Food

Cozinha

ブラジルでも私の台所仕事がやりやすくなってきました。

はじめ買い物に苦戦し、何を食べたらいいか気候や風土や

色んな変化に戸惑ってたけど,大分落ち着いたかな。

 

それにはやっぱり米の確保が一番だったなぁ。

どこでいいお米手に入れられるかなぁって思ってたら

さすがシュタイナー学校。ちゃんと米の共同購入してて

早速仲間入りさせていただき50キロほど購入。

デメテールをとってる玄米。

1キロ6レアルほど。日本円で300円くらい。いいでしょ?

しかも真空パックしてるから長持ち。助かります。

毎日お米を食べれるからほっとしちゃう。

子供たちもどんどん食べるの。

精米機を持ってきてるから糠をとって今は糠どこを作るのを

楽しみにしています。今は春だから夏になるまでにキュウリの糠漬け

食べたいんだぁ!

 

そしてこちらで見つけた金柑。オーガニックマーケットで誰もかわずに

残ってた。

やった!って思ってたっぷりかって金柑の酵素ジュースを仕込んだの

だけどそれだけじゃもったいない!

のこった実の部分の種をとって今度はキャンディーにします。

2キロ分ほどの金柑の酵素ジュースの残りの果実を、1キロの砂糖と1リットルの

水を煮詰めた液に浸します。

一日目は煮詰めたのを20度に冷ましてから一晩浸す。二日目は

残った液をもう一度沸騰させて40度に冷ましてから一晩浸す。

それを60度、80度と数日繰り返していくと金柑の皮が透明になって

キャンディー状になります。それを乾かして瓶で保存。

おやつに食べてもいいし,薫りがとてもいいので今年のシュトーレン作りに

つかってみようか?って考えているところ!でも乾き具合を見るといいつつ

毎晩みんなでつまみ食い=)クリスマスまで残ってるかなぁ。。

でもね、嬉しい産物がもう一つ!

このキャンディーを作る時に使った砂糖のシロップが金柑の薫りがして

それはそれはおいしいのです。

それも別の瓶に保存して、寒天ゼリーにかけたりかき氷のシロップにして

みたらほっぺた落ちるほどおいしかった〜

今の我が家のおやつの定番となってます。

まさか金柑をこんなに使い回せるとは!!

ビバ金柑!

そしてこうして家で手作りのおやつをみんなが喜んでたべてるのも

嬉しいなぁって思います。

もちろん、酵素ジュースは一番大きいお姉ちゃんが学校の水筒に入れ

て持っていってます。

やっぱりここでも大きい子は学校にジュースをもってきてるみたいで

はじめはお茶を持たせていたけど暑くなってきたし、ジュースも

飲みたいお年頃だしってことで。

梅はないけど金柑でやってます=)

 

お砂糖は日本だと食べにくいけどここの乾燥して暑い気候だと

時々とるのが丁度いいです。

オーガニックで未精製の物があるからそれを使ってシンプルなおやつを

つくってますよ。

 

また最近はお友達の家にポトラックのようにスナックをもって

行くことが多いのでいろいろ日本の物をつくって持っていってる。

この間はのり巻きをつくったよ。

みんな「SUSHI!」と喜んで食べてました。

梅酢を持ってきたけど,こちらでは普通の酢飯の方がおいしいと感じるので

酢飯はお酢と砂糖で作って。ベジ仕様でも卵は使った方がみんな食べるから

インゲンと蒸し煮の人参、ベジミートのそぼろの残りと、卵焼きをいれて

大人にはパクチーを入れて味をしっかりしたのり巻きにしたら

子供たちもたくさん食べてくれたよ。

 

そして最近はすごく暑くなってきたのでみんな冷やし中華が

食べたい!といってて。

とは言ってもまだパスタマシーン持ってないから生麺は

つくれないし。。生麺らしき物はうってない。

お昼には冷たいパスタを作ることが多いからそれでちょっとトライしてみました。

ごま油をまだ見つけてないのでもってた黒ごまを煎ってすりばちであたって

醤油とワインビネガーとちょっと黒蜜を入れてオリーブオイルをいれて

タレをつくり。。

明日が火曜日でオーガニックマーケットに行く日だから冷蔵庫の

残の野菜で仕上げました。

あぁトマトがあればなぁ。。キュウリももうちょっと欲しかった!

でも冷やし中華もどき、結構イケル!!

