しにともなって2年半東京の公立に通いながら週末のみの

シュタイナー学校に通い、再び引っ越しにてブラジルのシュタイナー

学校に編入して早2年。様々な紆余曲折がありました。

こんな選択に色々悩んだ時期もありました。

そんなつぎはぎだらけの旅路ではありましたが日本のお友達よりも

1年遅れて今ブラジルで8年生を迎えています。

シュタイナー学校では1年生から8年生まで同じ担任の先生でクラス替えなし。

8年間を一貫として教育が行われます。その総仕上げというべき最後の

大イベントに8年生劇というのがあります。

 

私達も日本にいる間に何回か上級生達のお芝居をみせていただきました。

まだ一、二年生だった長女をみながらいつかこの子達もあんな風に

大きくなって思い切りお芝居をするときがくるのかなぁなんてぼんやり思った

ものでした。そうして人生の荒波を乗り過ごしながら,私達なりの

旅路を経てとうとう長女がブラジルという土地で8年生劇を迎えることに

なったのはなんだか私にとっては夢か幻のようにおもえるのです。

 

ともあれ、昨日3日間続いたお芝居の最終日を迎えました。

毎日違う配役、毎日違うテンション、リズム、雰囲気。

興奮と緊張の中始まった初日から毎日新しいお芝居をみせてくれた

8年生達。

日本でみていたそれと言葉こそ違えど空気は同じでした。

若さの情熱と、勢い。個性と協調。青春と旅立ち。

成長と葛藤。緊張と快感。命の輝き。

こどもたち一人一人がそれぞれにそれぞれの役の中で輝き、

精一杯その役に命を吹き込むことで役を演じきり、その物語りの

時代を生き、その人物の人生を生き、そのなかで彼らは

一体何を感じ、何を体験し、何を見ていたのでしょうか。

若くしなやかで繊細でもろく強くこれからの人生の荒波を行きていく

若者達。私もかつてはそんな存在だったのだなぁ。

いやいや、いまでもそんな存在なのかもしれません。ただそこに

ちょこっと経験という積み重ねがあるだけなのかもしれません。

けれど確実に我が娘もいよいよこの荒波を生きていく年になったのだと

そういう風に感じました。

8年生という時期になったのだと。

 

ここまで来るのも簡単な道ではありませんでした。

異国での新しい学校生活、言葉も文化も違う人たちのなかで

アイデンティティを模索する日々。いや、アイデンティティなぞ

確立すらされていなかったあの頃に大海原に投げ出されたような

気分だったでしょう。

今でもまだまだ苦しい航海は続いていることでしょう。

8年劇に向い合うという気持ちになるまでの葛藤、

「やりたい、やりたくない。がんばりたい。がんばれない。」

いろんな思いを抱えての日々だったと想います。

だけどとうとうやり遂げられた長女の姿をみて、どんな道をたどってきたに

しろ、どんな思いを抱えているにしろ、拍手を贈りたい気持ちに

なりました。「お疲れさま、よくがんばったね。」と。

まだまだ人生の航海は始まったばかり。劇が終わって全てが終わる

訳はないけれど、確実に何かの終わりと始まりになった気がします。

どうかこの若い命達がよいよい未来を生きていきますように。

よりよい未来を築いていきますように。

そして、私達家族もまた8年生劇を終えた長女の旅立ちと時同じく

して、再び旅に出ることになりました。

二年ちょっと住まわせてもらったブラジルの土地を離れ

主人の古郷ドイツに引っ越します。

ブラジルに旅立つことを決めた時、その先にどんな未来が待っているか

想像もしていませんでした。

そして縁あってドイツに旅立とうとしている私達にどんな未来がまっているか

やはり私達は知りません。

それでもあの時と同じように来るべきときがやってきて、行くべき場所が

再び目の前に現れた。その流れに素直に進んでいこうと思います。

 

そんなわけで年末までにはドイツでの新しい暮らしがはじまります。

さて、どんな毎日が待っているのでしょうか。

今後もブログでも綴っていきますのでどうぞよろしくおねがいします。

 

 

 

 

5 コメント

  1. こぼちゃん

    2歳の長男、2ヶ月の次男を子育てしています。

    2人が昼寝をした午後に、ちょっぴりヨガをして自分の状態を確認してみたり、ヨガをせず甘いものを食べて、少し重さを感じてみたり。

    わたしは2人育児で何かに追われている感があり、でも時間と共に移ろいゆく経過なんだと感じてみたり、日々色々ありますが、ひとみさんは色々ある中で自分の軸がしっかりしているからぶれにくい印象があります。

    まとまらずすみません。

  2. レーズンアイス

    長女さん、8年生劇を演じきられてやり遂げられておめでとうございます!!!
    シュタイナー学校の生徒たちにとって8年生劇を演じることはもの凄く大きいことでこれからの人生の生きる糧になられることでしょう!!!

    ドイツへのお引越し、何事も全てベストなタイミングでやってくる
    ブラジルでの日登美さんご一家の暮らしは、私もわくわくどきどきしながらブログや本を読ませていたいだいています。
    ドイツでの暮らしも新たな世界が日登美さんご一家を歓迎してお出迎えされるのですね!
    ブラジルでの残り少ない生活をご家族様たちとめいっぱい楽しんでお過ごし下さい。
    御身体もお大事にお過ごし下さい。

  3. saki

    今度はドイツ!
    どんな生活が待ってるのか、楽しみにしています~。
    ひとつ前の記事になりますが、ココナッツミート、パラオでは醤油とわさびでお刺身のように食べさせてもらって美味しかったですよ~!

  4. 由美

    日登美さんの長男くん次男くんが赤ちゃんの頃から本、雑誌、ブログなどで日登美さんの生活を見て勇気付けられてきました。ブラジルの生活の様子も毎回のブログをとても楽しみにしていました。そして今度はドイツですね。日登美さんも日登美さんのお子様達もものすごいパワーですね。ブラジルでの生活にしっかりと根を下ろして生活なさって、そしてまた違う国へ。私が住んでいる国はドイツのお隣さんです。なんだか、嬉しい。お腹の赤ちゃんを抱えながらのお引越しお体にお気をつけて。日登美さんのブログ楽しみにしています。

  5. yamada

    どんなことが待っているのでしょうね。
    わくわくしますね!!
    私もわくわく!!自分の人生を楽しみたいと思います。