Works

お母さんとクーヨン

私が人生で壁にぶつかったり,悩んだりしていると

母はよく

「いいのよ、とにかく今は先の事を考えないで目の前に

あることだけ一生懸命やったらいいの。」と言ってくれました。

母は普段私達に何か教えようとしたり、格言めいたことを

言ったりするタイプではありません。昼のワイドショーをみて

連続ドラマを見て、スーパーに買い物に行ってお夕飯を作って

子供や夫の帰りを待っているような普通のお母さんです。

だけど今思うと,人生にぶつかり不安になり悩んだ時に

いつも母は「大丈夫、なるようになるから。」と言っていたのを

思い出します。

母から「どうしよう。困った。」とネガティブな発言を聞いた試しはなく

何かのせいにして「あのせいでこうなった!」なんていうことも

そういえば聞いたことがないのでした。

それでもやっぱり家族で暮らしていれば色々大変な時期というのは

あって、今ではそれも家族みんなの笑い話ですがその当時は

母も終わらないトンネルのように苦しい思いをしたのだと思います。

それでも人生は形を変え、波を乗り越え、いつか

何処かにたどり着き、また出発していく。

 

それで私も今では口癖が「なるようになる。」=)

そういってブラジルまでやってきました。

しんどい時に、それでもなるようになるんだ。どうにもならない

ことなんてないんだって心から思えるのは

実は母のお陰なのでしょう。

私の母はスーパー普通のおばちゃんで、シュタイナー教育も

マクロビオティックもましてやヨガなんてやりません=)

それでも人生の大事なことはしっかり教えてくれていたんですね。

 

色んな良い考えや教育や哲学があります。

お母さんになると我が子を思う故、そして自分の人生の為にも

よりよくありたいと思い熱心にその哲学に、教育に

耳を傾けることもあるでしょう。

それもすごく大切なことだと思います。

知らないことは罪だとかそんな言葉もありますし、

それでもなお自分らしく,自分の声を聞き、子供の声を聞き

おもしろ楽しくお母さんライフを送っていきたいなぁと

改めて思いました。

普通のおばちゃんでもいい。

シュタイナーもマクロもやってなくてもいい。

幸せに生きていくっていうのが人生の大目的です。

幸せには形も制限もなく、ある意味では幸せには

色んな形があり色んな大きさがあっていいのだと思います。

最近はそんな風にお母さんライフを送っていきたいと

思っている私です。

 

さてそんな私達家族、5月号のクーヨンの表紙をさせていただきました。

よかったらお手に取ってみてください。

子育て第二ラウンドに突入したわたしもいまだに

クーヨンは大事な育児参考書です!=)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今週もアップされました幻冬舎plus「日登美のブラジル食便り」

今回はマンゴーチャツネのお話です。

こちらもどうぞご覧ください!

 

 

 

 

 

海を渡って

とうとう私の手元にやってきました〜

遠く地球を半周して

海を越え〜山を越え〜

税関を通り過ぎ〜=)

やってきました、私の本!

『ブラジルの我が家 Família no Brasil!』

生まれたての赤ちゃんに対面するように

「ようこそ!」なんつってご挨拶したりして。

本を一つ作るのって毎回思うけど産むのと同じなんだなぁって。

みなさんにすこし遅れをとってですが

私の手元にやってきてくれた本。

ただの本だけど、本も出会いの一つだね。

全てのことにありがとう〜!

ブラジルよりお手に取っていただいた方が

楽しんでいただけていることを願っています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

さて、今週もアップされました。幻冬舎plusの

「日登美のブラジル食便り」

今回は冷やし中華です!

 

 

青パパイアと大根

おはようございます!ブラジルは朝です。

さて、今日もアップされました

幻冬舎plus  「日登美のブラジル食便り」

今回は青パパイアのサラダをざっくりとしたレシピで

ご紹介しています。

 

ちなみにこちら、庭でとれたフルーツ達=)

 

肉食の多いブラジルではフルーツをたくさん食べますが

特にパパイアは人気のようです。しかもパパイアって実ると

どんどん出来る!しかも別にほっといても大丈夫なので

色んなお宅の庭でよく見かけます。

っていうか,食べた種をその辺にほっといたら勝手に芽が出て

いつの間にか大きくなってるってくらいよく育つという

印象をうけます。

 

ともあれ、そんなパパイアを使ったサラダ。

日本では大根でつくったらどうかなぁと思い提案しています。

やっぱりこれも身土不二。日本は魚を多くとる環境だから

大根で魚の毒消しになります。

ブラジル、肉食、パパイア。

日本、魚食、大根。

面白い方程式のようにみえますね。

 

こんな風に見てみると、その土地で食べる物は

その土地に必要な物、適したものが自然と育つのだなぁと

当たり前のような自然の偉大さに感心してしまいます。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

日登美『ブラジルの我が家 Família no Brasil!』

 絶賛発売中です〜=)

 

 

ツナとマンゴー

こんにちは!