次はマーケットのあとに作ってみよう=)

 

そして、最近の大発見は。

我が家の庭で大量になってるパパイヤ。

今なってる木はあまり甘くないパパイヤで黄色くなるちょっと

前にとるんだけどそれでもどんどんできちゃう。

青いのがまだ20個くらいついててどうしよっかぁと

おもってたんだけど。

そういえば青パパイヤってサラダとかにするよね?っておもって

思い付きで作ってみたソムタム風サラダ。

これがとっても好評だったの。

調味料はあるもので、にんにくちょっととしょうがの千切りを

すり鉢であたり、プチトマト、ライムの絞り汁、醤油、塩、砂糖、

唐辛子、パクチーを入れてすり鉢であわせます。

本当は干しえびとか?ナンプラーとか?入るよね。あと

こぶみかんの葉っぱとかね。ピーナッツもあるといいな。

でもベジ仕様で,あとはピーナッツがあれば完璧!って味だった。

クレイダーですりおろした青パパイヤは水にさらすと

大根のつまみたいで、それに人参とビーフンもあわせて。

最後にパクチーをたっぷり。

きっと日本でも大根でできるんじゃない?

ここ数日暑くてこんなスパイシーなものが食べたくなるの。

アジアンスパイシーは以外とブラジル人食べたことない人が多くて

これも友人の家に持っていったら大人気でした。

アジア料理って以外となじみがないのね。

パクチーがよく手に入るからこんな感じでタイ料理みたいのを

作って楽しんでる。

 

さて、今日もそろそろ夕飯を作る時間です。

今日も暑いから何を食べようかなぁ。。。

 

 

 

ブラジルごはん

今は専らブラジルでの暮らしをどう築くかという日々を

すごしています。

どのスーパーにいけばいい?

何を食べよう?何作ろう?

やっぱり食はそのなかでもとても重要になってきますね。

だって毎日のことだもの。

日本食ばかり食べる訳にはいかないし、こちらの料理も楽しみながら

自分たちにあったスタイルを作っていくにはまだ暫く時間は

かかるでしょうね。研究研究!

 

それに私は出産前だし、産後もできたら暫くは日本食をベースにしたほうが

体が整いやすいかなぁと思って。

子供たちもやっぱり御飯が在ると元気だし。

こっちにきてから子供たちがますます良く食べるしねぇ。

エンゲル係数が心配ですが!ともあれ

そんなわけで日々模索しておりまする。

 

でかいスーパーにはオーガニックがあまりない。あっても高いし!

で、ケチャップとかも質がいいのもないし、じゃ作ろうね〜って

かんじで。

ポルトガル語もまだ良くわからないので原材料が解らないことも多く

以外と添加物が入ってる物もおおくて、こんなときはやっぱり手作りしちゃうのが

一番だよね。

今までの知識を総動員してますます食仕事が増えそうな予感です=)

たのしみたのしみ。

 

つまりはブラジルで田舎暮らしが始まったということのようです。

東京に住んで2年。田舎暮らしから遠のいていたけど

まさか日本の裏側ブラジルで田舎暮らしが始まるとはね〜

人生わからんもんです。

でもわたしも主人もこういう暮らしが好きだし、子供たちも田舎で幼少期を

過ごしたので根っこは自然児=)

焚き火に土いじり、畑に動物、虫たちとの暮らしは大好きなので

問題なし!

これからどんなことができるかわくわくです。

 

そんな中主人の愛読書「country living」という本がとても役に立っています。

田舎暮らしのバイブルというか。辞書のようなもの。

彼も変わったドイツ人なものでなんでも作るのが好き。竹籠あみも

私よりうまいし、蕎麦も打つ、パンもピザもケーキも作る。

頼もしい限りです。

だいたいこんな本を持って嬉しそうに読んでるからね=)

私もここから色んなレシピを試してみたいと思っています。

 

今はその本をもとに庭でとれたパパイヤの種を乾かして

シーズニングを作ろうとしているところ。

あとは、アボカドの種を水栽培して芽が出て根が出て,庭に移植

しようって。

そんなことをして楽しんでいます。

そんなMyキッチンのお気に入りの風景はこちら。

外にははちどりが来る大きな木があって、甘いパパイヤの木もあって。

柵の向こうの牧場には昼過ぎると牛達がお散歩したり、子馬が

お母さんのお乳を飲みながら散歩してたり。

牧場と言っても日本の様な家畜でなくほんとに自由にその辺をうろちょろしてる。

めっちゃ近くに牛が来て,鳥がいて、みなさんこんにちは〜って

いいながら料理しています=)

結構日本からザルやら調理器具や土鍋を持って来たのでそれがここに

おさまると、やっぱりここは我が城。という感じがしてほっとします。

 

早速毎日おなかをすかせてる子供たちに三食つくって

おやつも作って,の日々。

なんだか昔に戻ったみたい。

東京にいるときよりもうんと料理をしてます。

先日は米粉を見つけたのでこちらのサトウキビシロップ(味は玄米米飴のような感じ)

で甘みをつけてサツマイモを加えて黒ごまをかけて蒸しケーキをつくってみました。

それにスーパーで見つけたカボチャで私のレシピ本の中にある

カボチャプリンを作ったんだけど柔くてクリームみたいに

なちゃったからそれをディップしておやつにしてみたら以外とヒット!

