Mutti!!

さすがベルリンは街のそこここで素敵でおしゃれなお母さんを沢山見かけ

ます。そしてお父さんが一人でベビーカーを押している姿がそここで見られます。

これはドイツにきて私のカルチャーショック=)

公園に行くと半分からそれ以上の割合でお父さんが子供を連れてる。しかも

結構いかついタトゥだらけのお父さんとかも一人で楽し気に子供をつれてる=)

なんか微笑ましいでしょ。

生まれて間もないであろうちっちゃ〜い赤ちゃんもお父さんのおなかにしっかり

抱っこひもでくくられてお母さんなしでいるのです。

すごいでしょ?すごいよね?赤ちゃんもぜんぜんお父さんに慣れてて泣いてないの。

日本ではイクメンが流行ってるというけどベルリンはそれ以上にイクメンが定着

している模様。

だいたいベビーカーを押してるお父さんはスマホ片手に歩いてたり、公園のベンチで

コーヒー飲みながら赤ちゃんを見てたりするんですけどね。時にはタバコを

すいながら、なんてお父さんもいますけど。

そうそう。ベルリンはすごいタバコ大国でしてどこでもみんなタバコをすっています。

今時先進国でこんなにタバコを吸う国があったのか!と驚くほどに男も女も、

老いも若きもカフェで、芝生で、公園で道ばたでどこでもタバコを吸っているのです。

ベルリンではこれも一つのファッションのようになってるのでしょう。

これもまた私のカルチャーショックではありましたが。

それでもなんでもなんだか街を行き交うお父さんお母さんをみてるだけでも

結構楽しめちゃうベルリンライフ。お子さんの格好も可愛かったり、お母さんも

すごくおしゃれだったり。なかなか勉強にもなるのです。

 

そんなベルリンの素敵なママや働くママなどの情報満載のサイトHuptstadmuttiにて

街角の公園でインタビューを受けた記事がアップされていました。

よかったらご覧遊ばせ。かなり「素」の私がそこにおります=)

この時、たまたま初めていった公園で子供と遊んでると、双子のお子さんを

連れたお母さんがちょいと目を離したすきにもう一人のお子さんが

よちよち歩きで鳩を追いかけて夢中になって公園の遊具に激突。

見ていたこちらが「はっ」と息をのんでしまうほど痛そうに頭をうってしまいました。

おもわずバッグからレメディをとりだしてそのお母さんにアーニカをさし

だすとちょっと戸惑ってらしたけど、周りのお母さんからも「良いアイデアだと

おもうわ。」と言われて安心したのかレメディをお子さんに飲ませていました。

ホメオパシーを普通に差し出しても皆さん驚かないのですね、さすがドイツ!

ともあれその様子をみてらしたお母さんのひとりがこの記事を書いてくれました。

そのお母さんもおしゃれなお姉ちゃんみたいなひとで、お子さんを連れたらしたの

だけど、すかさずインタビューをはじめるとレコーダーを取り出して取材をしカメラで

写真をとって。原稿もメモをして。と働くママの顔に。

その自然体な仕事ぶりが素敵だなぁと思いましたよ。

子供がいてもおしゃれに、楽しく、子供と一緒にできることをできるようにやる。

色んなインスパイアをくれるベルリンのママ達に乾杯!

3 コメント

  1. PUFF

    ドイツ語が分からす、インタビューの内容が分からず残念です。お暇なときに日本語で内容を紹介していただけたら嬉しいです。

  2. 日登美

    了解です。翻訳ちょっと待ってね。

  3. ちかこ

    上の方と同じく。。でもグーグル翻訳で読んだら何となく雰囲気が分かりました。ともあれ、写真から伝わる6人のママとは思えない落ち着きぶりとエレガントさに、ほーっと見とれてしまいました。私は在フランスです。ベルリンで何かワークショップがあれば絶対に行きます!