お弁当

長女が日本の高校に通う様になって一年経とうとしている。

なので今の我が家は子供が5人になった。

日常的なお世話が一人分減ったから子供が5人という気持ちが

するけれど、やっぱり母親のお世話というのは目の前のことだけ

ではないんだなぁと最近思う。

意識というか見えないところではいまだに何かをしている気持ちが

するからだ。そんなことを言えば長女は顔をしかめるだろうが(笑)

御飯を作る、洗濯をする、宿題をみて、習い事につきあって、

それだけでないのがお母さんなんだろう。

 

そしてふと娘はもう当分うちに帰ってくることもないんだ、と気がつい

た。

今頃?と言えばそうなんだけど、高校で日本に送り出したときから

そうなることになっていたはずだけど、やっとその実感がわいてきて

「もう暫くは、もしかすると一生一緒に暮らすということはないのかも

しれない」

ということが頭ではっきりと文字となって浮かんできた。

もちろホリデーや何かあれば一緒に時間を過ごすことはあるだろうけど

そのときには我が家は既に彼女にとっては仮の宿という存在になって

いるのではないかとおもう。

 

娘は巣立ったんだ。

まだ仮に、ではあるけれど。

そう思うと、いままで当たり前に過ごしてきた時間が急に

懐かしくなった。あっという間だったなぁと。

心にぽっかり穴があいたような気持ちはしたものの、

不思議と寂しさとか後悔の気持ちはわかなかった。

その気持ちを助けたのは中学最後の日のお弁当だった。

娘の好きなものだけをいれたお弁当。既に私が何を作るかも

娘には予想済みで「やっぱりね」と特にびっくりするような

弁当だったわけじゃないのだけど。

そのとき既に「これで最後の弁当か」という気持ちはあって

その思いの為に私にとっては忘れられない弁当になった。

というか弁当はただのその象徴であったかもしれない。お弁当を

通してわたしは何かやり遂げた気持ちがしたのかもしれない。

 

ともあれ、たいした弁当作ってきた訳でもないし、寝坊してパンを

買わせた日もあるし。何もなくてすかすかの弁当だった日もあるし。

詰めすぎて食べきれない!と叱られたこともあるし、

思い出せばほんとにすごいことなんて何もなかったと思う。

子供にしてみれば母親がお弁当を作るのは当たり前だろうし

「それがどうした?」っといわれるだろう。私もお弁当生活の

長かった少女時代を過ごしたけれど、母親にきちんと感謝した

ことなんか大人になるまでなかったと思う。

自分が母になった今になってやっと、母がどんな気持ちで作ってきたか、

どんなに大変だったかなど想像することもできるのだけど。

今回巣立ちつつある娘を思った時に、お弁当のもつもう

一つの意味に気がついた。

 

わたしにとってお弁当を作り続けさせてもらえた日々こそが

娘と私との絆の証だったのだと。

お弁当を作らねばならない環境が億劫だと思うこともあった、

やっぱり毎日早起きで大変だなぁと思うこともあったのだけど、

もしもお弁当を作っていなければ気がつかなかったことが沢山

あったんじゃないか?もしもお弁当を作っていなければ考えて

やれなかったこともいっぱいあったんじゃないか?

お弁当を通して娘に向き合わせてもらえたことで、自分がわかった

こと、気がついたこと、いろいろなことがあったんじゃないかと

いまでは思ってる。少なくとも、そうやってやり続けてきた日々が

今わたしにはかけがえのないものだったと感じられる。

もちろん、それは人それぞれだと思う。

 

そしてこんなもので絆と

言われてもね、と娘は思うかもしれない。

子供が望むものと、親が差し出すものは時としてちぐはぐになることが

ある。それがあまり大きすぎると問題だろうけど、やっぱりお互いに

お互いの角度からみていることがあるのだから、多少は仕方ない。

親だって親なりに一生懸命だし、逆をいえば、親から見て

「どうしてこんな!」ということも子供からしたら精一杯の

ことなんじゃないかとおもう。

(そうはいっても、その瞬間、親の定規でがみがみいってしまうことが

あるけれど)