おいち〜の顔=)

日本にいたときは,何でもあって,なんでもすぐ買えて

おやつも手作りした物を嫌がる様になってた子供たち。

今では手作りのケーキやドーナツやクッキーなど

今日のおやつは何を作ってくれる?って楽しみにしてくれて

作りがいがあります。嬉しいなぁ。

こっちはジャンクなお菓子が多いから買うより作る方がいいから

ますます今までのレシピをアレンジして作る楽しみがあるなぁって。

この間はサツマイモチップをおやつに。

ついでにこちらの料理用のバナナもフライにしておやつに。

甘くてちょっと酸っぱい面白い味。

ちょっとチリソースを付けて食べるととてもおいしかった!

 

そしてまたまたレシピ本よりキャンディーポテトこと大学芋!

ここで主に使っている甘味料のサトウキビシロップで作りました。

こちらも大好評!黒ごまもこっちでみつけたんだぁ。

そして、とても楽しみにしていたココナッツ。

飲むためのものと、中のココナッツミートをとるものと

いろいろ種類があるんだね。

ミートを削る為の器具もあって、それを使ってけずってみた。

結構固いけど1個でずいぶんとれるんだよ。

これはドーナツにいれようかなぁ、クッキーにしようかなぁ

それともキャラメル作りにつかおうか?って

今から悩んでる。

 

そんなこんなで毎日御飯におやつにこちらの食材を

試しながらやってます。

 

そのうえ、そろそろ赤ちゃんも生まれるし、その頃の家族の食事に

備えてトマトソースやパンやお豆やらいろいろを沢山作って

冷凍しておきたいから毎日殆どキッチンで過ごしています。

 

さて、まずはトマトソースを作るかなぁ。

こちらもレシピ本より、ごぼうたっぷり人参もすり卸して

野菜をたっぷりのバージョンでつくろう。

なるべく簡単にたくさん野菜がとれるようにね。

 

ブラジルは日本の野菜がたくさんあるのはとてもありがたい。

昨日の晩は、里芋と大根と人参と卵と昆布をいれて

日本から持って来たカツオだしでおでんを食べた。

ブラジルで土鍋でおでんを食べるなんてね=)

 

とにかく今はこんな感じでいろいろ試してる。

玄米菜食だけじゃなく土地にあったものをそのように。

プラス日本食とマクロビオティックのアレンジを加えて今は

移行期というかんじかな。

これからどんな風に食生活や暮らしを組み立てていけるのかなぁ。

 

 

 

 

 

 

ブラジルでの日々。

まだ到着して間もないですが既にブラジルライフははじまってます。

やっぱり自分で台所に立つのは気持ちいい。

ついてすぐに玄米を炊いて、里芋のみそ汁をつくって。

あ〜やっぱり和食って落ち着く。。日本を出て2週間〜3週間そういえば

味噌とか醤油とか玄米とか殆ど口にしてなかった。

やっぱりその国の食べ物が一番おいしいからね。身土不二ってことかな。

作ってもらうのも、おいしい物を体験するのも素敵だけど自分で作るいつもの味は

やっぱり落ち着くんだ〜

でもちょっとブラジルテイストで。

芽ひじきはさっと茹でてマリネ風に。スーパーで見つけたオーガニックのインゲンを

茹でただけのものといっしょに。

玄米にはこちらでポピュラーなマンジャキーニョという人参の白いみたいな

野菜を一緒に炊き込みました。

味は栗というか芋というか。黄色くてちょっと甘くて、こちらは今冬なので

何となくこんなほっくり、どっしりした味がおいしく感じられます。

芋御飯ってかんじかな。黒ごま塩をかけるとおいしい=)

いつもなら玄米を嫌がる子供たちも久しぶりのお米。もちろん文句なし!

おかわりまでしてあっという間にお鍋はからっぽ〜

そして、先日も書いたように主人の友人の家にてアボカドを収穫。

とても大きな木で葉っぱは固い楕円形の葉っぱをしています。

もうこのアボカドの旬は過ぎて最後いくつか残りをとったのですが

上の方に残ってるから大人にはとれない。

そこで我が子達の出番です!

がんがん登る登る=)4人揃いも揃って。一番上のおねえちゃんなんてちょっと

おしゃれしてサンダルはいてきたのに結局一番登ってた=)

そしてそれぞれに一つずつ収穫。

こんなに大きいアボカド!

長女の顔ほどの大きさがあります!

