おいしい、について。

今我が家にはブラジル人のゲストがステイ中で

一緒に時間を過ごしているといろいろと面白い発見がある。

 

今朝一番下の子供にコーンフレークをスナックてあげていた。

この国では小さい子供にあげられるようなスナックが

ほとんど買えない。(日本のマクロビオティックを

基準にするのは到底無理なんだけど、一般的な日本人としても)

そんな中でもこのオーガニックコーンフレークは一応お砂糖も少し

使っているようだけど甘みはほとんどなく、フレークはしっかりと

かみごたえもあり、何よりこの国で一番難しいと思われる

穀物を食べているという感じがして私は気に入っている。

(というのも、ブラジル人はほとんど肉と野菜、クリームや乳製品で

満腹にするような食事が基本なので穀物を主食としていない。

確かに険しい熱帯ジャングルの環境で伝統的にも米や麦や雑穀が育つわけも

なくそれはそれでいいと思うのだけど)

ともあれ、うちのちびがそれを食べているとこのゲストの女性に

コーンフレークを差し出して「どうぞ」とあげた。

彼女は「Obrigada」といって食べるや否や、

「何これ?酷い味じゃん。どうしてこんなもの子供に食べさせてるの?」

と言った。

彼女の事を良く知る私達夫婦からするとなかなか面白い意見だった。

「だって、ケロッグとかもっとおいしい味するの一杯あるじゃない。

だいたいこんな酷いあじのコーンフレークなんて食べたこと無いし

どうして食べるのかわからないわ。確かに、ケロッグとかには変な人工甘味料も

使われてるけどでもうんとおいしいからね。」と続けたのだった。

 

「う〜ん。なるほど。」

私は彼女の意見が面白くて大笑いしてしまったけど彼女は大マジだった。

で、別にお互いに気分を害したりもしなかったのは、意見の違う人がいる

ことが当たり前のこの国の良さかもしれない。

 

ともあれ、私がそこで思ってたのは「おいしい」とは何か?ということ。

彼女はこんな甘くもないフレーク,馬の餌みたいなフレーク。とズバリ

言いのけた。

確かにちまたでヘルシーと言われている食べ物は時々本当に

酷い物があるかもしれない。けれどどこかで「これは体にいいもの。これは

オーガニックだから、これは高かったから美味しいに違いない。」という

マインドや思考で物を食べてしまうことが特に健康に気を使う人、ヘルシー

コンシャスの人には多いように思うし、もしかすると端からみれば

私もそのうちの一人なのかもしれない。そんな中で食に関してなんのこだわりも

持たない彼女のストレートな意見はなかなかおもしろい物だったのだ。

そう。こだわりを持たないということ。それが彼女の意見のなかで

もっとも信頼出来る部分だったのかもしれない。

そして、良い,悪い、のジャッジを無視して自分の好きな事を好きと言える

おおらかさも。

健康や良いことを、と思うほどに自分の素直な感覚から遠ざかっていることが

ないだろうか。

こだわりを持つことは美徳とされる部分も十分承知しているけれど

長所は常に転じて短所になるように、このこだわりもよく気をつけていないと

あっという間に自分の手綱をはなれて一人歩きしてしまうくせ者だと

私は思っている。

そういう意味で、このコーンフレークは美味しくないのかもしれない。

 

でも私はこのコーンフレークの自然な美味しさがとても好きだ。

健康かどうかをなくしても、オーガニックでなくても美味しいと思って

食べていた。だから私のおいしいと彼女の美味しいは多分ちがうところに

あるのだと思う。

 

また往々にして、ブラジル人のおいしいの感覚はマクロビオティックが中心の

味覚とはかけ離れているし、それを理解してくれる人は少ない。

彼女のように甘いなら甘い、肉なら肉。とはっきりとしてたっぷりと重みが

あって味がしっかりとしているものを美味しいと感じるようだ。

そんな時日本人の私にはうまみ,という物の感覚が日本人のおなかを満たす上で

とても重要なんだって気がついた。ブラジル人はタンパク質が十分な食事で

おなかも心も満たされる。日本人は出しやうまみの効いた味がないと

満足出来ないように思う。だから日本にはあんなに繊細に美味しい伝統の塩や

味噌や醤油があり、それがあれば食事のことが足りてしまうほどの満足感が

得られる。ブラジルではそういう美味しいじっくりと発酵させたり、

手間をかけた塩や調味料が存在しない。塩も醤油もただしょっぱい。

これは熱帯と温帯のお国柄の違いだろう。

そして日本人のわたしは穀物を噛み締めてうまみを,栄養を吸収して育って

きた。けれどブラジル人はそうではない。当然おいしいの基準が違ってくる。

 