絆は見えなくても強ければいい。あればいい。かんじられるはずだ。

家族なら、親子なら、夫婦なら。

それはそうかもしれない。

だけどやっぱり、目に見えるものが、手に取れる思い出が

何か形となってあるものが、手応えが欲しいと思わずにいられない

のも親の気持ちなのだ。少なくとも私には。

そう思ったときに、日々を紡いだ食卓が、作り続けた弁当が

娘と向き合ってきた日々なんだと私に教えてくれている気がした。

 

出来損ないの弁当も、親としてやりきれなかった自分のふがいなさも

全てが弁当の日々で救われる気すらする。

勝手に罪滅ぼしのような気持ちを弁当に押し付けていると

言えなくもないけれど、それだけ日々紡いできたことというのは

偉大な力を発揮する。

これまた親のエゴかもしれないけれど。

 

毎日の積み重ねが支えるもの、それは私が母であることの自信

であり、証拠であり、すなわちそれが愛の形でもあるのだろう。

日々を暮らすことはたやすくみえて、難しい。

たかが日々の食卓、日々のお弁当。うまく出来る日も出来ない日も。

頑張れる日も頑張れない日も。

とりあえず紡いでいくことでいつか見えてくるもの。

お弁当を通して、食卓を通して

子供がまた一人一人と巣立っていくときに、全うしたと思える

ようでありたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーでマッサージ

早起きは三文の徳とか申します。

今朝はちびっ子たちより早く目覚めてまずは

昨日の晩ほったらかした台所を綺麗にして、

上の子供たちを学校に送り出しておりました。

ふと見るとコーヒーを入れた残りがありまして。

そのコーヒーがまたちょっと特別なコーヒーでして、

バリで友人がオーガニック農場で育ててるコーヒーで

めちゃくちゃおいしかったの。

そんな大事に育ったコーヒー。かすまで捨てる気になれずに

いたところ。ちょうど別の友人がコーヒースクラブっていいよと

教えてくれたので「そうだ!」と思い立った今日。

コーヒーの残りかすにバージンココナッツオイルを加え、

エプソムソルトを加えてペースト状にするとか言ってたけど

何となく目に入った「コールドプレスセサミオイル」

ココナッツオイルも好きだけど、冷え込んできたベルリンで

何となく「胡麻」かなって=)

エプソムソルトは持ってなかったから省いて、とりあえず

コーヒー胡麻ペーストを作ってバスルームへ。

バスタブの中でコーヒーのしびれる芳香にほのかな

胡麻の渋みが加わって何とも言えない匂いに包まれながら

ボディスクラブ開始。

足からゆっくり経絡にそって丁寧に。ウエストやおしりなんかも

セルライト予防にも良いらしい。

見た目はちょっと泥んこ?みたいな感じですけど(笑)

なんといってもじゃりじゃり感がちょうどいいし、目が覚める

ような薫りもいい。マッサージ後にはしばらく放置しておいてから

暖かいシャワーで流す。

肌はしっとりオイルがしみ込んでお風呂あがりはすべすべに。

ボディクリーム塗る必要もないほどぴちぴちの肌に。

皮膚は第二の臓器ともいわれるほど意外といろいろな物を吸収

しているから、使用する物は出来るだけ無添加、オーガニックを

選びたい。

バリの元気な大地で育ったコーヒーのエネルギーとどっかヨーロッパ

で育って元気な胡麻さんのオイルとでがっつり真冬のベルリン早朝から

エナジーチャージ。

 

そうこうしているとちびが一人二人と起きてきて。

「ママ、なんでそんなどろんこなの?」とバスタブでコーヒー

まみれの私に不思議顔の坊や達。

「コーヒーで遊んだらだめだよ。もったいないおばけくるよ。」と

食べ物で遊んではいけないと叱られる私。

 

それでもいいのさ。

早起きは三文の徳。

また早起きしてボディスクラブしよっと。

 

今期最後の…

スーパーではドイツ近郊の国でとれるオレンジやマンダリンの

売り出しが最盛期。日本もこたつにみかんの季節でしょうか?