まだ取り立ては固いから暫く置いてから食べるのだけど、その日ひ

ランチで前にとった分を食べたらびっくりするほど甘くておいしかった〜

「あ〜私、残りのアボカドをとるのに毎年苦労してモンキーを飼わないといけないと

思ってたのよ。」ってその家の人にいわれて=)

また来週末もうちの子供たちを派遣しましょうか?って(笑)

そんなわけでお土産に大きなアボカドを頂いてきました。

もうちょっとでたべごろかなぁ。。

 

そして昨日は次女の誕生日。

前々からブラジルでの誕生日を楽しみにしていました。

今年は主人とドイツの習慣にならって。朝子供より早く起きて

誕生日の子供の席を特別に飾ります。

庭に咲いてる季節のお花でアレンジ。

テーブルクロスには主人の家で代々使われている方押しのリネンを

ひいて。

他の子供たちと一緒に誕生日の子供を起こしにいきます。

席まで連れて行って座って,朝一番に誕生日の歌をみんなで歌いました。

おめでとう!

夜には前々からリクエストされていた日本のクレープ屋さんにうってる

みたいなクレープを作りたいとのことで。

やりましたよ。クレープ。ぜんぜんマクロじゃありませんよ!

本物=)です!

みんなたらふく食べて。あ〜満足!って。

やってみたかったの〜だって。

実はさかのぼることこの5月。粘土でこんな物を作ってまして;)

次女はこれが食べたかった訳です。

誕生日にしようねっていってとうとう夢のかなった昨日。よかったね。

今朝も残りのクレープを朝から焼いて。

主人がレシピを見て作った本場のクレープ生地は子供にも人気でした。

私はいつもマクロ仕様で作るから粉と水だけだからね。

特別な日のごちそうだからまぁいいじゃん。

 

こんな感じで最近はすごしています。

 

いざ ブラジルへ

ご無沙汰してます;)

最近ばたばたと忙しく。

というのも,ご存じのかたもおいでですが私達しばらく

ブラジルで暮らすことになったのです。

そうです。引っ越し先はブラジルなのだ〜

またなんで、よりによって日本の裏側ブラジルかって?そりゃ

神様しか知りませんよ=)

とにかく、我が家はブラジルに向けて大忙しなのであります。

その上妊婦なもので。ほんとご無沙汰してすみませぬ!

 

そして、先日の棚のご応募もたくさんの方に頂きまして

本当にありがとうございました。

皆さん素敵なコメントもくださって、しっかりと私の方でも読ませて

頂いております。

お一人お一人にお返事できず申し訳在りませんがどうぞご了承ください。

そして、おかげさまで嫁入りがきまりまして、大阪の方に

お嫁に行きました=)どうぞ末永く仲良くしてくださいね。

と、ご報告をさせていただきます!

またこういう皆さんとやり取りできることを今後も考えていきたいと

思っていますのでお楽しみに。

 

続いて。ブラジル前に近況をどんどん話しちゃいますと!

先週2月より始まった私の初のコース授業が全て終了しました。

人気だったビューティーコースではピカピカ笑顔のみなさん。

よりいっそう美しくなった皆さんを見れてとてもうれしかったな!

最後のクラスは私の手作りランチをみんなで食べておしゃべりも。

メニューは私のレシピ本から、キャベツとマンゴーのコールスローや

トマトとキュウリのサラダのアレンジ版、ごぼうとキヌアのサラダ等。

簡単チラシ風ごぼうとトウモロコシ玄米ご飯に桃のジェラートのデザートでした。

クラスの生徒さんからは、こんな手作りうちわをもらって

アイドル気分!もちろん裏側には私の写真がデコレートしてあって

さすがジャニーズ仕込みの腕前でした=)

その他にもお花やお手紙や,皆さんの思いをたくさん頂いて

感無量。。

本当にありがとう。

続いては、お弁当コース。

こちらも半年のコース終了。皆さん毎回ご自分のお弁当箱を持って

自分で詰めていただきましたが,とても上手になったよね!

最終回は夏に最適クイックメニューをいろいろ。

ざっと、残り物でも出来る、ちょっとレトルトもアレンジして作るという

かなり実際に添ったメニューでした。

残玄米のごぼうともろこしチャーハン

そうめんチャプチェ

焼うどん

ベジミートソースとひじきのショートバスタ

生麩の照り焼き

ゆでとうもろこし。

さくっと作って,みんなで詰めて、こんな笑顔でいただきま〜す。

みんなとても素敵なお弁当ができてます!