我が家の子供たちはこのコーンフレークを食べたとき同じく

まずいといった。

オーガニックでももっと砂糖がたっぷりしているものがあるので

(いや、うちの子はケロッグでもうまいと言って食べるだろう。。

そこがまたおいしい。の秘密である。この美味しいの秘密を

食品会社はしっかりと捕らえているんだからすごい。)

そのほうが美味しいと思ったみたいだ。これは素直な意見だと

言えるだろう。この万人を一瞬にして「うまい」と思わしめる

人工的なうまさ、というのは本当に厄介だなぁと思う。

この罠にはまってしまいたくないなぁ、はまってしまって

ほしくないなぁと願ってやまない。

とはいえ、既に上の子達は10歳以上の子供ばかり、味も幼児期の子供が

食べる物とは変わってくる。この穀物感たっぷりの甘みのない

コーンフレークを美味しく食べてくれるのは末っ子のユニオと

私、そして穀物をしっかり食べて育った主人だけのようだ。

 

ともあれそんな風にして、今朝は「おいしい」ということについて

思いを巡らせていた。

人それぞれ違っていい。

良い、悪いのジャッジに自分がコントロールされずに

頭でなく心から

本当に自分な好きなもの選んでいけるのは素敵なことだ。

だけどやっぱりわたしは自然なものから

美味しいと思う物を選びとっていきたいと思う。

そして今はいろんなおいしいを体験中の子供たちにも

最後には本物が美味しいと感じてくれたらいいなぁと

願ってしまうのだった。

 

 

 

 

 

 

どしゃぶり

この間、子供を友達の家から連れて帰る途中で土砂降りに。

車内から外を見ると

「なぬ!」

バス停で急に降られて困ってる人がなんとその辺に

おちてたヤシの木の皮をかぶって雨をしのいでいました。

(写真向かって左、茶色いものをかぶってるのが木の皮で雨をひのぐ人。

垂れ下がったヤシの葉がまるで恐竜のしっぽみたいです=)

う〜ん、笑えるけどナイスアイデア!

ブラジルの雨は突然な上にかなり大量に降るので

折り畳み傘くらいは常備しておいた方がいい。

だけど、その辺にあるものでなんとかならなくもない。

教訓になりました=)

週末

週末はいつもの買い出し。山のように買ったオーガニック野菜

たちが散らかる日曜の台所のカオス。

狭い台所がさらに狭く;)

しかもこの散らかりっぷり=)

だってさ、7人家族でしかも今日は子供の友達が泊まりにきてるし

昨日は朝ご飯用にパンを一キロ捏ねて、

昼は自家製のグリーンカレーペーストで手抜きしちゃうけどさ。

それでもおやつにキャラメルポップコーンを作ってくれなんて

言われてさ!その上これから来週の食材仕込みもするんだからさ。

って言い訳させていただいて。

さ、がんがんいきますよ。

今日のノルマは冬のブラジルに欠かせない自家製ラーメンのスープに

入れる万能味噌のベースになる香味野菜のペースト。

そしてこの美しき,大根葉と人参葉さんたちを下茹でしたり

なんてったって、ブラジルでこんな元気な大根葉に

人参も葉っぱつきで売ってくれるなんてありがたいよねぇ。

とくに秋〜冬、人参の葉っぱは肺や大腸のエネルギーをサポート

してくれるし、大根の葉はミネラル,カルシウムも豊富だし

捨てる訳にはいきませんものね。

そして最近の我が家のブーム、マンジョカ(タピオカの原料)

というごぼうより太い根っこの野菜を圧力鍋で下茹でしておきます。

そうして冷蔵庫にいれておくと揚げ物したい時にとても便利。

これがゆでると黄色くほくほく、ジャガイモとサツマイモの

間のような味になるの。ブラジル料理のフェジョンという豆の煮込みを

食べる時にこのマンジョカのフライを添えて食べるのが最高に美味しい!

そんなわけでブラジルにきてからはジャガイモよりもマンジョカを

よく食べます。身土不二ですかね。

しかもね、これちょっと皮に切れ込みをいれるとつるっと

むけちゃうの。面白いね。この作業も好き。根っこのようで枝のようで

なんとも不思議な食べ物ですね。

こういうその土地ならではの野菜っていうのが私はとても好きです。

そんなこんなでおおわらわの台所はさておいて

気がつけば我が家の庭には近所の子供たちも大勢集まって

アボカドの木登りがはじまり。

結構背の高い木なので、落ちないでねぇ〜と見守りつつ。

そうなるとやっぱり、ただ今鈴なりのアボカドを収穫したくなる

わけで、アボカド狩りが始まりました。

「こっちもちょうだい〜おっきいのとってね〜」

なんて言いながら下でアボカドを受け取る人

「お〜いアボカド落とすぞ〜下にいる人注意!」なんて

いいながら木のてっぺんのほうから叫ぶ人。などなど。

いろいろですがみなさん抱えきれないほどのアボカドを収穫し

お猿のように木登りを満喫し暗くなるまで遊んでいましたとさ。

こうして慌ただしくも楽しく週末の夕暮れは

どっぷりと更けていくのでありました。

 

