Travel

Tokyo days..

日本にきて早一週間です。

東京ではユニオは人生初の雪を体験。

雪ってさ、冷たいのよね。(当たり前だけど)

一緒に外にでたユニオはあまりに寒すぎて最初は笑ってたけど

最後は泣いてました。びっくりしたみたい=)

 

そしてそんな雪の日にひさしぶりに表参道

クレヨンハウスランチバイキングに行ってきましたよ。

雪のせいか開店間際だったからかお店がすいてて

ゆっくりできました。

それにしたって、あぁなつかし〜!

よく日本にいた時に主人と御飯を食べにきてたねって

話しながらとてもなつかしく。

しかもね、ブラジルでの外食はがっつり油っぽくて

それに比べなんとヘルシーな日本食!

しかもオーガニックで食べ放題。お野菜のおいしいこと。

感動の嵐ですわ。これで1296円?だっけ?

コストパフォーマンスも嬉しい。

子連れにはかなりありがたいレストランです。

さすが我らがクレヨンハウス!

見てこの量;)がっつり=)

でもぺろっと食べてしまった。特にレンコンの天ぷら!

ずっと夢見てたレンコン!おいしかったぁ〜

ユニオも人生初のレンコンを堪能していました。

でも一番のお気に入りはどうやら

切り干し大根の漬け物だったようで,かなり渋い好み

のようです。

ともあれお腹いっぱい心もいっぱい。

 

そしてまたある日は生まれて初めて

築地に行ってきました。

お魚市場で外国人観光客も多いときく築地。

生粋の日本人のくせになんだか私も観光客気分で

魚市場を散策。

ドイツ人の主人に至っては見た事も無い魚介類に

質問の嵐。

その日は家族で手巻き寿司をする為のネタを買いに

行ったのですが赤貝を買った私に

「これは何?」と主人。

「貝だよ。赤貝っていうの。」と私。

「赤貝ってどんな貝なの? 」と目の前にあるのに

気がつかずに質問する始末=)

本当に知らないんですね〜

一番面白かったのは、「あんきも」を見ての一言。

「これは何?生き物?」

いやぁ、生き物だけどね、内臓ですよ。

確かに魚市場にはなんか変な形の物が水に浸かってるもんね。

ナマコなんて「これ、食べれるの?」だって。

日本人の私もナマコはさすがにそう思うもの。

こうしてみると、日本人って本当にお魚を沢山たべるん

ですね。そして沢山の種類の海産物、海藻から魚介から

いろんな海の幸をおいしく頂く知恵を持っているのですね。

といろいろ感慨深かったです。

そしてお楽しみのお寿司。その日は夕飯も手巻き寿司だったのに

お昼御飯も築地でお寿司。

にぎり寿司なんてもう何年ぶりかしら。ブラジルにも

「Sushi」はありますが、やっぱりね繊細さが全然ちがうの。

日本人ってつくづく繊細な人種だなぁと思います。

ともあれほどよいにぎり寿司に感動。

日本食は美しくおいしいですね。

そんなこんなで毎日、日本の美味しい美しいを

堪能する日々でございます。

日本!!!

とうとう日本に到着しました!日本ですよ!

ブラジルの空港を早朝に出発し、というか実際は

空港まで我が家から割と遠いのでフライトの前夜に家を

出発。空港で朝まで待ってのフライトって訳でしょっぱな

からかなりタフなスケジュールでの旅路。

それでも「日本にいくんだ!」という夢が実現しつつ

ある興奮で子供たちはやる気満々。

それとも飛行機の中のコーラに映画が待ちきれなかったのか?

まぁどちらでもいいですけど…

とにかくいよいよ長旅の始まりです!

早朝の空港は空いてる!

一度の乗り換えで二回のフライト。

どちらも12時間ほどのフライトってこともあって

さすがに地球を半周するって大変だなぁと実感。

そして同時にブラジルと日本はそんなにも

遠かったんだって再確認。

時々ぐずったり時々寝たりしたながらも

赤ちゃんもよく頑張りました。

お陰でわたしは飛行機の中で3本も映画みたよ=)

そして窓からはこんなゴージャスな景色まで。

サハラ砂漠上空にて。

どこまでもどこまでも続くこの景色。

これが地球なんだ。私達の住んでる町とは全然ちがう景色。

当たり前だけどそういう場所がほんとうにあるんだって

そう感じるだけで世界は計り知れないって改めて想う。

地球って本当にすごいね。

こういうことをふと感じさせてくれるのも旅のいいところだね。

ともあれ、日本のロングフライトを無事に終え

成田空港についた私達。

「おかえりなさい WELCOME」の文字が

目にしみる。

帰ってきたんだぁ。一年半の時間があっという間にふっとぶ。

故郷、母国、日本。

ブラジルの風はどこへやら。

唯一日焼けして真っ黒な子供と

ビーサンはいて日本におりたった主人の姿だけがブラジルの

残香を漂わせていていた。

 

日本に着いて間もなくはブラジルとのギャップが

所々で目につく。

走り去るアテンダントのお姉さんが目の前を通り過ぎると

「あの人仕事で急いでるんだ!」とそれだけで感動。

ブラジルでは仕事で急いで走っている人なんか見た事無いよ!