これからも沢山作って、家族や恋人や自分をたくさん喜ばせてくださいね。

 

仕事が一段落したところで、我らがオーガニックベース奥津典子さんと

二人きりの卒業式=)

最後のお弁当クラスには保護者のように見学にも来てくださいました。

お忙しいのに。本当にうれしいよね。

クラス後に典子さんと学んだキャリアトレーニングコースのディプロマの授与を

していただきました。

ここでの学びが私のマクロビオティックをより明確に深いものにしてくれた。

自分らしく、そして正しくより深く自然に。

理論と実践を日々の暮らしに。それがここにはあります。

 

かけがえのない友であり、先生であり,同志である典子さん。

彼女との出会いは私の人生を大きく前進させてくれました。

この出会いに感謝するとともに、自分に正直にいきていくと

自然と同じ波動の仲間とであっていけるこの人生の不思議を

かみしめています。

Follow your heart.

それをこれからも大事にしよう。

典子さん、ありがとう。これからもよろしく!

 

そして、怒濤のラストスパートの今週=)

こういうときは約束しないでもなぜか逢うことの出来る友人というのが

いますよね。

しかもご無沙汰だったり。

でも本当のコネクションって、時間も距離も越えてる。

ご無沙汰でも、急な再会でも、いやいやそういうときこそ

つながりを感じちゃう。

そんなコネクションのともだち。

私達の共通項は。。

自由人=)ってことにしてみました。

そんでもって、子だくさん。

一色紗英ちゃんと,米田有希ちゃんと私で子供12人だぜ!

その事実に3人で爆笑=)

安産のお二人におなかを触りまくってもらい,これで私も安産確実=)って

ことでめでたしめでたし。

偶然にも,この3人。

私のこれからのブラジル暮らしを考えると、みんな海外居住組。

それも偶然。

不思議だね,って話してました。

この日があきちゃんのデザインするオマス ヘンデの展示会。

紗英ちゃんとモーニングして、急遽一緒にいくことに。

翌日にはスペインに帰国するあきちゃんにも偶然逢えたのでした。

うれしかった〜

しかもそのあと。

これまた久しぶりにモデルのAYUMIちゃんにも遭遇!

とにかくこの日はみんなに安産祈願をしていただき=)

ありがとうございました〜

 

と、こんな風にすごして今はパッキングに追われてます。

どうにか日本を出るまでもう少し。

これからも外国での日々をこちらでご紹介させていだきますので

みなさん是非遊びに来てください。

 

新しい暮らし。文化。ことば。

もう一度、赤ちゃんとの時間。

久しぶりにどっぷりとお母さんに戻れる日々。

そんな新婚生活=)

どんなかなぁ。

雑誌でもあたらしくブラジルでの暮らしの連載を企画中ですのでそれも

きまったらご紹介しますね。

 

ではいざ、ブラジルへ!

といいたいところだけど。

実はもうちょっと先。

まずは旦那さんの母国ドイツへ向かいます。

こちらもブログでアップしますね。

ではあと数日でいってきま〜す!!

 

授業参観と梅ジュース

今日は子供たちの授業参観日。

中学校に小学校に,お忙しでした。

でも,いいですねこうして子供の様子を見に行くのは。

まずは一番上のお姉ちゃんの中学校に行ったけど、子供が体験してる

空間を体験するっていいなぁと思いました。

「あぁ、こんな階段登ってるんだ。。じゃおなか空くよね〜

四階だもんね、一階にしか水飲み場がないんなら水筒もっと

大きいのじゃないといけないんじゃない?」

などなど行ってみて解ることってありますね。

子供が小さいときは,離れててもなんというかアンテナでつながってて

いつでもなんでも共有している気持ちがしてるし、しっかりこちらも

把握してるんだけど、大きくなるに連れてはなれていくことも必要だったりして。

またそれが自分も楽だしね;)

もちろん、核の部分ではお母さんである以上ずっとアンテナ張ってますけど

覆いはどんどんはがしていくから。いっておいで〜みたいなね。

で、小さい頃とは又違う感覚と方法で子供を見守り,関わっていく形が

だんだんと変化していくんだよね。

そんなわけで、つまりは

子供たちとの共有してる物がすくなくはなってくる。だからこうして

学校にいったりすると色んな発見があり、また子供の気持ちをより理解できたり

するわけで。

なんか楽しかったです。

 

The中学生!って感じの教室の雰囲気。めちゃくちゃ熱い熱風が扇風機で

かき回されているせいなのか、それとも彼らの若さのせいか。。

部屋の熱気と言うか,あの独特の青春の匂いと言うか。。

思春期に入りつつある,若しくは入ってる、子供大人、みたいな

中間の時期ですね。

命は精一杯輝いて、でも心と体の揺れ動く時期。

青春ですよね,まさしくこれからの人たちです。

それにしても。

あの暑さで勉強してるってすごいよね〜ッて思って。

やっぱ若いわ。。(あたりまえだけどさ)

 