 

 

 

母の日でした。

今年もやってきた母の日。

感動的だったブラジルで初の母の日だった昨年。

今年は前日から「明日は母の日だよ!」と宣言されていたので

ちょっとわくわくしていたのですがこれがまた

姉弟それぞれの個性が見えるお祝いとなりました。

 

まずはやっぱり律儀な双子のあおくん。

前日から「ねぇママ、明日何時に起きたい?目覚ましかけて

一緒に起きるからさぁ」と朝一のプレゼントを狙います。

時間を伝えたのに結局私が目覚ましよりうんと早く起きてしまって

台所でがさごそしていると、はたっ!と目を覚まして

早速台所にやってくるあおくん。

「ママ〜時間より早いじゃ〜ん」といいながらも、既に背中に

プレゼントを隠してある様子。

「はい。母の日おめでとう!」といって嬉しそうにプレゼントをくれました。

最近学校で真剣に取り組んでいたクロスステッチのしおりと素敵な絵。

いやぁやっぱりうれしいですね。こういうのって涙腺ゆるみますね〜

そしてそれを横目で見ていて「私も!」と現れたのは次女。

「はい!」っていって威勢良く渡されたのは自作の詩。

頭文字をあわせると「ひ、と、み」になるように仕組まれておりました。

いやぁ〜これまた感激。

嬉しくってついつい主人に自慢。そのときふと気がついたのは

後の二人はどうした?と。

でも後の二人、つまり長女と双子のみどりは何食わぬ顔でいつもの

朝を迎えておるようで。

「はぁ、そうですか。まぁそれはそれで。」ってなかんじで

去年と随分違う母の日だけど、まぁいいやって思っていると。

その日の午後になにやら台所で次女と長女がどたばたしています。

何事かと思うと,二人でケーキ作りに取り組んでいるではないですか。

前から作りたいから材料買っといてって言われてたあのケーキのようです。

本物の!レアチーズケーキです。豆腐とかじゃないんです=)

はい。長女はアンチもどき料理なのです。もどきが大嫌いなのです。

ともかく、いつしかどたばた料理も静かになって夕飯のあとには

いよいよあの本物レアチーズケーキを頂きました。

「ママ、これブログにのせてね!上手に作ったんだから!」と

言われたものの、いざカットしてみると「下が固くて切れない。。あ、こわれた。。」なんて

ハプニングが続きまして、まるでローマ遺跡崩壊のような見た目のケーキに

なったのですけどそれはそれで楽しく、おいしく。

そして私にくれた一切れは一番きれいに切れた物を

くれるという心遣いもうれしく。

あんなに張り切ったのにぐちゃぐちゃになったケーキに半笑い、半泣き。

でも結局みんなで大笑い。あぁ善きかな、楽しい我が家。

ともあれ皆すっかり満腹でそろそろ眠りにつこうって頃になって

寝室にやってきた坊やが一人。

そうです。みどくんです。

我が家では色んな家事を子供たちと分担しておりまして、家事のサイクルが

二ヶ月単位でかわるシステムになっているのですが

5月からは双子のみどりがお洗濯取り込む、畳む、その人の部屋まで持っていく、

の係になっていました。

一応係は決まっているのですけどね、やっぱりそう毎日うまくいく

もんではありませんよ。「洗濯係が遊びにいっていません!」という

事態も頻繁で、「洗濯物係がソファに取り込んだ洗濯物をためていて

はくパンツが見当たりません!」という苦情もしばしば。

そして当の洗濯物係は「だっておれ一人で毎日なんてやだよ〜」って

それを皆で当番で回してるんでしょ!って基本的にこの

お手伝いシステムが理解できてません発言もあったりして

これまた毎度一悶着なのですが。

それがね、母の日の夜にもう寝ようかと思ってたら寝室を

「コンコン」とノックするわけですよ。そんで「どうぞ」って

いったらなんとまぁ、洗濯物を畳んだ山をもってみどりが部屋に

入ってくるではありませんか!