さすが勤勉。日本人。

そして暫くいくと今度はカートを回収するおじさんが熱い視線を

私達に向けて「おかえりなさい。こちらでカートお預かりします」と

にこやかに近づいて来るではないか!

まずブラジルでは自分から近づいてきてなんてくれない。

呼んだってきてくれないこともある。

なのにわざわざここまできて、しかもカートを集めて

「ありがとうございました〜」って「え〜〜〜〜!!」

「ありがとうはこっちの台詞ですよ〜おじさん!」

カート集めてありがとうってあんた、いいのかい?!

さすが世界一のジャパニーズサービス。すばらしい。

既に成田空港で数々のサプライズジャパニーズに出会い

日本はすごいと連呼してしまう。

半分ブラジルに慣れすぎたのか日本のこのサービス精神

丁寧な接客にはいまだに感動している。

 

感動はこれだけではない。

車にのれば「?!!」

道ががたがたしてない!なんとスムーズな。と感動。

そうりゃそうさ。ここは東京。赤土の道なんかありゃしない。

そしてスーパーにいけば、肉も魚もぴ〜っちりめっちゃきれいに

これは本当に生ものですか?というほど美しく整列している。

野菜売り場には夢にまで見た麗しのれんこんに長芋。

山ほどのすばらしい豆腐に,漬け物、納豆。

青森りんごに和歌山みかんはこの時期マストアイテムですよね!

って欲しい物だらけで困ります。

あれも作ろう。これも食べたい。そんなことばかりで

今日もおでんを作っている訳です。

それにしたって当たり前だけどさ、おでん作るにしたって材料は

簡単にたっぷり揃うし、選択肢も多いし

なんてらくちんなんでしょう。

ブラジルでは山を越え谷を越え、三日がかりでつくります。って

くらい苦労していつも御飯作ってんだなぁって

そんなことも実感。

ともあれ暫くは日本料理を作ったり食べたりに夢中に

なりそうです。っていうかなってます。はい。

 

時差ぼけを感じる暇もなくいろいろとやる事はありますが

ひさしぶりに会う日本の家族、そしてこれから会える友達

仕事、楽しみな事が盛りだくさん。

ここ数日冷え込みの激しい日本の洗礼を受け

真冬の日本を痛いほど味わっているのもただただ

嬉しくありがたく。

「ちきしょ〜寒いぜ〜!」と悪態付きながら

顔一杯に笑顔を貼付けて。今や全ての事が愛おしく

ありがたい。

そう思うと同時に、日本の真裏のブラジルの,日本と真逆の

困った事も「めんどくさいんだよ!」ってことだって

今や満面の笑顔で迎えたい。

世界をみることでなんだか自分がもっといろんなことを

受け入れるようになったんだなって感じる今日この頃。

悪いとこを見ればいつだって気に入らないままでいれる。

良い所をみればいつだって幸せでいられる。

自分次第なんだねっておもったり。

ともあれ、寒空に目にしみるような青さの東京の空の下

明日は雪になるとかならないとか。

めいいっぱい真冬を,日本を楽しみたいと思っています。

 

 

 

 