 

でもドイツといえば、やっぱりリンゴ。

今年も夫のおじいちゃんちのお庭でとれたオーガニックリンゴたち

(というと聞こえがいいけど、ただ勝手に実ってるだけ=)

を頂いていました。

この秋は不作だったようですが,その分すごく甘いリンゴ。

ドイツのリンゴは基本すっぱくて紅玉のような味わいですが

今年のリンゴは甘かったなぁ。

おじいちゃんの家のリンゴの木はもう100年以上前からのもの

らしく、貴重な種類。何の種類かは知りませんが!お庭に果樹が

ある暮らし、夢だなぁ。。

 

で、そのりんごも寒い部屋においてたってこんなしわしわに

なっちゃって、そろそろなんとかしてやらんと!

しわしわだからって無駄にしませんよ!

と今期最後のアップルムースを作ることにしました。

芯を抜いて、皮をむいて。

皮も乾燥させてお茶にします。これを煮だしてちょっとの

しょうがとレモンの皮をいれるとほのかに甘くて

美味しいお茶になるの。

これは実はブラジルに住んでた時にオーガニックのマーケットで

無料サービスで飲めたお茶で、あまりに美味しくてレシピを

お店の人に聞いたのです。ブラジルではドイツとは逆にオレンジは

やまほどあるけど、りんごはとっても貴重。そのオーガニックマーケット

では私がよく作ってたマクロビのリンゴパイとほぼ同じ味の

全粒粒のビーガンパイ生地に蒸し煮リンゴのフィリングのパイが

食べれたのです。なんでも砂糖だらけのブラジルであのパイは

貴重だったなぁ!

末娘を妊娠して酷いつわりで何も飲めなかった時に唯一飲めたのが

このリンゴティーだったという思い出もあり。

以来リンゴの皮は捨てません!(笑)

 

さて、思い出話に花が咲きましたが。

このアップルムースをつくっていると、早速美味しい匂いを

嗅ぎ付けてくるのが可愛いちびっ子達。

4歳の坊やは昨年から一緒に作り始め,今年はすっかりベテラン気分。

今年はもうすぐ2歳になる末っ子も一緒にやりたい!ってことで

みんなで楽しくリンゴを切りました。っていうか末娘は

切ったそばから食べてるだけだったけど=)

そんなこんなも楽しいアップルムース作り。

ドイツでの子供と一緒にする台所仕事の恒例行事になりつつ

あってそれも嬉しい限り。

山ほど切って鍋一杯のリンゴも煮てしまうと鍋の半分くらいに

なっちゃうのがちょっと寂しいけど!

それでも美味しいアップルムースができました。

これでこの冬最後のリンゴ。早くも今年の秋が楽しみです。

アジアショップでお買い物

昨日は近所に住む同じく6人子持ちお母さんと久々にばったり。

井戸端会議をしているうちに一緒にアジアショップでお買い物

をすることに。

彼女の家はラクトースフリーな食事をしていて、大のアジア料理

日本料理愛好家=)以前からこれは何に使うのか?これはどうやって

食べるのか?一緒に買い物に行こうよ!と言われ続けていたので、昨日は

ようやくその夢が叶いました。

 

さて、我が家がこちらのアジアショップで買う物と言えば

ライスヌードル、生春巻き用の皮などベトナム系の物。

ナンプラー、コチュジャンなどシンプルな調味料を時々。

そして日本のものだと、のりや納豆、でしょうか。私はあまり

冷凍食品は買いません。(といいつつ、昨日友達にめっちゃ勧められて

豆腐と野菜の具入冷凍餃子を買った私です=)

ですが、最近のマストアイテムはこれです。

じゃ〜ん。

韓国産のインスタントラーメン。じゃじゃ〜ん。買い過ぎ?(笑)

そんでもってこのラーメンとの付き合いは実はブラジル時代にさかのぼり。

ブラジルのアジアショップで発見したのがはじまりで、かれこれ

もう4年ほどのおつきあいでございます。

インスタントも冷凍食品もまぁ同じようなもんだけどさ。

インスタントラーメンにはお世話になってる我が家です。

というのもこちらno MSGしかも、Veganラーメンの種類もあるの。

ちなみにキムチフレーバーは長女のお気に入り。

激辛ですよ。ほんと。

韓国の人はすごいね。マイルドって書いてあるけど、全然辛い!

