雨の思いで

最近は雨続きだったブラジル。まるで梅雨の日本のよう。

しとしとと雲をたれ込めている空だったり

ざけんなよ、っと言わんばかりの大雨でそこいら中に

川を生み出すほどの大雨だったり。

ともかく、雨、雨、雨。

重い低気圧の雰囲気に包まれて眠気に襲われる日々の

なかでもほっと布団にはいる瞬間に聞こえる

撫でるような雨音には幾分癒される。

癒されて緩んだ心の隙間でふとよみがえる

とある雨の日の出来事。

 

もう去年のことだけど、それは真夏の出来事で

やっぱり雨の降る午後だった。

そんな天気だったけど,その日は郵便局に届いた荷物をとりに出かけた。

私のうんと若くまだ髪の毛がショートカットだった時を知っている

カメラマンの友人が雑誌のブラジル特集でエッセイを

書いていると聞き読みたい!と言ったらなんと送って下さったのだった。

人生にはこういう心がすかっとするほど嬉しい

親切をしてくれる人と言うのが時々いるのだ。

 

ともあれ、

私は彼の文章がとても好きだったから彼の視線で描かれるブラジルとは

どんな風景なのだろう。とわくわくしていた。

そして世界中が注目していたワールドカップ開催地ブラジルには

私の知ってる近所のこの町以外にもどれほどの顔と風景があるのだろう。

そんな期待を一心に込めた一冊が海を越えてやってきた。

その日が雨だった。

郵便局の中には長蛇の列。生温い風を

かき回す扇風機がなんとも空しく懸命に首を振っている。

簡単に言えばなんかいや〜な雰囲気だ。めんどくせぇ…的な

雰囲気だ。

だけど子供を連れていくとそんな面倒をすっとばして長蛇の列を

割り込みできちゃうのがブラジル。どうぞどうぞと言って優先してくれるのが

ブラジルのいいところだ。おんな、こどもにやさしいのだ。

もちろん日本の電車の優先席みたいに、「年寄りと、妊婦と〜は優先

しますよ」って書いてあるんだけど、日本では優先席でも

赤ちゃんがいたって眠ったふりする人もいるし

ほとんど「あなたあそこ座ったら?」なんて声もかけて

くれない名ばかりの優先が結構当たり前だけど

ブラジルは名ばかりの優先ではない。誰もが子連れをみると

自分から声をかけて「さ、どうぞ、あなた子連れじゃないですか」的な

ことを言ってくれる。こっちが気がつかなくても誰かが自分の順番が

遅くなっても親切に順番を譲ってくれる。

あぁ素晴らしきブラジルの道徳心。

嬉しい親切は日本を渡ってやってきただけでなく

この一見憂鬱に見える雨のブラジルの郵便局でも

バトンがつながれていた。

 

そんな人の優しさに心みたされたとある夏の午後。

そのあと雨がやんだので銀行にいったら、出る時には

また雨が降っていた。

しまった。

車を泊めた場所まではちょっと距離がある。

でもまたいつやむかわからないからぬれるのを覚悟で

赤ちゃんを抱いて急ぎ足で歩いた。

すると。

「ちょっと、おねえさん」と呼び止めるおばちゃんが。

「あんた、この傘つかってちょうだい。赤ちゃんがいるじゃない。」

といって私の手に傘を押し付けて笑いながら雨の中を去って

言った。

私はかろうじて「ありがとう」といえたのだけど

あまりに突然で、あまりに自然な善意に呆然としてしまって

しばらくおばさんの後ろ姿を見ていた。

あのおばさんはあれからどれくらい雨の中を歩いたのだろう。

見ず知らずの私に傘を渡して笑顔で去ったブラジル人のおばさん。

傘は随分使い込まれ、ブルーに水玉模様の傘の串のいくつかは

壊れていた、日本にいたら捨てられそうな傘だけど

こんなに優しい傘に出会ったのは初めてだった。

 

雨模様のブラジル。

この一続きの優しさの輪を感じた一日を

雨を見る度ふとに思い出す。

きっと世界のどこにいてもこの心の景色は

雨と一緒にまたいつか思い出されるんだろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

おかげさまでご好評頂いております幻冬舎plusの連載

「日登美のブラジル食便り」

第6回アップされました〜

今回はバナナの揚げ物です。

どうぞご覧ください!

 

 

 

 

海を渡って

とうとう私の手元にやってきました〜

遠く地球を半周して

海を越え〜山を越え〜

税関を通り過ぎ〜=)

やってきました、私の本!