ドイツの暮らし

今回私はドイツの家庭にお邪魔させてもらったこともあって

ドイツでは旅行者というよりはローカルな暮らしぶりを

知る事が出来たのはとても大きな収穫だった。

外はもう冬の寒さ、でも家の中はとてもあたたかい。

石造りの家だから蓄熱するそうで、その話を聞いたとき以前家を建てた

日本の伝統的な土壁と同じだなぁっておもった。

ドイツでは家は建ててはつぶして、というやり方はしない。昔の建物を

修理して今でも住んでるから今でも町並みが美しい。私が訪れたBonnもそうだった。

家の中では手仕事もはかどる。

編み図もなく、どんどん編んでいるのはこの冬に使うニットの帽子。

もうこの冬4つ目を編んでいた。

一晩のうちに仕上がって、私の分も作ってもらった。

私の大好きな青いいろ。私に似合いそうだからって。本当に嬉しい贈り物だった。

自分の手から生まれるもの。食べ物でも、物でも、心を込めて、誰かを思ってつくるって

素敵だよね。そいういう特別な喜びがここの暮らしには沢山あるみたい。

異国に行くと、とにかくその土地の食べ物を食べて、みんなのするようにするのが楽しい。

だからいつもと違う物も食べるし、とにかくやってみるのが私の外国での過ごし方。

丁度秋休みの最中のドイツだったから、週末に仕事の合間をぬって

北の方にある島を訪れた。

船は休暇の旅行にでる家族で一杯。日本人は私だけだった。

港に近づくと一面畑と、牛と、馬と、羊の風景。そして、風力発電の風車が

えんえんと続いてる。

さすがエコ大国ドイツ。もうみたことないくらいうず〜っとたくさん風力発電。

ドイツでは自分で選んで自然エネルギーの電気を買う事が出来る。どこの会社の何で作られた

電気かを自分で選べる。だからみんなよく考えてる。見習いたいよね、日本も。

島へは船で1時間半ほど。船にいる間はずっとカードゲームをする。

Doppelkopf(ドッペルコップフ)という

ゲームがとても有名で、4人でやるんだけど、大人がみんなすごく真剣にカードで遊ぶ。

ゲームで負けるとちょっとした論議も起こる。それでいて勝っても何かを賭けたりしてる

わけじゃない。ただ純粋にゲームを楽しんでゲームに真剣になってる。

日本じゃ賭け事なしで大人って真剣にならないよなぁなんておもって、

ドイツ人の遊びもおもしろいと思った。

島に着くと待ってるのは馬。ここは車がない。

そんなに大きくない島だから馬だけ。後は自転車で島を行き来する。働きものの馬は

郵便からゴミの収集までなんでもしてる。

この島の名前は「Juist」島の半分には延々とビーチが続く。

もう冬で寒いし、小雨が降ったり晴れたり、島だから天気が

変わりやすいのだけど、沢山の子供を連れた家族がここでも遊んでる。

みんなしっかり防寒し、食事が済むと雨でも晴れても外に出る。

それで国立の自然公園になってる島を歩きまわったり、ビーチまで散歩したり、

風があるからこどもはカイト(たこあげ)をしてる。

あとは自転車。車が無いから子供たちがどんどんのってる。

おとなも何キロも走る。とにかく、そとでなにかしてる。

そう。やっぱり遊んでるんだよねここでも。

遊ぶって、ほんと、純粋にたのしいだけ。きもちいいだけ。なにもいらない。

綺麗な自然の中を歩いて、自転車で走って、空気を吸って、あたりを見て、感じて。

あぁ、今日もいい日だねって。

もちろんアザラシをみたり観光もあるけど、そういう特別なこと意外も遊びになる。

大人も真剣に卓球もする。カードもする。自転車ものる。それで子供もそうしてる。

なんかその真剣さが私は好きだった。

雨のなか私の自転車で島のはてのカフェまで走った。何キロだったか。

気がつくと雨はやんで、着ているダウンが暑いくらい。

お日様がでて、あたりはにわかに明るくなって、ふと見ると虹がでていた。

今ここに来れた幸せに感謝しよう。

つかの間の島での時間だったけど、沢山の素敵な物をみせてもらった。

自然からも、人からも。

こうしていろんな国の違いや、暮らしを感じると思う。

私も本当に自分らしい暮らしをみつけようと。国籍も、人種もこえて

本当に人間らしい暮らしを生き方をしようと。

その智恵がそれぞれの国の中にいつも息づいているから。

そしてそれを外からのぞく事で、いつも私は内側にある自分の道を

辿っているように感じてる。

 

ママのお土産

まだまだドイツです。

実は今回、今までの人生のなかで一番長く子供たちと離れて一人でいます。

2週間。

私もお仕事もあるけれど、子供たちも日本で頑張ってくれています。

子供たちはお土産をとてもたのしみにしていて、なんと言っても

今回は子供たちが憧れてるスナックを多いに期待されています。

私もそんなみんなの期待に応えるべく、ドイツのオーガニックのスナックを探して

いつもうちの子が日本のスーパーで買ってもらえずに憧れている

グミやガムやチョコレートなどなど、オーガニックで安心してあげられる

特別!のおやつを沢山買い込んでいます=)

スーパーでは

「この日本人、大人のくせにお菓子一杯買って。。。」という視線にも

負けず、しまいには、「あ、またこの人ね。」みたいな感じで;)

とにもかくにも。スーツケースはどんどん子供のおやつとお土産で埋まっていってます。

まるでサンタクロースみたいなかんじです。

そんななか。先日電話でのこと。みんなと近況を話していたら

碧君が

「ねぇ、ママ、昨日おとなりさんから大きな梨もらったんだよ。」

とのこと。

「じゃ、おとなりさんにもお土産かってこなきゃね。」とわたしがいうと

「うん。じゃ、なにがいいかな。うんとね…」

「あ!ラムネがいいよ!」と碧君!!

