Tokyo days..

日本にきて早一週間です。

東京ではユニオは人生初の雪を体験。

雪ってさ、冷たいのよね。(当たり前だけど)

一緒に外にでたユニオはあまりに寒すぎて最初は笑ってたけど

最後は泣いてました。びっくりしたみたい=)

 

そしてそんな雪の日にひさしぶりに表参道

クレヨンハウスランチバイキングに行ってきましたよ。

雪のせいか開店間際だったからかお店がすいてて

ゆっくりできました。

それにしたって、あぁなつかし〜!

よく日本にいた時に主人と御飯を食べにきてたねって

話しながらとてもなつかしく。

しかもね、ブラジルでの外食はがっつり油っぽくて

それに比べなんとヘルシーな日本食!

しかもオーガニックで食べ放題。お野菜のおいしいこと。

感動の嵐ですわ。これで1296円?だっけ?

コストパフォーマンスも嬉しい。

子連れにはかなりありがたいレストランです。

さすが我らがクレヨンハウス!

見てこの量;)がっつり=)

でもぺろっと食べてしまった。特にレンコンの天ぷら!

ずっと夢見てたレンコン!おいしかったぁ〜

ユニオも人生初のレンコンを堪能していました。

でも一番のお気に入りはどうやら

切り干し大根の漬け物だったようで,かなり渋い好み

のようです。

ともあれお腹いっぱい心もいっぱい。

 

そしてまたある日は生まれて初めて

築地に行ってきました。

お魚市場で外国人観光客も多いときく築地。

生粋の日本人のくせになんだか私も観光客気分で

魚市場を散策。

ドイツ人の主人に至っては見た事も無い魚介類に

質問の嵐。

その日は家族で手巻き寿司をする為のネタを買いに

行ったのですが赤貝を買った私に

「これは何?」と主人。

「貝だよ。赤貝っていうの。」と私。

「赤貝ってどんな貝なの? 」と目の前にあるのに

気がつかずに質問する始末=)

本当に知らないんですね〜

一番面白かったのは、「あんきも」を見ての一言。

「これは何?生き物?」

いやぁ、生き物だけどね、内臓ですよ。

確かに魚市場にはなんか変な形の物が水に浸かってるもんね。

ナマコなんて「これ、食べれるの?」だって。

日本人の私もナマコはさすがにそう思うもの。

こうしてみると、日本人って本当にお魚を沢山たべるん

ですね。そして沢山の種類の海産物、海藻から魚介から

いろんな海の幸をおいしく頂く知恵を持っているのですね。

といろいろ感慨深かったです。

そしてお楽しみのお寿司。その日は夕飯も手巻き寿司だったのに

お昼御飯も築地でお寿司。

にぎり寿司なんてもう何年ぶりかしら。ブラジルにも

「Sushi」はありますが、やっぱりね繊細さが全然ちがうの。

日本人ってつくづく繊細な人種だなぁと思います。

ともあれほどよいにぎり寿司に感動。

日本食は美しくおいしいですね。

そんなこんなで毎日、日本の美味しい美しいを

堪能する日々でございます。

1 コメント

  1. 木村

    日登美さん、こんばんは。今日のブラジル風コロッケのクラスでお隣に座っておりました。
    今日はとても楽しく、また色々なお話から特に物事の捉え方や向き合い方がとても素敵だなと思いました。
    残りの日本滞在も楽しんでください。
    ありがとうございました。