でもって、我が家の4歳児はこのマイルドって書いてあるやつが

お気に入り。辛いのにねぇ。

これらのインスタントラーメンは食べ盛りのお兄ちゃん、お姉ちゃんの

おやつになるのです。自分で作れるし、化学調味料はないし、

ベストではないけどベターということで。

結構辛いからみんな時々嫌になるんだけどね。でもやっぱり

こういうものはうまく使っていかないと、あの食欲旺盛な

育ち盛りの子供には追いつかないのが台所事情。

でもそんなインスタントラーメンもぐっと質が上がっちゃうこつが

あるのです。

 

我が家では日本にいるときからラーメンについている粉状の

スープのもとを半分かそれ以下だけ使用し、あとは自家製の

味噌やオーガニックの醤油、はたまた、自家製ラーメンを作る

ときの韓国味噌などで自然でフレッシュな調味料で補ってスープ

にしています。これに野菜も入ればまたまたぐっと栄養バランスも

よくなるんだけど、それもめんどくさい時には、この「質の良い」

調味料だけでも全然オッケー。発酵食品の力、生きてる食べ物で

少しでもインスタント食品に息吹を与えてみてください。

全然ちがうから!

子供たちはそこまでやってくれないこともあるけど、わたしが

作ってあげる時にはそうやっています。

是非お試しくださいませ。

 

さて、インスタントラーメンでも、日本で買ってたオーサワや

桜井食品のベジラーメンなどは実家の母がたまに送ってくれる時

にしか手に入らないので、気がつけば我が家では病人や、

風邪気味でどうしてもラーメンが食べたい人だけが食べられるもの。

という位置づけになっています(笑)

日本にいた頃はインスタントラーメンが風邪のお特別メニューに

なるなんて思いもしなかったけど、いざ外国にいると

添加物のない質のいいラーメンなんて貴重すぎてもう薬レベル=)

所変わればなんとやらですね。

ともあれ、インスタントラーメンをがっぽり買い込んだ昨日。

 

それでも昨日のアジアショップでの一番の目玉商品はこちらでしょう。

じゃじゃ〜ん

これまた韓国産のようですが、コンビニおむすびのように

包めちゃうラップ!

おむすびといえば竹籠、竹の皮包みが主流の我が家に置いて

こんな近代的な物が!と衝撃が走ったのでありました。

ドイツではみんなフルーシュトゥックといって朝食おやつに

何か学校に持っていくのが普通です。

だいたいみんなサンドイッチやフルーツ、チーズ、サラミなど

スナックのようなものを持ってきます。おむすびを持っていけば

いいのに、って思ってるけど目立つから嫌、って言ってる子もいたり

して。

でもこれで包んで持っていけばちょっとかっこ良かったりして?

どっちにしても、のりがぱりぱりの方が好きな夫は大喜び。

「良い物があったじゃん!」なんてね。

この写真のおっさんがなんともいい味だしてるんだけど15枚入で

3ユーロちょっとだから、まぁ試しに買ってみました。

実は私の友達もこれを大絶賛。「これ絶対買うと良いわよ!」

とドイツ人に勧められたのですからきっと満足の逸品なのでしょう。

そんな訳で今からおむすびを包むのが楽しみなのであります。

 

 

 

 

 

 

 

ただ今製作中。

年も明け、学校も始まり、さぁいよいよ2018年も始動ですよ!

早速我が家の台所もフル回転。

年末につけ込んだ大根のぬか漬けたくあんもそろそろ食べごろを

迎えるはず!と思い出したら、あまりにおいしい大根だったから

ついついまた買いに走ってしまいまして、沢庵の第二ラウンド仕込み

で始まった2018年であります。

この大根どうもイタリアで作ってるみたい。しかもDemeter認証。

だのに、一本1.7ユーロ!めちゃ安くない?

これは買うっきゃない!

