不便な暮らしと心地よさ。

我が家の台所には日本から持ってきた(ブラジル経由でやってきたというほうが

正しいでしょうか=)台所道具がいろいろあります。

なんといっても、台所は私の城だからそこに一つ一つ愛着のある

道具が、しかも天然素材の道具達がやってきては

新しく住む場所で、特には海外の家で、然るべき場所に

置かれていくのを見るとその度にほっと心が落ち着く気持ちが

したものです。

 

私はなぜか竹のかごやザルが好きでそれらが見える所に

あるとほっとします。

おむすびを入れる竹籠、青菜を茹でた時にあげる盆ざる。

そういうものが台所で、食べ物と一緒にある風景は

なんとも素敵なものです。

その他にもすり鉢やすりこぎで胡麻をあたるとき、味噌を当たる時

飯台に酢飯を作る時、これが木や土でできた器であるのと、

そうでないのとでは天と地ほどの差が有ると思うのです。

何の差かといえば。。それは感覚的にしか申せませんが、いや

敏感な方は味でも差を感じるかもしれませんね。

ともかく、ドイツでもブラジルでも台所で竹や木製の道具を

みかけることはほとんど有りませんのでこのアジア独特の

スタイルも私の心をほっとさせます。

 

天然素材のものに囲まれると都会の台所にあっても、す〜っと

呼吸が深くなるような、自然の中にいるような気持ちになれます。

目に見える姿形、そこからやって来る匂いなどもあるかもしれませんね。

けれどその反面天然素材には不便さがつきまとうのも事実です。

洗った後には木製品ならしっかりと乾かさなければなりませんし、

洗う時にも気をつけ無ければなりません。あまり乱暴に

扱えば壊れますし、金属には弱いし、食器洗い機にもいれられないし

温度差にも弱いです。ドイツの食器や道具はほとんどが食器洗い機

対応である事が重要視されているからその観点でいけばこれらの

道具は大失格です。

だけどそうやって手をかけながら、若干の不便さを感じる所に

実は心地よさが潜んでいることに私は最近気がつきました。

というか、私の主観ですが、人間はある程度の不便さがあるほうが

心地よく暮らしていけるのではないか?と最近思っているのです。

 

便利さを追求し、合理性を追求していくと、その先にあるのは

「もっと」だと思うのです。でも若干の不便であれば

「まぁいいいか。これで十分」という風にある程度満ち足りた

気持ちになりやすいと思うのです。その不便さの加減も人それぞれ

違うと思うのでそのバランスは一概に言えませんが

台所道具のことを除けばドイツでの暮らしは、「若干の不便」が

前提になっているように思います。

 

例えば、電車はちょっと遅れることもある。郵便物はすぐに

届かない。建物にエレベーターが無いことも多い。ペットボトルの

飲み物を買うには25セント支払わねばならず、それを買った店に

返却しないとそのお金は返ってこない。スーパーは基本

ビニール袋はくれない。電車には基本クーラーがない。日曜日は

基本店が休み。基本コンビニはない。

などなど。

日本での暮らしを思い返してみると、まさか先進国ドイツで?!と

思うような事がたくさんあります。

 

でも便利な日本に比べて一般的にうんと暮らしにゆとりがあります。

不便な事は多いかもしれないけれど、その分みんなのんびりと

暮らしています。

便利さが忙しい暮らしを招いて、不便さがゆとりのある暮らしを

もたらしているのは何か変な感じですね。

 

というのも、その便利をするかわりに誰かが働く必要があるし、

ということは皆が仕事をもっとしなくてはならなくなって暮らしの

ゆとりが減ります。またその分電気を使ったり余分なエネルギーを使います。

そうやって自分達の人生の時間や大事な地球の資源の無駄をするくらいなら

このくらいの不便を味わうほうがいい、というふうに

ドイツ人は考えているのではないかしら?そういう考えが中心となって

この若干不便でエコな暮らしが一般的になっているのではないかと

想像しています。

 

天然素材の不便さとはちょっと質は違いますが、どちらにしても

ちょっとの不便によって人の暮らしがいろいろな面で心地よいもの

になっていることは同じだと思います。

 