洗濯物係になって一週間ちょっと。実はこの日が初めて

畳んだ洗濯物を部屋までもっていく。という終いまでを

やり遂げた日となったのでした。

それにはついつい「おぉ。。。!洗濯持ってきたの?すごい!」と

マジで褒めてしまいました。

すると案の定嬉しそうに鼻を膨らましながら何も言わずに

部屋を立ち去るみどくん。

母の日最後の贈り物はこんな形でやってきたのでした。

という訳で、母にとっては子供の成長がなによりの贈り物なんだなぁと

しみじみ嬉しい今年の母の日なのでありました。

 

 

 

麹作りinBrazil

そういえば甘酒を食べれなくなってもう

かれこれ2年ほど。

ブラジルに来る時に甘酒は持って来れなかったし、麹を

ちょっと持ってきたけどもったいなくて甘酒には使えず。

前回日本から一つだけ甘酒かって帰ったけどまだもったいなくて

食べれず=)

でもね、麹を作ってみたい!とおもい麹菌を買ってブラジルに

帰ってきたのだぁ〜!

そんで今旦那さんが出張中で暇なのでやってみまひょ、ということで

やりました。麹作り!

といっても日本のように温度管理出来る物が簡単に手に入らないし

発泡スチロールの箱でさえスーパーでもらえる訳もなく

(ブラジルでは魚など殆ど売ってないから)ましてや売ってる所

みたこともなく。

なんとか家にある物でやってみることに。

というわけでクーラーボックスをクーラーでなくて保温でつかうことに。

そして肝心の麹の作り方ですが、こちらは日本にいた時に

布作家で種まき人の早川ユミさんにお会いした時に

「私もブラジルで麹作りたいんですよ〜」なんて話したら

「私の新しい本に簡単な作り方のってるからやってごらん〜」って

おっしゃって下さり、ご親切に本まで送ってくださり、ただいま熟読中の

こちらの本から作ってみました。

種まきびとの絵日記 はるなつあきふゆ 著者 早川ユミ

ユミさんのこのご本ではざっくりしたレシピを手書きのイラストで

書いて下さっていてわたしにはぴったり。

そのほか田舎暮らしの季節の色々がたっぷりと絵日記スタイルで

描かれておりブラジルで読みながら美しくたくましい日本の田舎暮らし

に思いを馳せる日々なのです。ほんとこの本、おすすめです。

 

ともあれ麹初心者。難しいことぬきにしてやってみましたよ。

この難しいこと抜きってとこが肝心=)

うまく行くのかちょっと不安も有りましたが試しに1キロ仕込み

ました。

ユミさんはお米が入ってる厚手の紙袋のような物のなかで

麹を作ってらっしゃるのですがここにはないから

パン屋さんでもらった出来るだけ厚めの紙袋を再利用。

1キロのお米の半分は紙袋で,半分はこれまた今回の

日本行きの戦利品。発酵マシーンを使って保険をかけてみました=)

このタニカのヨーグルトメーカー我が家では納豆作りにも

活躍中で海外在住者には結構便利じゃないかと思います。

米を浸水して、水揚げして、蒸して、菌をまぶして毛布にくるんで

保温すること48時間。

途中で何度が手入れして完成。

保険のつもりの保温機もさすがブラジル、途中で嵐がやってきて

停電して止まってしまったりというハプニングもありつつ、なんとか

麹の甘い香りが漂ってまいりました!やった!

クーラーボックスならぬ、保温ボックスと化したボックスは

日中暑くなる車の車内に蓋を開けて入れておいて,そのなかに

バスタオルにくるんだ紙袋の麹を入れて保温。夜は寒くなるので

暖まったボックスの蓋を閉じてお部屋の中へ。

するとふわふわの菌がびっしり!それをほぐしてさらに15時間ほど。

こちらの紙袋のほうは最初の保温はあまりうまくいかなくて

もうだめかなぁっておもったけど、日中の車保温で復活!

あともうちょっとで完成の予定です。

あぁ嬉しいなぁ初の自家製麹!

ドイツから旦那さんが帰ってきたら早速みんなで甘酒で乾杯だぁ!

 

それにしても、今回麹を作ってみて思ったのだけど

なんだか赤ちゃんとの暮らしのようだなぁと。

蒸し上がったお米に麹菌をまぶす時にはついつい

口をついて歌が出てきてしまって。子守唄的な?

そしてしっかり毛布に来るんで暖かくしてあげて

時々布団から出して手を入れてあげて、そこでも

ちょいと声をかけたりして。

またしっかり毛布にくるんで。ってこの包む、くるむって

いう響きがなんとも愛おしいじゃないですか。

日本語っていいなぁ。

そうこうしているうちに麹になっていく。

暖かさと響きの中で育っていくんですね。

なんだか感動。

 

今回もいろいろな発見がありました。ビバ日本伝統食文化!