今日の参観日であぁ、やっぱり梅ジュースはいるなぁ。。って思いましたよ。

あの暑い部屋だもの。

頑張ってるよね,子供たち。なにか元気になるもの欲しいよねって。

今年は梅の酵素ジュースをつくって、梅シロップも作りました。

友達はみんなスポーツドリンクとか持って来てるらしいのね。

でも私はそういうの買わないから、麦茶もっていってたのね。

でもね、暑くなってきてあの年頃で甘い物も飲みたいよね〜ッて、

いそいそと梅ジュースを仕込んだ訳です。

それが最近出来て,毎日もっていってるんだけど、梅ジュースも結構甘いよね。

 

私は梅雨ってなんか体に水分がたまるっていうか

うまく水抜きするというか、冷やさないというか,そういう食べ方が

したいなぁって思ってて。

そんなわけで、長女の酵素梅ジュースにも一工夫。

今お気に入りなのは梅酢とシロップをあわせて作ったジュース。

程よい酸味と,甘み、少々の塩気が熱と湿気の多い今の時期の体に

優しくしみわたります。

スムージー用に使ってたジャグにこのジュースを作って、毎日冷蔵庫に

いれておきます。

以前はこういうジュースが毎日ある必要はなかったけど、最近は

子供たちも大きくなって,この暑さで質の良い甘みのある飲み物や

アイスなどでもうまく作って用意しておくのが日課になっています。

甘いけど酵素も入ってるし、市販の物よりうんといいよね。

ともあれ、今日の参観でやっぱり梅ジュース持たせることができて

良かったなぁと,なんだか嬉しくなりました。

 

さて、中学校のあとは小学校の参観もして、今まで一度も自分から手を挙げて発言

しなかった次女の発言する姿をみて感動=)

相変わらず元気一杯の双子をみて、安心。

ともあれ、みんなそれぞれに、それぞれの場所で大きくなってるんですね。

家庭の中でみる成長と,外で見る成長ってちがっていいもんですね。

 

そんな成長の風景の中に幼い頃からの梅ジュースが活かされて。

年を追い様々な変化がある中にも,変わらずある安心を嬉しく思いました。

 

 

アイス特集

梅雨入りの時期では在りますが,6月は夏至もあるし

蒸し暑い日もあるでしょうね。

 

そんな時は是非手作りアイスで楽しみましょう〜

ってことで、きのうは7月3日発売のクーヨンの

我が家のアイス特集11ページの撮影をしてきました〜

ページの中では我が家でも良く作る6種アイスをご紹介。

どれも簡単な物ばかり。

砂糖、乳製品、卵を一切使わない自家製アイスを

是非お子さんと楽しく作っておいしく食べてくださいな。

こんな感じでガッツリ食べましょう=)

 

レシピ本もそろそろ手元に届きます。

そのなかにもアイスの作り方のってます。

いよいよ発売は6月12日ころに書店に並ぶようです。

よろしくね。

 

 

 

 

 

レシピ本!!

レシピ本でます〜やってます〜作ってます〜と言い続けて

そろそろ1年。。

いよいよ出来ました。いよいよ出ます!

 

ゆっくり、じっくりと、コンセプト、レシピ,内容を考え

スタッフと顔を合わせ、思いを伝えあい始まった昨年夏。

気負うこと無く,等身大の私をスタッフに理解していただき

私のすべてを投影したものになるように、みなさんが

一生懸命考えてくださいました。

一人の4人の子供を持つお母さんとして、そして料理講師を務めてきたこの

3年間の集大成として,たくさんの方にその経験と実践をシェアできたら

いいなぁと、ただそれだけ思っていました。

 

撮影は怒濤のごとく。すごい集中力で過ぎていった秋。

ゆっくり深まる冬とともに撮影を思い返し,寝かしておいた時間。

その間に撮影チームの中では出産を迎えた方もいて。

いままでの本を作った過程もそうだったけど、本を作りながら

そこに関わる人たちの人生も育っていく,広がっていく様を

一緒に味わえるのは何とも幸せなことだなァと思っていました。

 

年明けて2013年。

これまた持続的な集中力で挑み続けた最後の仕上げ。

こんなにレシピ本が丁寧に作られているとは知りませんでした。

でもこの丁寧さ、時間をかけてしっかりと作る本作り

とても気持ちよかったなぁ。

なんだかじっくり発酵を待って出来た手前味噌のような

愛おしさがあります。

味わい深さもきっと本の中に反映されているはず!!=)

 

みなさんにも、いつ出るんですか?でるんですよね?もうでた?!

なんてお声を頂きましたが=)

そんな訳でとうとうクライマックスを迎えた訳です。

 

子供たちや大事な人たちに作って来た我が家の味80レシピ。

大人も子供も楽しめるようなレシピの色々です。

大きなおかず、小さなおかずに、御飯に麺類,粉物におやつ。

動物性を使わないメニューをそろえました。

皆さんの暮らしの何処かで活かしていただけたらとても嬉しく思います。

巻末にはエッセイもあったり、我が家で良くやるお手当ものせました。

 

食卓から暮らしを豊かに。

毎日をおいしく,楽しくヘルシーにと願いを込めて。。。

 

皆さん是非お手に取ってみてください。

6月上旬に発売予定です。詳しい日程は又ご報告します!