食卓でも同じだと思うのです。便利を追求してインスタント食品や

加工食品が沢山あります。その反面、家庭の味はどんどん

忘れられています。伝統の味も無くなっていっています。

インスタントが悪いとは言いません。

便利さと合理性というのは人生の中で必要なことが

あるのは確かですが、それが人生の暮らしのメインになっていくと

思いに反して暮らしは益々荒んでいくように思うのです。

 

便利になって、余裕ができて、益々時間を使って資源を使って

日々を削って、家族を削って、我々は一体どこへ向かっていくのか。

忙しいから益々便利な物が必要になって、暮らしや生活がなくなって

季節や時間の区切りがなくなって、益々便利な物が増えていく。

もうそろそろいいんじゃない?と思わなくもありません。

 

忙しいからこそ、ちょっと不便な事に心を向けてみる。

みそ汁を作る。米を土鍋で炊いてみる。

そんな一歩から大きな革命が起こるかもしれません。

もしかしたらこの不便な、めんどくさい作業の中にいるのが

合理的に忙しい毎日より心地よく感じるかもしれません。

 

ともあれ、天然素材の心地よさの秘密は以外にも奥深く

ドイツでの暮らしの不便さもまたありがたく感じる

今日この頃なのであります。

 

 

 

 

 

 

初夏のマクロ

先日、自宅でマクロビオティッククッキングクラスをやりました。

初めましての方もいらしてでしたがすぐにわきあいあいと

楽しい一日に。

なんといってもアットホームは雰囲気がたのしい料理のクラス。

この日の献立は

かぼちゃのコロッケ 味噌とチェリーのソース

揚げ茄子とパプリカの精進出汁浸し

あらめとテンペの甘酢サラダ風

キャベツとフェンネルとリンゴのプレスサラダ

グリルアスパラと枝豆も玄米ご飯 自家製ピーマン味噌と

季節のみそ汁

ココナッツプリン ルバーブとイチゴのソース

でした。

どれもそんなに難しくないメニューですが初夏を思わせる

素材を使ってのお献立。マクロビオティックは季節にそった素材を使うので

食べていてなんだかほっとします。

 

ドイツでマクロ、というと地産地消でいけば日本の味噌や梅干しや

のりや、というのは理にかなっていないかもしれませんね。だけど

今住んでいる場所といままで自分が食べてきた伝統食というのを融合して

いくことが自分の経験上健康的かなと思います。

特に海外在住がながくなるとその土地のものばかりだとどこか

日本人として遺伝子にくみこまれているのか、味噌や醤油や

食べ慣れていた物への愛着は捨てがたく。そしてそれが自分のアイデンティティを

保っていく為にも必要な気がしてきます。

外に出るほど私のように純日本人で(というのは両親が日本人で自分が日本育ち

という意味で)あると「私は日本人なんだ!」と自覚することが多くなります。

そういう時に日々の食事の中に自分の母国の伝統が密やかに存在する

心強さほこらしさ。「いただきます」と口に出すときのなんともいえない

安堵感。自分が自分であることの証明。

なんていうと大げさですけど、自分の国の伝統を今更ながら誇らしく

そしてそれこそがある部分では自分のアイデンティティにも関わっているのだなぁと

言う風に思うのです。

ですからわたしはその土地でそこで手に入る食材で

味噌を自分で仕込んだり、梅干しらしき物をつくってみたり、漬け物を

つくったりできるだけ伝統を自分の手で作り出して、それを日々の食卓に

日々の家族の暮らしの中に根付かせたいと思っています。

 

マクロビオティックの食事というのは特別なようで続けていくほどに

自然な食事だなぁと思っています。

玄米をたべるとか、野菜しか食べないとか、何を食べるかという視点を

経て自分が何を必要としているか、していないか、あるいは

自分は何を食べてきたのか、何を食べていきたいのか、これから

どうしたいのか?という風に自分のルーツを辿りながらその先には

自分のビジョンにつながっていくように食べていく。それを自然界の

変化の中で自分の人生の変化と組み合わせながら自分でアレンジしていく

食べ方なのではないか。という風に今は思っています。

自分が日本人であることはアイデンティティの一部でしかないけど、

それでも確かにそれは存在する。

これしかない、という状況はなくて自分の中には色んな自分がいることも

発見する。

 