わたくし、野菜の衝動買いの癖があるようでございます=)

ちらしをみると、その名も「Daikon」!もしくは「Wisser Rettich」

ビオのスーパーだけでなく、普通のスーパーやトルコ系のスーパーでも

売られている大根。でも私は買ってる人がいるのを見たことがないなぁ。

多分みんな食べ方知らないんだよね。きっと。

そんなわけなのか?中には大根の食べ方や調理法、そしてまた

大根という野菜がどれだけ健康的で栄養に富んでいるかを切々と

説いているちらしでありました=)

自分のことでもないくせに、「そうだよ、こんな美味しくてヘルシーな

野菜食べない手はないんだよ」なんてちらしに向かって頷きながら

私がこの大根売りの売り子さんだったら売り上げあがるよな、

なんて余計なことも考えつつ再び大根を干し始めました。

 

干すっていっても、ドイツの我が家にはベランダとかテラスがないし

寒すぎて普通は凍みちゃうから部屋の中のヒーティングしていない

食料庫の一部を使って屋内干しをしています。

我が家では食料庫のドアを利用してこんな風に。

あら、なぜか写真が横に。。でもま、いいか。

 

大根にラウンド目の準備がすんだら、そうです。そろそろあの時期

でしょ?

味噌ですよ。味噌。

そのためには?

そう。麹がなくっちゃね。

というわけで、今年初の麹を仕込みました。

米麹は精米機を使って我が家では7分搗きのお米を使っています。

麹はね、難しい所もありますが、とにかくやるっきゃないの。

それでね、海外暮らしのこつですけども、なんでも自分で作れると

かなり安心、安全、ら〜くらくの楽しい毎日をおくれます。

海外に来てから「あ〜日本でもっとちゃんといろいろ作っておくんだった!」

と何度思ったことか!

この気持ち、大人に成ってから「あ〜若い頃にもっと勉強しておけばよかった!」

っていうのに似ていると思います=)

そうはいっても、やり始めたときがやり時ですから、つべこべいわず

後ろ等振り返らず、どんどんやってみましょう。

ってなわけで、あなたもドイツに住むのなら麹菌を忘れずに。

納豆菌やら麹菌は持っておくと便利です。旅のお供に是非どうぞ。

 

ドイツに来てから味噌つくりも三度目を迎えました。

昨年から麹を手作りし、米麹味噌、発芽玄米麹味噌、麦麹味噌

と3種作り始めています。

まだまだ気候の違い、環境の違い、材料の違い、水の違いなどなどで

わからないこともいろいろですが、美味しいお味噌今年も楽しく

作ろうと思っています。

麹が出来上がる頃、家中に広がる甘く栗のような薫りに包まれる幸せ。

「あ〜日本人でよかった。。。」

溜息が出るほど美味しい匂いです。

そしてね、こんな麹やら考えた人、もしくは見つけた人がむか〜し

昔にいてね。こうしておいしい物を、いやそれだけでなくこんなに

健康的なものを作ってくれたことに心から感謝しつつ、遠い昔の

人々に思いを馳せるベルリンの台所。

見て、このふわっわの菌糸!もうこれだけで感動。

今年の麹出来上がり。びっちりみっちり菌が回ってとてもよいできばえ。

 

こんな楽しいことが一杯の台所仕事。季節の料理ではありますが、

作っている間は気が抜けないのも本当の話。

大根の沢庵はどうなったかなぁ。水はあがっているかしら?

といつでも頭の片隅に大根が、

麹はどんな様子かな。温度は上がりすぎてない?と

丸二日かかる麹の仕込み中には手入れの時間以外にも

麹の様子が気になり夜も満足に眠れない。

子供たちのお世話もあるのに、食べ物のお世話までして

私はアホか?と思うこともなきにしもあらず。

それでもやっぱりやめられない。

美味しそうな大根があれば衝動買いしてしまい、白菜があれば

キムチを作り、年が明ければ麹を作って甘酒作って味噌つくり。

楽しいことは楽じゃない。だけどやっぱりやめられな〜い!

今年も美味しい味噌ができますように。