さて今週もアップされました。幻冬舎plusさんの

連載「日登美のブラジル食便り」

今回はブラジルで大人気だった「ツナとマンゴーののり巻き」

ですよ。

レシピには我が家の自家製マヨネーズレシピをのせています。

ベジ仕様ではないのですが、っていうかツナがはいってる

時点でベジではないのですが=)

何でも自分で作るとおいしいです!

 

ベジ仕様で作ってみたい方は、豆腐マヨネーズにして

ツナもベジツナが三育フーズさんからでてるので

そちらをつかっても。もしくは切り干し大根を

醤油と豆腐マヨネーズであえてみてはいかがでしょうか?

では今回も幻冬舎plusお楽しみください!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

みなさんもうお手元に届いているでしょうか?

『ブラジルの我が家 Família no Brasil!』幻冬舎より

好評発売中です!よ=)

レビューやご感想もお待ちしています!=)

 

 

幻冬舎plus

さて、とうとう幻冬舎さんから発売されました。

『ブラジルの我が家 Família no Brasil!』

お手に取って下さったかたもいらっしゃるでしょうか?

どきどきですけど〜

楽しんでいただけていると嬉しいです。

 

さて、そんな訳で刊行記念で掲載しています

日登美のブラジル食便り第二回がアップされました。

よかったらこちらもご覧あれ!

幻冬舎plus

良い週末を!

 

メディア出演情報〜

最近はこんな宣伝ばかりですが

今までメディアにでていてもブログで

ご紹介することが少なかったのでこれからは時には

こんな内容も挟んでいこうと思っています。

よろしくおねがいします。

 

そんなわけで今週もラジオに出演しています。

○FM yokohama 「ココロヒーリング」

3/8日、15日(日)深夜24:00~24:30

ナビゲーター:岡本マサヨシさん・二瓶永莉さん
http://www.fmyokohama.co.jp/pc/program/CocoroHealing

 

 

3/11(水)・18(水)  FM yokohama 「THE BREEZE」内

11:00~「きれいナビ」に出演予定

http://www.fmyokohama.co.jp/pc/program/TheBreeze

 

 

3/14(土)TOKYO FM 「GREEN EARTH RADIO」18:30~18:55

http://www.fmyokohama.co.jp/pc/program/TheBreeze

 

そして雑誌にも。

「大人のおしゃれ手帖」4月号(宝島社)

「大人の図書室」インタビュー掲載中です。

 

「Veggy」39号(キラジェンヌ)3/10発売

ブラジルのナチュラルライフ&子育てについてインタビュー掲載中。

 

よかったら見てみてね。

 

 

 

 

 

 

 

明日発売です!

いよいよ明日エッセイ本が発売になります。

というのも実は急遽発売日が12日から11日に

なったのです〜

というわけで一日早く皆さんのお手元にお届けすることに

なりました。

この本を通して遠くブラジルから日本のみなさんと

繋がれることとても嬉しく思っています!

 

ちなみに、これからしばらく出版先である幻冬舎plusで

エッセイ本に出て来るお料理やブラジル料理のレシピと

エッセイを連載させていただくことになりました。

是非こちらにも遊びにきて下さいね。

よろしくおねがいします!

Radio on air!!

もう3月!早いですね〜

先月日本にいたとは思えないほど

すっかりブラジル時間ですごしております。

 

今週末は日本でラジオに出演しています。

 

1本目は料理家で映画監督の野村友里さんナビゲートの番組

J-WAVE 「WONDER VISION」

コーナー「SARAYA ENJOY! NATURAL STYLE」

3/8(日)あさ7:40~8:05 ナビゲーター野村友里さん

http://www.j-wave.co.jp/original/wondervision/style/

 

有名な料理家の野村さんと初めての対談で

ちょっと緊張しましたが とても気さくな方で

楽しい時間でした。

野村さん曰く、今料理界でも南米が熱い!といわれている

そうで。私もブラジル以外の南米の国にも旅に出たく

なっちゃった=)

 

ともあれ、休日ではありますがちょっと早く起きて是非!