最近は専ら陰陽という二つの世界を経て

一つの大きな分けられない世界を感じながら

料理をしたり子育てをしています。

マクロ食か普通食という選択ではなくて

その間の道を悠々と歩きたいなぁとおもったりしているのです。

 

とはいえ、マクロビオティック料理教室やっています(笑)

こんな私が教えているのだから雑談雑学、うんちくが

満載なのです=)

 

 

 

 

 

日本からベルリンへ

日本からベルリンに戻ってはや一週間。時差ぼけとともに

あっという間に時間が過ぎていきます。

 

ブラウンズフィールドのWSでは思い描いていた通り

春の里山は美しく、そこら生えている草を摘みながら食べる、

盛りつけるという都会ではできない贅沢を堪能しました。

予告通り五右衛門風呂にも入り、満点の夜空にまんまるお月さまを

眺めながらのお風呂は申し分無く。(下の写真右側が五右衛門風呂

露天なのです!)

懐かしい匂いのするコミンカでの宿泊は日本で田舎暮らしをしていた

自分の家の匂いにも田舎のおばあちゃんの家の匂いにも似て

心にせまるものがありました。

我が家の一番ちびを野放しにして草の上を裸足で歩く心地よさ。

春の草花のやわらかさ。虫達がそろそろ目を醒すのか、という気配。

久しぶりに自然の鼓動を感じたような時間でした。

 

 

WSにきてくださったご家族のみなさんもまるでほんとにでっかい家族。

私を含めみんなちびっこい子供連れで御飯を作ったりたべたり、

お風呂に入ったり、遊んだり。この地についた感じ。助け合いの和な

感じ。日本独特の連帯感はとても心地よく暖かく、素敵な時間となりました。

やっぱりいいよね、みんなで御飯を食べるって。色んな子供と大人と

食卓を囲むってすごくいいな,と思います。

 

ポトラックもそうですよね

「あら、こんな珍しい物作ったの?」「これ簡単な物だけど。」

「こんなの食べた事無いよ!」「今度作り方おしえて?」とかね。

食べ物が繋ぐもの。同じ釜の御飯を食べるっていうのは言葉以上の意味が

あるように思えてなりません。

今回も一緒に釜の飯を食べて下さった皆様。どうもありがとう!

また一緒に御飯を作って食べましょう。そのときはこどもらももっとうんと

大きくなってるね。そんでもってきっと子供の数も増えてるかもね?なんてさ。

私はもう増やしませんよ!(笑)

 

そしてデコさんとの再会も。久しぶりなのにそんな感じが微塵もしない。

お互いの色々をぶっちゃけ話せる大先輩でお友達。

不思議な方ですデコさんは。みんなの大きな母ちゃんみたい。

「生きてるだけでいいじゃない」という言葉をさらっと言ってしまう

デコさんはやっぱり今でもわたしの憧れで大好きな女性なのでありました。

また次にあうのが楽しみです!

 

そうこうしながら、駆け抜けた日本滞在。あっという間にベルリンに帰国

すると待ち受けていたのは再び冬に戻ったかのような寒さ。

日本では20°越えが続いて夏日ばかりだった上、春の野草やら

筍やらのえぐみをしっかり頂いた私の体はすっかり春〜夏モード。

だのに、だのに。ベルリンよ春はいずこ。

日本出発前はベルリンも20°近くまで気温があがりうきうきの春モードで

木々は一斉に芽吹き新緑が目にまぶしいくらいだったのに。

おっと、これじゃフライング?見ると新緑の木々達がなんとも哀れに

思えるこの寒さ。

だけど冬のような寒さでも不思議なもので木々が芽吹いて緑色して

目の前に立っていると同じよう北風にさらされてもなぜか心は寒くない。

もう春は来ちゃったんだから。こわいものなどあるもんか!

でも後どれくらいまったら本当に春になるのかな、なんて。

 

さてそんな我が家の食卓はもちろん春モードからちょっと立ち返ります。

軽いお料理が食べたいと思っていた数週間前とは逆に

ちょっと緩んだ体を締めたい感じがするのです。忙しいなドイツの春は!