『ブラジルの我が家 Família no Brasil!』

生まれたての赤ちゃんに対面するように

「ようこそ!」なんつってご挨拶したりして。

本を一つ作るのって毎回思うけど産むのと同じなんだなぁって。

みなさんにすこし遅れをとってですが

私の手元にやってきてくれた本。

ただの本だけど、本も出会いの一つだね。

全てのことにありがとう〜!

ブラジルよりお手に取っていただいた方が

楽しんでいただけていることを願っています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

さて、今週もアップされました。幻冬舎plusの

「日登美のブラジル食便り」

今回は冷やし中華です!

 

 

青パパイアと大根

おはようございます!ブラジルは朝です。

さて、今日もアップされました

幻冬舎plus  「日登美のブラジル食便り」

今回は青パパイアのサラダをざっくりとしたレシピで

ご紹介しています。

 

ちなみにこちら、庭でとれたフルーツ達=)

 

肉食の多いブラジルではフルーツをたくさん食べますが

特にパパイアは人気のようです。しかもパパイアって実ると

どんどん出来る!しかも別にほっといても大丈夫なので

色んなお宅の庭でよく見かけます。

っていうか,食べた種をその辺にほっといたら勝手に芽が出て

いつの間にか大きくなってるってくらいよく育つという

印象をうけます。

 

ともあれ、そんなパパイアを使ったサラダ。

日本では大根でつくったらどうかなぁと思い提案しています。

やっぱりこれも身土不二。日本は魚を多くとる環境だから

大根で魚の毒消しになります。

ブラジル、肉食、パパイア。

日本、魚食、大根。

面白い方程式のようにみえますね。

 

こんな風に見てみると、その土地で食べる物は

その土地に必要な物、適したものが自然と育つのだなぁと

当たり前のような自然の偉大さに感心してしまいます。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

日登美『ブラジルの我が家 Família no Brasil!』

 絶賛発売中です〜=)

 

 

納豆!

日本から帰ってはや一ヶ月。

実はねいいものお土産に買って帰っていたのです。

ふふふ。それは保温機。

基本的にはヨーグルトを作る為の物らしいですが

甘酒や納豆もできるよってことでこりゃぁ欲しい!と

目をつけておったのです。

そんで買ってきましたよ。

タニカのヨールグトメーカー

そんでもってやっと作りましたよ納豆!

日本に行く前にも納豆菌持ってたからそれで作ってたんだけど

いかんせん保温機能付きのジャーが6時間とかで保温が切れちゃうって

いう簡単な機械だったので失敗することもたびたびたびあって

がっくりきてしまって。

やっぱり買ってよかったタニカの保温機!

めちゃくちゃらくちんだったわぁ〜

しかもた〜っぷりと。

早速できたてをお茶碗にいれたらユニオ君たら醤油もかけずに

むしゃむしゃ。

おにいちゃんに食べさせてもらってむしゃむしゃ。

ユニオ日本人合格です!=)

それに既においしいものが分かってるのは嬉しいことです。

 

ともあれ今夜は主人のさばいてくれた

ちっちゃいマグロの切り身の焼き魚に

モロヘイヤと梅干し、胡麻入の自家製納豆に

奮発して丸中醤油をいれちゃいます!

それに小松菜のみそ汁

ごぼうと人参と切り干しのきんぴら。

という夕飯でお腹いっぱい日本を感じましたとさ。

保温機万歳!

一家に一台保温機あると便利だよ〜!

 

 

ツナとマンゴー

こんにちは!

さて今週もアップされました。幻冬舎plusさんの

連載「日登美のブラジル食便り」

今回はブラジルで大人気だった「ツナとマンゴーののり巻き」

ですよ。

レシピには我が家の自家製マヨネーズレシピをのせています。

ベジ仕様ではないのですが、っていうかツナがはいってる

時点でベジではないのですが=)

何でも自分で作るとおいしいです!

 

ベジ仕様で作ってみたい方は、豆腐マヨネーズにして

ツナもベジツナが三育フーズさんからでてるので

そちらをつかっても。もしくは切り干し大根を

醤油と豆腐マヨネーズであえてみてはいかがでしょうか?

では今回も幻冬舎plusお楽しみください!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

みなさんもうお手元に届いているでしょうか?

『ブラジルの我が家 Família no Brasil!』幻冬舎より

好評発売中です!よ=)

レビューやご感想もお待ちしています!=)