種を繋ぐ

GWいかがお過ごしでしょうか?

先週GWの前半はオーガニックベースで「種市」がありました。

日本の古来種の種を紡ぎながらお野菜を育ててくださっている

方々を中心にオーガニックベース主催で行われたイベント。

ファーマーズマーケットあり、トークショーあり。

久しぶりにいったベースカフェでは

古来種の野菜や豆を使った料理が食べれておいしかったなぁ〜。

(ナイスな形の人参に注目!=)

そのなかの一部でわたしも古来種のお野菜をつかって

親子ピザのクラスをしました。

 

当日朝から、教室で古来種小麦でとった小麦粉を天然酵母で

捏ね、発酵させ、届いた元気なお野菜達に感動!

みてください、この元気なこかぶ。

鮮やかな紫色と葉の緑の若々しい事!

見るなりさっとゆでてこの子をメインに今日のピザを組み立てます。

茹でたてをアシスタントのみなさんとパクリ=)味見も大事だも〜んって

甘くてほろ苦くてとてもおいしかった〜

出来たピザはこちら。

この日のメニューは

手前が「古来種九条ネギで作ったネギ味噌ソースのピザ」

古来種のジャガイモをたっぷりのせて、ネギも、コーンもトッピング。

子供たちの喜こぶ味に仕上げました。

奥にあるのが「グリーンソースのピザ」

こちらも古来種ののらぼう菜をメインに緑の野菜のソースを使って

古来種たまねぎとあの美しいこかぶをトッピング。

グリーンソースっていうと子供が苦手かなぁって思うけど

これは今や雑食!の我が家の長女も「ちょ〜うまっ!」(言葉わるいですねぇ。。=)

のお墨付き。

当日も来てくださった子供たち2歳くらいから10歳くらいまで

み〜んなたべてくれました。

 

この日は親子クラスともあって親より子供ちゃんメイン。

子供たちがおもいおもいにピザ生地を伸ばし、ソースをのせて

具を盛って。お母さんが手伝いながらとても上手にやってくれました。

お天気にも恵まれて、暖かい一日。

教室にはちょっとした庭もあり、子供たちはオーガニックベース園庭=)

にてお花摘んだりしながら遊び、気がつけば大きい子は

小さい子のめんどうを見てあげて、小さな和が出来て。

こどもっていいですね。

お日様があれば外に出る。水があれば水と戯れ

草木があればそれと戯れ一つになれる。

大きい子は小さい子を助ける。小さい子は大きい子をみあげる。

縦割りのシュタイナー幼稚園でもそんなそのままの子供のよさが

活かされていたことを思い出していました。

ともあれ、作って、遊んで、食べて。楽しい一日となったかな。

私もほのぼの幸せになりました。

 

そういえばわたしも田舎に住んでいたときは出来るだけ古来種の

種で野菜を作って取れる種はとっていたっけ。

自然農法をやってみたくて、その辺にとにかく種まいて。

かわいい二十日大根をとったり。

 

とれたての大根に手作り味噌付けて食べたなぁ。

ジャガイモだってわんさかとれた。

いろんな形の野菜があって、いろんな味の野菜があった。

でこぼこしてて美しかった。それぞれがみんな元気で綺麗だった。

雑草も生えて、野菜も出来てた。虫も来て仲良く暮らしてた。

困ることもあったけど、動物もいたし、みんなが生きて

それでも私達が食べれる分はあったし、動物も虫も食べちゃう分も

あったんだろうと思うと。まぁそれでいいじゃんって思ってた。

おいしい物はみんなにとっておいしいってことが面白いと思ってた。

ブルーベリーはみんな好きだよね。甘い野菜はみんな好きだよね。

なんだ。

私達も虫も鳥も一緒じゃんって。ね。

ちいさかったけど、食べ残したジャガイモをうえれば

また芽をだして花が咲いてたくさんジャガイモになってくれた。

土さえあれば種をまいて芽が出て野菜になってくれた。

野菜をほっておけばいつしか枯れて種がとれた。

それをまた蒔いて、育てて食べて、残して、種を繋ぐ。

毎年そうやって我が家に紡がれたいくつかの野菜もあった。

難しい事じゃない。あたりまえのこと。

命が巡るのを毎年眺めて暮らしてたんだなぁって思い出す。

 