そんな我が家のブームはラーメン。適度に油もあって、塩気もあって

麺は小麦で食べやすく。

と最近見つけたのがスペルト小麦で作った麺。

乾麺なんだけどわりと食べやすい。

これに自家製の米味噌、ビオマーケットでみつけたキノコのスープストック

塩に醤油にごま油、にんにくしょうがの摺りおろしなどを加えて自分で

ラーメンの汁を作ります。

あとは好みで茹で野菜や生野菜、炒め野菜をトッピング。

これで重すぎず軽すぎず、というお好みのラーメンが食べられます。

こっちでは生麺は手に入らないし、いちいち買い物に行く暇もないし、

このスペルトラーメンはとても重宝しています。

ちなみに何故スペルトにこだわるかというと、血液型のダイエットで

だいたい全ての血液型の人が食べても害にならない小麦がスペルト小麦

だからなのです。我が家にはまんべんなく全ての血液型の人がいるもので=)

私達は特にそのダイエット方法がマッチしているので

パスタもパンもおやつに使う小麦粉も全てスペルトにしています。

それができるのはさすが小麦大国ドイツならでは。

基本我が家は米食なので小麦の消費は少ないのですがこういうオプションが

あるのは特に小麦を食べ慣れない日本人の私達には助かりますね。

 

そしてこれまたすごいアイテムが船に乗ってやってきました!

じゃじゃ〜ん。餅つき機!

これね、私が子供の頃から実家で使ってるからもうすんごい古いの。

で、もう使わないからって船便で母に送ってもらっていたのが最近届いて。

まだ使えるのか?とおそるおそるやってみると現役ばりばり!!

餅米は精米機で3割ほど精米してぶつきに。何とも言えないおいしいお餅に

しばし歓喜の渦につつまれるベルリンの台所。

わたしなどマジで餅つき機よありがとう!と拝んでしまいました。

心から感謝すると自然と人って手を合わせてしまうものなのですね。

たかが、餅。されど餅。それが外国ライフ。

懐かしい幼少期の餅つき機との思い出もあいまって、なんとも味わい深い

餅をほおばるベルリンの春。

次はよもぎもちだな。それともきびか。いやはや真っ白もいいじゃない。

なんて欲張り軍団の押し寄せるベルリンの台所。

 

と、そんなこんなしているうちに、また我が家のラーメンブームも

過ぎ去り、餅ブームも落ち着き。季節は夏へと移り変わり、

再び新しいブームがやってきて季節とともに、食卓も巡り巡っていくのだろう。

そんな台所がやっぱり好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春です!

いよいよベルリンはサマータイムが始まって

春の陽気がやってきましたね!

今月もベルリンでささやかなクッキングクラスを開きました。

 

今月の献立は

青菜とテンペのカリフォルニアロール

スプラウトとザワークラウトの蕎麦サラダ 白みそドレッシング

大根とリークの摺り流し風ポタージュ

レンズ豆と麦のローフ 春野菜添え

レモンタルト

でした。

こちらレンズ豆と麦のローフ。

上にあしらった大根は今我が家で流行中の自家製大根の甘酢漬け。

ロマネスコのカレーマリネの黄色が白いお皿に映えますね。

ターメリックは肝臓にもよいし、肝臓は春に対応する臓器。

レモンタルトにも色づけとして使っています。うまく取り入れたいですね。

ドイツではこの時期ターメリックジンジャーティーなんかが流行ってるみたい。

豆乳にターメリックとしょうが、はちみつを入れて飲むんだとか。

おいしそうだよね=)

こちらがレモンタルト。

レモンの酸味が聞いたプディングにカシューナッツのクリームをたっぷりと。

ふわっとぷりっとした食感です。

こちら我が家でのクラスの様子。

こちら、お宅にお邪魔してのクラス。

松花堂弁当箱をお借りして盛りつけ。同じメニューでも

器を和風にするとまた雰囲気が違っていいですね。

このお弁当箱をおもてなしに使う、というアイデアは

見栄えもして片付けや盛りつけも簡単でおすすめです!