ブラジルでもオンエア聞けるのだろうか?=)

 

そして深夜に横浜FMでも。

 

FM yokohama 「ココロヒーリング」

3/8日、15日(日)深夜24:00~24:30

ナビゲーター:岡本マサヨシさん・二瓶永莉さん
http://www.fmyokohama.co.jp/pc/program/CocoroHealing

 

こちらちょっとスピリチュアル系の番組ですが

なかなか面白いお話をさせていただきました。

ナビゲーターの岡本さんはヒーラーでもある方で

お話によると私のブラジル行きも前世と関係があるとか?

そういう見方で世界を見るのもおもしろいものですね〜

こちらも出版される本の話もさせていただいていますので

よかったら是非聞いてみて下さい〜

 

ではでは良い週末を!!!

 

 

 

 

日本滞在記その2 懐かしい場所

家族との時間はあっという間に過ぎてゆき、

その後は駆け足で懐かしい場所へ。

まずは子供たちの母校シュタイナー学校のある町へ。

折しも大雪警報の日だったのですがなんとかたどり着きました。

美しい雪に映える母校の写真はないのですが

数年ぶりに会えたお母さん仲間達が暖かく迎えて

くださいました。

学校を去ってからもうずいぶんと経つのに不思議と

この絆はいつまでも一緒。

大きくなって見違える姿となった子供たちに驚きつつも

嬉しい再会を果たしたのでした。

お土産に友人の始めたパン屋さんのパンまでいただいて。

おなかも心も満たされた一日に。

そしてとうとうやってきました。

オーガニックベース「間間」でのクッキングクラス。

私にとっては心のふるさと。

こんな素敵な場所になってました。

新しくなったのに「帰ってきたぁ!」という気持ちがする上に

いつもご一緒するアシスタントさんのお陰で一年半のブランクを

感じさせてないほどスムーズな進行。

そして初めましての生徒さんとともに

懐かしの生徒さん達にも大勢お会い出来ました。

それぞれの時間を歩んでた離れた時間も

ここに来てみんなの顔をみたら

すっとんじゃうみたいな気がしたな。

ちなみにみんなで作ったブラジルの定番料理。

でも日本で盛りつけるとなんだか日本風に見えるのは

箸のせい?=)

ともあれ、

来て下さった皆様どうもありがとう!

またクッキングクラス二本目ではシュタイナー学校の

先輩ママでもあり、米粉マイスターの陣田靖子さんこと

ヤスミン先生もいらしてくださり、久々の再会。

今度来日するときはコラボしよう!と盛り上がりました〜

そしてそんな流れもあってか、このクラス、ブラジル料理はさておいて=)

シュタイナー教育で育った方が生徒さんでいらっしゃったりもして

子供側の経験談を伺ったり、菜食子育てとシュタイナー教育

などについての意見交換などで盛大に盛り上がりました。

こうしてクラスに来て下さる方同志とのつながりや

料理だけでなくここで交わされる情報交換なども毎回

このクラスの楽しみにお一つでもあるのです。

子育て第二サイクル真っ最中のわたしもとても参考になりましたよ。

 

それからは雑誌の取材に撮影に,ラジオの収録にと

短い時間に都内を駆け巡り忙しくしておりました。

ラジオの放送日や雑誌の発売日はまた後日ブログにて

ご報告するとして、

なんとラッキーにも前々からお会いしたかった

種まき人で布作家の早川ユミさんもちょうど東京に

いらしたのでお会いすることができました。

こちらも次は何かご一緒しましょう!と意気投合。

そんなこんなで既に次の帰国が楽しみです!

気がつけば3週間ほどの滞在はあっという間に過ぎて

最後の一日に。

その日は長女の通っていた自主運営幼稚園のお母さん

仲間と久しぶりに、あの頃いつも通っていた公園で

集うことになりました。

晴れているとはいえまだ寒い2月の何も無い公園に

たどり着いたときにもすぐにわかりました。

あの寒空のしたでもうすっかり受験生の年齢になった

大きな子供たちが敷物をしいた大きな樹の下で

集まっている。「あれは絶対仲間だわ! 」

ちびっこかった子供の姿は見る影も無く

みんなすっかりお姉さんお兄さんになっていても

あの頃とおなじようにおなじ場所で集う私達。

嘘みたいに変わらない景色のなかで、子供たちだけは

すくすくと育ちすっかり大人の面影までみせているなんて。

あの頃想像もできなかったなぁ。

私の自然な育児、自然な食事、自然な暮らしがはじまった

この場所で、あの仲間達と、全ての始まりの場所で

再会出来たことはなによりも嬉しかった。

 

 