私達もそうやって生きている。

おばあちゃんがいて、おじいちゃんがいて。

お母さんお父さんがいて、私達が生まれて。

誰かとであって、縁があって命が生まれて。

子供が育っていく。子供もいつしか誰かとであって

何処かでお母さんやお父さんになるだろう。

生みたいとか、生みたくないとか、生めるとか、生めないとか

そういう事を飛び越えて、命は在るべきように繋がれて行く。

いろんな色が混ざるように。いろんな世界と出会って

色んなひととであって。

南のひとも、北の人も、東でも、西でも。

アジアでも、ヨーロッパでも、アメリカでも、アフリカでも。

命は同じ。

動物だって、植物だって、人間だって、生きてるのは同じ。

命はそうやって紡がれて、つながって、広がって行く。

 

 

 

「種市」で子供たちとクラスが出来てよかったなぁと思った。

何度かあったことある子も、初めての子も。

まだ赤ちゃんの子も、大きい子も。

ここでみんなでであって、みんなの成長を見せてもらえて。

それぞれの場所でそれぞれの命が愛されて、守られて、今日もすくすく

育ってるんだって思った。

わたしもそうやって、子供たちを愛して、守って育てて行くんだろう。

それは私の意思とも関係なく、もっと大きななにかに動かされて

私もその一部になってその役目を果たすんだろう。

生きてるってそういう事なんだろう。

 

 

 

 

とにかくお弁当

 

しつこくお弁当投稿。。

あるときはこんなの

 

ごぼうのパエリア風の炊き込みごはん

ごぼうカツとれんこんの挟み揚げと茹で空豆

セイタンと小松菜のしょうが風味焼うどん

とかね。

ごぼうのカツとパエリアは来月のオーガニックベースワンデークラスでやりますよ〜

(残念ながら既に定員一杯ですが…ごめんなさい!)

我が家の子供に大人気のレシピです!

はたまたこんな日も。

おいなりさんと自家製しょうがの甘酢漬け

豆腐とピーマンのチャンプルー

蛇腹キュウリの胡麻和え

ふきとお揚げの煮物

色々野菜の焼うどん

ってまたまたかなりがっつりお弁当です。

からず炭水化物が二種類。。食べ盛りな感じですね。

そして。。

日々の暮らしだけでなく、クラスの方でもお弁当コースやってます!

第二回目はパンを使ったお弁当

春のキャベツたっぷりのサンドイッチをメインにつくりました。

 

ザワークラウトと春キャベツとテンペのサンドイッチ

(胡麻ペーストとソイマヨネーズの2種で)

ピーナッツジェリーロール

(無糖ピーナッツバターと無糖ラズベリージャムのロール)

あらめと春野菜のマリネ

 

クラスではずら〜っと生徒さんそれぞれが作ったお弁当が並びます。

みなさん詰め方もお上手で、どれもわくわくするできばえです=)

第3回目は雑穀を使ったお弁当作り。お楽しみに!

 

最後のお弁当はこちら。

五分搗き御飯とゆかり、若布ふりかけ、たくあん

蒸しかぼちゃ

お揚げともやしと小松菜のポン酢和え

スタッフドピーマン

みかん

とにかく毎日おいしいってたくさん食べてくれる人がいるのは幸せなもんです。

手を変え品を変え、食べたい物をつくってあげれるようでありたいものです。

 

そんな風にして、今も私の弁当作りやお食事作りが続いていますが(あたりまえか。)

こんな毎日が自分の料理の腕を上げてくれるんでしょうね。

そして、こんな我が家の日々の食事をご紹介する料理本が

間もなく出来上がります!

アノニマスタジオより6月の始めに出版される事になりました。

6月です〜

また近くなったらこちらでご案内させてくださいね!

みなさん、お楽しみに!

私も楽しみなのです〜どきどき=)

 

再びお弁当

 

今日もお弁当ご紹介しま〜す。

昨日のお弁当では足りなかった!らしいので

今日はガッツリです!

中高生の男のお子さんをお持ちの方は毎日こんな感じでしょうか?

作りごたえがあり、気分爽快ですね〜

これで完食しておいしかった〜っていわれたら

作りがいもありますよね=)

今日の献立はこちら。

 

五分搗き御飯 ごぼうとセイタンの甘辛煮山椒風味とたくあん

高きびのぎょうざと茹でたスナップ豌豆

里芋のゆず味噌と蒸しカボチャ。ウサギリンゴ

春雨のサラダ

です。

量は多いけど、餃子は作って冷凍しておいた物を焼いただけだし

あとは茹でたり蒸したり和えたりだからそんなに大変な弁当じゃないんだよ。

しかも、今日は6時まで学校にいるから、おやつに穀物コーヒーとバナナのケーキ

もつけました。

さて、おなかは足りたのかしら?

早く帰って来てききたいわ。

その前に、夕飯の支度しなくちゃ!

 

それにしても。楽しいなぁお弁当作り!