特に外国で喜ばれますね=)

 

春らしく、薫りさわやかに、彩り美しく。

ベルリンも都会ですが食卓の上から季節を迎えるように

緑の野菜が気持ちをぐっと明るくしてくれます。

そう。マクロビオティックは特に都会に住んでいる人に

役立つと思うのです。季節を感じにくい、自然を感じにくい場所に

いても、食卓の上から自然を感じる。季節を巡らせる。

食卓は小さな宇宙になりうるのだと私は思うのです。

 

さて軽そうに見えるこのメニューですが、実際食べてみると

穀物が多いので結構お腹いっぱいになります。

ローフなんかはもっと小さく切ってピンチョスにしてもよいかも。

ただマクロビオティックのお料理は食べたときは満腹感がすごいけど

あとでおなかも心もすっきり満足。後味がよいのです。

逆にリッチなお食事は食べているときはそれほど重くなくても

後から体が重たい、なんか気持ち悪い。っていうことがありませんか?

良い、悪い、ではなくてそういう違いってありますね。

不思議なものです。

 

今回の献立は春の調理法をテーマに作ってみました。

春はデトックスの時期でもあり、体内の排毒を担う肝臓がメインの

臓器となります。通りで海外では春に断食をやることが多いですね。

大掃除もドイツは春にやったりします。

昔の人は自然とこのタイミングに体の内側も外側も大掃除していたの

かしら。

ともあれ、肝臓に負担をかけないために春には油を少なくした

料理、またはオイルフリーのお食事を多く取り入れてみてください。

みそ汁、おひたし、煮物など。和食はその点とても柔軟に対応

できる素晴らしい食事だと思います。

今回もローフはオーブンを使いましたが、フィリングは油を使わず

ウォーターソテーといって沸騰したお湯で野菜をソテーする調理法を

つかったり、蕎麦のサラダもポタージュもオイルフリーで作りました。

それでもしっかり満腹になりますよ。

 

またお味付けは酸味のあるものを意識して軽やかに。

冬の間の脂肪を溶かすようなイメージでしょうか。

とはいえお酢の酸味は植物性食品のみの時は強すぎる場合もあるので、

柑橘や梅干し、梅酢なんかも酸味としてうまく使われるといいですよ。

今回はレモンをタルトに、そして巻き寿司で梅酢を使いました。

わたしはお酢の瓶のなかに一切れ昆布をいれて使っています。

そうすると味もまろやかに、お酢のエネルギーも中和される

ようです。是非おためしを。

 

調味料はドイツではありがたいことに「ache」というところから

日本の醤油、本味醂、お酢に梅酢まで買う事ができます。

ちょっと高いんだけどありがたく大事に使っています。

その他葛粉、梅干しなんかもあるし、切り干し大根もありまっせ!

(切り干しはterrasanaというブランドです)

葛粉は是非日本に行かれた時に大量に買ってこられると

大変助かると思います。高いのだけどね、我が家ではお薬かわり

として、風邪を引いた子供はリンゴジュースを葛で練ったものを

食べられる事になっております=)こっちでは高価すぎて手が

でないのでね、是非日本でお求めください。

病院に行く前に台所でできること。

葛もそれに一役買ってくれますよ!

それにしたってやっぱり日本の物は高いのでできるだけ

ドイツでも自家製でできないものか、とトライしているところです。

梅干しはこれからの季節、5〜6月にApricosenがでてくるのでそれで

昨年つくりました。

まだ改良の余地はあるのだけど、まぁまぁうまく行ったので

今年は多めに作ろうと思っています。今から楽しみです!

 

最後に、春は「木」のエネルギー。

木のエネルギーは成長、発展、流れるエネルギーです。

人生何でも流れていくから変化もして、変化は成長の証でも

ありますよね。留まっている事な実はなくていつも世界は、

人生は動いています。

そういう自然にそった伸びゆくエネルギーを取り込み、春の持つ

浄化のエネルギーを取り込むにはあらゆる物事への執着を無くす

という心持ちがポイントです。

そうすると滞っていたものがす〜っと流れるような爽快な

気分を手に入れる事ができるかもしれません。

一つを手放すと、また新しい一つがやってくる。

卒業と入学。別れと出会いがやって来る日本の春は

自然の摂理にかなっているのですね。

 

 

 

 

 

オーガニックベース茶話会!

クラスのご案内の連投で失礼いたします=)

私のふるさととも言うべき、吉祥寺オーガニックベースにて

茶話会を開きます。

 

短い時間ですがみなさんとの出会いを楽しみにしています!

お申し込みはこちらです。

よろしくおねがいします!