きっと今、ちいさいお子さんを抱えて育児に奮闘している

方も沢山いらっしゃるでしょう。お母さんとして

思うように行かないことも沢山あるでしょう。

でもね。

わたしは今、幼児期の大変さが愛おしいほどありがたく

思い出されてなりません。

あれだけ真剣に子供に向き合い、自分に向き合い、ときどき

めげて、時々頑張りすぎて、バランスを探して

バランスを失って、気がつくと平穏な日々を送っていたり。

そしてまたある時嵐のような時期が訪れたり

そんな毎日を精一杯子供たちと過ごしたあの時間が

今では私の人生の誇りとなり、子供たちとの強い絆となっているから。

だからこそ今奮闘しているお母さんがたにもたっぷり

幼児期の子供との時間を,葛藤を楽しんで味わって

もらえたらいいなぁと思うのです。

そしてそんな時間がまた私にもユニオと共に戻ってきたのだなぁと

思っています。

そしてあの時を一緒に過ごした戦友のようなお母さん達

だからこそ、どれだけ時が経ってもこうして

あのころと同じように、お互いの子供たちを囲んでお互いを

囲んで輪になっていられるのだと言うことに

私は心から感謝しています。

 

時間を重ねて,色んな道のりをへても

懐かしい場所が今もここにある。

私の中の沢山のふるさとに出会えた日本滞在でありました。

 

 

 

3月12日発売です!

日本滞在の日記はしばし後回しにして

今日はいよいよ出版されるエッセイ本について書きたいと

思います!

 

思えば今からさかのぼること数年前の冬。

青山にある、とあるカフェで幻冬舎の編集者である菊池さんと

お会いしたのがこの本の始まりだったのです。

当時シングルマザーであった私はまだ田舎に住んでいて

山からほいさ、と降りてきて入った素敵なオープンカフェの

暖かな雰囲気がとても新鮮に感じられたのを印象深く

思い出します。そして今思うとこの出会いへのささやかな

緊張感とあのカフェの雰囲気がなんだかしっくり

一対になっていたなぁと思い出されてなりません。

まさかあの時はその後、私達がブラジルと日本を隔てて

一つの本を作り上げる事になるなんて露程も知らなかったの

ですけども人のご縁ってのは不思議なものでそれでも

いつしか時が経ち、様々な変化を経てこの本でご一緒

させていただく事になったのです。この時の隔たりこそが

いつも私には人との本当の出会いとご縁を感じさせてくれます。

「あぁ、あの時の出会いはこんな形で実を結んだのだ。」と。

 

 

いざ本が出来上がりを迎える今となっては、こうして

日本の裏側にいながら日本にいるみなさんとのご縁を

繋いでくれるこの本を作るきっかけを頂いた彼女との

出会い、そしてこうして沢山の人の手で出来上がった本を

この世に送り出せるという事はありがたいの一言につきるのです。

そんな出会いとご縁の不思議に始まるエッセイ集

「ブラジルの我が家 família no brasil」は

沢山の出会いとご縁によって生まれました。

 

まぁそんなことをいうと固く感じるのですが

内容は異国ブラジルでのハプニングだらけの1年半を

笑いあり涙ありで綴った入魂の一冊となっております。

そしてこちら本邦初公開!

自慢のカバーイラスト!じゃじゃ〜ん!

 

 

 

どうですの?これ!

素敵でしょう?元気が出るでしょう?

ブラジルの陽気な風を感じるでしょう?(笑)

こちら下田昌克さんのイラストで

ますますラテンな雰囲気のエッセイ集となっておりますよ。

 

この本を読んで困った事も嫌な事も吹き飛ばして

ラテンのノリで毎日を楽しく笑い飛ばして暮らして

行っていただけたらとても嬉しく思います。

ちなみに本の情報は下記にて!

この本を通しての皆さんとの出会いとご縁を

楽しみにしております!

 

「ブラジルの我が家 Família no Brasil!」

日登美 著 幻冬舎刊
2015年3月12日発売 予価1400円+税
本書は臨月のおなかを抱えてブラジルへ渡ってからの一年の
出来事を日登美さんがエッセイと日記で綴ったものです。
異国での出産、マクロビと日本食とブラジルの料理を融合させた
日々の食卓の工夫、思春期の長女の葛藤と家族の絆、ブラジルと
いう国のおおらかさといいかげんさ。
チャーミングで暖かいブラジルの友人たち、サッカーワールド
カップでの熱狂ぶり…。
何もかもが初めての体験である日々を、時に明るく、
時に深く悩みながらも、おおらかに
たくましく過ごしていく家族の様子には、
楽しくの胸を打たれます。
〜リリース文章より抜粋〜