「う〜ん…ラムネねぇ…碧君はいいだろうけど、大人はそんなに欲しくないと思うけど…」って

おもいながら

「碧君、ラムネはうちの子供たちに買うから、他の物にしよっか。」というと。

「あ、じゃ、葡萄がいいね?」と碧君…

「う〜ん…それも碧君の好きな物じゃ…」

「あ、じゃ、クッキーは?」と碧君。

OK…

碧君はクッキーとラムネと葡萄がほしいらしいね…

葡萄は買ってかえれないけど、クッキーとラムネは買ってあげよう。

そんな訳で、子供たち、お菓子が大変楽しみなのです。

「30日には、遠足もあるから、ママいいおやつ用意してね。ね。」

OK….

きっと期待に応えられるとおもうよ!

今まで手作りのおやつ、素朴なおやつが多かったうちのこどもたちも

大きくなって、みんなと同じおやつが食べたいんだよね。

それなら、質のいいちゃんとした物をあげたいから

日本にもそういうおやつが手軽に手に入るといいのにね。

とにもかくにも、

日本でのお留守番頑張ってくれてるから、ママ特別おやつ買ってかえるよ!

みんなの喜ぶ顔が今から楽しみだ。

 

 

 

Bonn

Bonnにきています。

Bonnと言えば、ベートーベンで有名だそうで町中で銅像をみかけました。

古いお城も街にあって、石畳の道、古い建物も大事にしてアパートに成ってる。

お城は今は大学に使われているらしい。

こんなところで勉強できたらいいよね。

お城の前にある庭ではいろんな植物が育てられてて竹や蓮もあった。

 

そんな綺麗な町並みを観つつ、Bonnのオーガニックショップも

まわってる。

Bonnの駅前にあるベジタリアンレストラン(Cassius Garten)は内装がなんだか

子供たちの通ってたシュタイナーの学校の雰囲気がした。

結構若者より、おじいちゃんやおばあちゃんが多かったかな。

ベジのメニューなのにたくさん種類があってとっても楽しかった。お皿に好きな物のせて

重さで値段が決まる。私はこんなに一杯選んで1000円くらいだった。

いっぱい食べて、また街を歩く。

ずっと歩いたり自転車でどこまでも行く。

電車は高いからあまりのらないみたい。

市場ではもうシュトレンもでてた。

 

私のシュトレンもおいしく出来るといいなぁ。。

 

 

Deutschland!

お仕事とプライベートでドイツに来ています。

初めてのドイツ。子供たちがシュタイナー学校に行ってたこともあり

よく名前は聞いてたのに、実は行くのは初めて。

今回はwebsiteでのアドベント企画にむけて

沢山オーガニックのお店等を巡る予定です。

そして、ドイツの家庭の味、いろんなおいしい物も体験しようと

思ってます。

そんな到着当日は今回宿泊しているドイツのご家族に作っていただいた

ベジラザーニャ。私用にベジ仕様にしてくれました!

 

いきなりすっごいおしいかった!しかも、Bio シャンパンまであったりして。

そして、食後はドイツではよくケーキを食べるらしく

アップルケーキを作ってくれました。

これはそれぞれの家庭でいろんな作り方があり、使うリンゴの種類も

それぞれ好みで変えるそう。

ケーキというか、パイとタルトの中間のような感じ。

これもとってもおいしかった。

 

食事もさることながら、アンティークプリントの

黄色い麻のテーブルクロスや

よく使い込まれた様子の花柄の食器のテーブルコーディネートも

家庭の自然な雰囲気で素敵でした。

朝食にはやっぱりミューズリー。

 

ベリーの入っソイヨーグルトにフルーツジュースでソークしたミューズリーと

リンゴにクランチーなグラノラをトッピング。

これ、うちにかえったらやろう!私もミューズリーよく食べるけど

ソイヨーグルトは日本じゃあまりかえないから

自分で作って、フルーツでフレーバー付けたらいいよね。

そんな訳でとてもインスパイアされる物がいっぱいのドイツ。

オーガニックショップでの様子や、レストランの様子も

またご報告しますね。